佳矢乃のキノミキノママ日記

表向きは「トラブル」に見えても

2018年3月5日


前回書いたアロマサロン・クラーベさんに行った日の、

その前後のこと・・・

よくまあ、
こんなにも次から次へと起こってくれるもんだってことを、
聞いていただけますか。(え)

かなり長いです、お時間のある時にでも。ふはは。

-----------------------------

まず、クラーベさんに出向く直前の朝のこと。

いつものように長女を車で、
高校まで送り届けて、
次、着替えるために自宅に一旦帰る途中でした。

車を走らせていたら、
パシッ!!とかなりの衝撃を受けまして・・。

「うわ、なんか当たった・・。」
と、見ると、
フロントガラス運転席側の隅っこに、
小さな丸いヒビが入っているではありませんか。

小石か何かが飛んできて当たったみたい。
これは、かなりショックでした・・。

わたしの愛車、
軽の中古で10年前の離婚と同時に、
当時それほど金銭的に余裕なかったけど、頑張って購入。
もともと気に入ってる車種なので、
これからもしばらくは乗り続けるつもりでいました。

だから、
突然起こったトラブル、
フロントガラスに入ってしまった小さなヒビ。
それだけでも、
運転しながら、意気消沈しかけていました。

「うええ・・・、
 これから宝塚まで長距離運転もせなあかんのにぃ・・。
 このまま長距離乗って大丈夫なのかー?」

という不安も重なって。

その後、ガソリンスタンドに立ち寄って、
ガソリン満タン、エンジンオイル&エレメント交換まで済ませ、
ワックス洗車まで済ませたら、

最初はただの小さな丸だったヒビの亀裂が、
はっきり筋になって、
どんどん亀裂が伸びているじゃありませんか・・。

「え、うそやん、ヒビ伸びてるやーん・・・(泣)」

これまた、がっくりがっくり。

あんまりがっくりして肩を落としているわたしを気の毒に思ったのか(笑)、
ガススタのおじさまが、
「宝塚まで行くんなら、
 せめてテープでも貼っとこか?」

と透明の補強テープを貼ってくれましたが、
ひび割れの上に貼り付けた補強テープの、
なんとみすぼらしく見えることよ・・(ありがたかったけど。笑)

待合室で、
すぐさま保険でお世話になっている車屋さんに電話し、
今後どうしたらいいかを聞いて、
まあ、ひとまず安心したものの、
あいにく車両保険には入っていなかったし、
突然の自費額を聞いて、またまたがっくり・・。

そんな気落ちした状態で、
宝塚に向けて、高速に乗りました。



でも・・・ですね。
こういう時のコツ。

気落ちするときは、しっかり気落ちする。

それを許す。

出てくる感情は、
無理に打ち消そうとしないことがコツ
だ、
って知っていますので、

出てくる感情は、
とにかくその時しっかり味わい切るんです。


今回もそれをしました。

運転しながら、
「くそーーー、いやだーーーー。
 うううー、くやしいーーー。」

と、声に出しながら(笑)
ジリジリ湧いてくるがっかり感をひたすら味わいました。

そしたら、

突然ふっと
一つの言葉が、ふっと湧いてきましてね。

「大難を小難に変えたよ。」と。

ハイヤーセルフ(隊長とわたしは呼んでいる)、
高次元の視点から見ている自分の魂から湧き出たものなのか、
どこからのものかはわかりませんが、
かなり力強くはっきり感じました。

おっと、そうだ。
きっと、そうだ。

最近、貧血でのめまいが起こりがちで、
運転中もちょっとクラっとしたことがあったので、
今日みたいな長距離運転中に、
クラっとして大事になってしまう可能性だって、
ゼロではなかったかもしれない。

それが起こる前に、小ちゃな難に変えてくれた。
そういうことって、ありますよね。

だから、
これは、
トラブルのように見えるけど、
捉え方によっちゃ、

「この程度で済んで良かったんだ!」と。

そうすると、人間 図太いもんで(笑)
本当にそうだと思えますから、
途端に気持ちは晴れ晴れ、
突然の出費くらい、あの額だって、

どうせ入ってくる。

と思えて(笑)、

そこからはもう、
何が起こっても、なんのその気分。ふはは。

各ジャンクションもスイスイのスーいとこなして、
宝塚までスムーズに行けたのでした。


で、アロマサロンでもフロントガラスの話をしたら、
クラーベさんは、
「ヒビを入れて、殻を破れってことだったんですかね。」
と、にこやかに仰って下さる。

えへへ、そうですよねえ。

殻を破れ。ってことも、
最近、何回も来るメッセージでしたから、
そういうサインでもあったんだろうなあ。

------------------------------------------

そうしてアロマの至福時間を終えてから、

今回のニューロは脳神経の回路を緩める作用があるので、
今かなり、ゆーるゆるだと思うので、
帰りの運転のために、
ピシッとするようなカレーとか食べますか。

と、
近くのインド料理屋さんでカレーを美味しくいただいて、
スパイスでピシッと「締めた」はずが・・・(え)

クラーベさんと別れて、
いざ、駐車場に戻って車に乗り込んだ時、

「あれ・・。
 駐車券、どこ締まったっけ・・・。」

入庫した時に駐車券を取って、
それをどこにしまったのか、
まったく、
まったく記憶になかったのです・・。(えーー)

普段のわたしなら、お財布に入れるはずなのに、
いくらお財布の中を探してもありません・・。

えーー、まじかーーー、
どこに置いたんだーーーー。
(その日2回目のプチがっくり、笑)

かなり時間かけて車内や服のポケットも探したものの、
見当たりません。

とにかく一旦出口まで行って、
センサー機械の呼び出しボタンを押しました。
プルルルル、プルルルル。

したら常駐の係員のおじさまがすぐさま来てくれて、
取り立てて罰金もなければ、
名前を住所を書類に書くだけで済ませてくれて、
「あらー、◯◯◯から来られたの?
 遠いところをー、はいはい、1,000円、
 はい、これで通って結構ですよー。」

と、なんとも優しく、なんとも優しく(笑)
ああ、ありがとう・・おじさまありがとう・・・と、
夜の宝塚を出ようとしたら・・

(え?まだなんかあんの・・)

ちょうど宝塚大劇場の目の前の一方通行の道を走ることになって、
制服姿の宝塚音楽学校の生徒さん3人歩いているのを眺めながら、
この細道でほんと大丈夫なのか・・と、
スマホのナビに従って走っているものの、
なんか大通りに一向に出る気配がない・・。

まあでも、この道筋を通れって言ってくれてるから、
行こうか・・と、
おそるおそる走らせていたものの、

まっすぐ行かないといけなかった信号のところを、
うっかり前の車が右折するのに釣られて(え)、
わたしも右折してしまい(えー)、
まったく真逆に向かって走り出してしまう凡ミス。

走り慣れてない街を走ると、こういうことが起こりがち。

いかんいかん、Uターンしないと・・
と、
なんとかUターンできて・・、

はい、大通り乗れたー・・・
はい、高速乗れたー・・・とホッとしたのも束の間。

(え。また?)

本当は左車線側の松原ジャンクションを目指さないといけないのに、
なぜかスマホのナビはずっと右側車線を示していたものですから、
馬鹿正直にそのまま右側車線を走っていたら、
あら・・あらら・・・あらららら・・・
左側に見える松原行き表示をスルーする形で、
わたくしの車は、
真逆の京都行きの車線に入って行ってしまったのです。

ほんと、
どんだけ無駄な回り道を繰り返してるんだ・・。

と自分のミスを責めそうになるところですが、
以前のわたしとはもう違いますよー。(え)

こんな凡ミスしたって、
決して自分を責めないであげる。

いいの、いいの、ミスしたっていいのいいの。

それに、
もうこれだけいろんなことが起こっているから、
(起こしてんだよ)

「ふっ。京都に行く前に、
 手前のどこかで降りればいいのさぁ。」

と、意味なく余裕をぶっかまして運転し続けてみると、

これまたラッキーなことに、
走行距離たった2kmくらいで高槻・茨木出口を見つけ、
余裕のよっちゃんのまま高槻・茨木に一旦上陸し(言い方)、
すぐさま高槻・茨木インター入口から再び高速に乗り、
松原ジャンクション向かって、
無事軌道修正できたのでした。

ほれ、みなさい。(なぜドヤ顔なのか)


しかし、
一体この人は、なぜこんなにも凡ミスを繰り返すのか。
と思いますですよね。わはは。

本来の自分の本質がピヤーーッと溢れ出ちゃっただけ
いいのだ、それでいいのだ。ふははは。

さすがにこれで凡ミスは終わるだろう・・、
と思いながら運転を続けるも、
フロントガラスの亀裂は、
ガススタのおじさまが貼ってくれたテープをはみ出して、
さらにさらに亀裂が伸びていく始末。

やばい・・、
このままでは視界を遮るほどのヒビになってしまう・・。

そんな緊張感と危機感を味わいながら(笑)
なんとかかんとか、
深夜、自宅に帰りつけたのでありました。
なんてスリリング♡(え)

この1日で、一体どんだけ〜なのか。と。(笑)


やー、なんでしょうか。
でも、
この一連の凡ミス続き、うっかり八兵衛ミス、
突拍子もないトラブルが立て続けに起こっても、

「なんとかなるさ。」的な気持ちで、

実際、
「なんとかなった。」のです。

そう、
なにがあっても、

「なんとかなる。」もんなんですよねー。


本質の自分を隠そうとしなくってもいいんだし、
ミスしちゃった自分を責めなくてもいいんだし、
ミスしちゃったくらい、なんてことない、あるある♪


そんな自分だって愛おしいじゃないですか。


京都行きの車線に乗っちゃった時なんて、
思わず、一人爆笑しちゃいましたもんね。
呆れるの通り越して、面白くて面白くて。(笑)


という、
実験でも結果報告でもなんでもない、
ただの、
はちゃめちゃな1日を報告しているだけになってしまいましたが、

表向きは、
自分にとっては都合の悪いこと、トラブルのように見えても、
捉え方によっては、
「おもしろいネタ」にだってできる実証記録。(そうなの?)



【本日の実験?と結果・・なのか?笑】

笑い飛ばしていこう。
ネタにしていこう。

今は笑えなくても、
いつかは笑い飛ばしてやろう。

そんな心持ちが、
この地球で生きて行く、最強の術。


・・のように、わたしは感じます。
  1. 2018/03/05(月) 20:26:08|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

アロマオイルの魔法で一つの封を開ける

2018年3月2日


もう約3年ほど前から、
心身を整えたいときに、
定期的にお世話になっている、
アロマサロンをご紹介したいです。

宝塚市のアロマサロン・クラーベさん。

さっぱり明るくおしゃべりして下さって、
いつお会いしても、心地いい方なんです。

先日の大阪の個展にもお忙しい合間をぬって見に来てくださいました。
Yさん、ありがとうございます!

昨日の満月の日、
かなり久しぶりに、
クラーベYさんに、
アロマエンライトメント・ヒーリングセッションと、
ニューロオリキュラを組み合わせて、していただきました。

毎回とろけそうになります。
そして、今回もとろけました〜。

わたしがクラーベさんの、
このヒーリングセッションを受けるのは3回目くらい。

今回は、
いろんなことに意識がすっきりしてきてる中で、
個展も終わり、ほっと一息。

ただただ
「今、行きたい!」と思って、
その気持ちに素直に従って、
早速予約を入れました。

「オーダーメードアロマエンライトメントR ヒーリングセッション」
は、

直感で、自分の左手で4本アロマオイルを選び、
最後の5本目をクラーベさんが選んで下さって、
リーディング+選んだオイルをブレンドしたオイルでマッサージ。

そのリーディングがおもしろい!
どれもこれも、
今の自分の魂の状態や意識にぴったりなんですよ。


1本目は「本質」
2本目は「ブロックのかかっているもの(潜在意識)」
3本目は「顕在意識」
4本目は「ブロックが取れた時の自分」・・だったでしょうか・・。
ここはすみません、うろ覚えです。

そして5本目が「今必要なもの。」


昨日の選んだ5本のオイルはこちら。

IMG_2571.jpg

1本目・・Elemi (エレミ)
2本目・・Grapefruit(グレープフルーツ)
3本目・・Lemonrrass(レモングラス)
4本目・・IDAHO BALSAM FIR(アイダホバルサムファー)
5本目・・Rosemary(ローズマリー)


クラーベさんのリーディングによると、
5本とも、かなり
「意識すっきり!!」系のものばかりらしく・・

IMG_2575.jpg

1本目の「本質」のエレミは、
とにかく透明ですっきりしたイメージだそうで、
対応チャクラも第8チャクラ。
自分で言うのもアレですが・・
高い視点で物事を感じ取れる・・とか。

でもこれは、特別なことでもなんでもなくて。

魂を持つ存在なら、
本来は誰でも高い視点で物事を観れることができる。


地上生活の中で忘れているだけ・・なので、
ここのところも、
定期的に記事に書いていけたらと思っています。


2本目の「ブロックのかかっているもの(潜在意識)」が、
グレープフルーツ。
どんな場所にいても、どんな人々の中でも、
自分のままでいるだけで太陽のようなリーダーシップを、
無意識に取れるはずのに、
そうするのをためらっている状態だとか。

う。
じ、自覚あり・・・(笑)

そう。
割とぽんぽん思ったまま発言している割に、
直感で感じたことに関しては、
そのまま発言することを、
わたしは、かなりためらっている自覚はあり・・。
と、白状する始末。(笑)

で、
笑っちゃったのが3本目「顕在意識」のレモングラス。

「男性性が強くて、思考型。
 社会的には、こちらが顕在意識」だと。

ふははははは。
思わず頭を抱えました。(笑)
いやー、だって、そうだもの、ズバリだものぉ。

仕事ではかなり合理的に立ち回っている自覚ありますし、
スパンスパンと、頑張って意識しなくても、
大量に抱えている仕事を回していくことができてしまう・・。
(たまにアップアップするけど、やれちゃっている。)

もちろん、それが女性としてダメなんじゃなくて、
必要なシーンで、
必要に応じて適応できているってことだから良いらしいけど、

1本目の「本質」が、
そもそも宇宙と繋がって直感のままで「在れて」、
活動も慈愛を基盤としたもの・・らしいので、

普段の生活でかなり思考を巡らせて、
先を読んで、先を見越して行動している今の自分と、
本来、
直感型である自分とのバランスを、
もう少しとっていけたらいいんだろうなあ・・と。

(言葉でいうのは簡単ですけどねえ〜と、クラーベさんもおっしゃった。笑)

そうしてバランスをとっていけたら、
4本目選んだオイル、
幹がしっかり土に根付いて、
まっすぐ成長している樹木のように、
より、ぶれない、
より、しっかり地に足ついた「在り方」でいれるそう。


そして5本目、
今の自分に必要なものは、
やっぱり「直感」と、
魔除けの意味合いもあるローズマリー。

実は最近、もともと体質的に貧血持ちだったんですが、
無意識に疲れもたまっていたんでしょうか、
めまいが続けて起こって、
その場に座り込むことが数回あったんです。

毎年の人間ドックでも、
数値は毎回同じ「基準値以下」ですが、
これはもう生まれつきなので、
普段の生活でもなんにも困ったことがないし、
もう「そういうもんだろう。」って、
慣れっこになっちゃってたんですが、

さすがに、
こうも続けてフラッと座り込むのが続くと、
休みが必要だなあ・・と自分でも感じていました。
ローズマリーは血液の状態を改善する作用もあるんですって。

ただ、血液の状態もあるけど、
ローズマリーの「魔除け」の意味するところは、
「悪いものを避ける」というよりは・・、

「自分のやりたいことを遮ろうとする壁とか、
 そういう、いろんなものを無くしていく効果」・・とのこと。

ちょっと、思い当たるところもあったので、
ローズマリー、
しばらくは毎日使っていこう〜と思いました。

ヤングリビングのオイルは既に日常使いでいくつか持っていて、
ローズマリーも自宅にあったので、ちょうどいい。

いいこと教えていただけました。

IMG_2572.jpg

(今回選んだオイルの、対応チャクラが一目でわかる。)

アロマオイルは使っていても、
本当に頼もしいし、おもしろいです。

効能の知識もほんの少しあるものの、
でも、
知識以上に、直感で選んだものが、

ちゃんと、
その時の自分にとってピッタリのもの。

っていうのが、
「宇宙的・統合意識」らしくて素敵ですよねえ。


・・・という、
アロマオイルの香りに癒された至福の時間を過ごしたのですが、

わたくし、

この至福時間の前後に、
「おもしろうっかり八兵衛っぷり」を、
また、
いくつもいくつも重ねてしまっていたのであります・・。

普段の自分、
顕在意識では「思考型・男性性」が強めの自分とは真逆のような、

忘れっぽい、
うっかりドジ、
そんな自分の「もう一つの本質」(笑)


クラーベさんのClaveってスペイン語で「鍵」って意味だそうで、

もう一つの、わたくしの本質・・
普段は隠そう隠そうとして、
箱の中にしまい込んでいるはずの「うっかり八兵衛の本質」に、
鍵を開けられ、
ぴやーーーっと解き放たれたのであります。

(こらこら、鍵のせいにするんじゃありませんよってね。
 クラーベさん、嘘です、冗談です、
 でも立て続けすぎて、かなり面白かったし、
 結果「結局なんとでもなる!」話なので、
 まじで聞いてもらいたい。笑)


これはまた、次回にでも。ぷぷ。
  1. 2018/03/03(土) 21:01:20|
  2. 好きなもの・オススメなもの
  3. | コメント:0

個展「しずく詰め合わせ」終了しました。

2018年2月25日


23日(金)に、大阪での個展が終了しました。

連日、多くの方々が見に来てくださり、
ご芳名帳の記載だけでも120名近くになっていました。

わたしも在郎中はずっと喋りっぱなし。(笑)
楽しかったです!

遠くからわざわざ足を運んでくださった方もいて、
みなさん、
貴重なお時間を割いて、見に来てくださって・・。

本当にありがとうございます!

わたしは幸せものだなあ・・と、
しみじみ噛み締めております。

会場となったthe14th.MOONさまにも、
数々とてもお世話になりました!

そして、祝電やお祝いのお花を届けてくださった方々、
手土産を持って来てくださった方々、
嬉しく、美味しく、受け取らせていただきました。

販売していたグッズも、
中には売り切れるものもありました。

原画は今回2点、ご縁をいただきました。
それぞれ、
ピピっと来てくださったとのことで、
これも本当に嬉しくありがたいことでした。




わたしは今回もシルクハットとお髭で・・・

と思っていたのですが、
なぜか付け髭を紛失してしまい、
個展初日に、会場で急遽ヒゲもどきを作る始末(なにやってんだ)

それで記念撮影をしたりして、
みなさんに訝しげな目で見られながらも(笑)
楽しい日々でした。

IMG_2453.jpg
(eightのMさん、一緒にパチリ。いつも可愛い。)


グッズの一つ、
「童話の起き上がり小法師」は、
ひな祭りの節句の季節が控えているということもあり、
男女ペアの小法師セットとして、
引き続き、
the14th.MOONさんで販売して頂けることになりました。

IMG_2316.jpg


一つ一つ手書きの、世界で一つだけのもの。
小さくて(背丈約3cm)可愛いですよ♡

よろしければ14th.MOONさんで、ぜひ。



個展「しずく詰め合わせ」

見に来てくださった皆様、
本当にありがとうございました!



  1. 2018/02/25(日) 21:05:49|
  2. 仕事のこと、絵のこと
  3. | コメント:0

個展「しずく詰め合わせ」始まりました

2018年2月18日


15日から、個展が始まりました!



初日から昨日までの前半、
おかげさまで盛況でした!

IMG_2311 (1)


はじめましての方も、
久しぶりの方も、大勢・・。

なんと中学校時代の国語の先生も、
娘さんとお孫さんと一緒に、
わざわざ地元から足を運んで来てくださって!
すごくすごく感激でした。

またお忙しい合間の時間をぬって、
来てくださる皆さん、
手土産までご用意くださるなど、
本当にありがとうございます!
美味しくいただいています。

またお祝いのお花も送ってくださったり、
重いのに、持って来てくださったり・・

感謝の気持ちでいっぱいです。

IMG_2342.jpg

IMG_2351.jpg

IMG_2358.jpg


後半は明日から。
在廊は、22日、23日だけですが、
それ以外の日ももちろんお気軽にいらしてください。


n-1814thkotenmap.jpg
  1. 2018/02/18(日) 21:01:11|
  2. 仕事のこと、絵のこと
  3. | コメント:0

しっちゃかめっちゃか、だけど最高気分

2018年2月14日


よくもまあ、こうもバタバタと・・
次から次へと起こってくれるもんです。

明日からの個展に備え、
いろんな多種多様な準備をしていて、
さらに、
仕事の納期もいくつも重なって、
その製作もあるところ、

長女がまた昨日、熱を出し、
病院に連れて行ったり、
次女の学校説明会にも行ったり・・

ただでさえ、
めまぐるしいアップアップ状態なのに、

そんな時に、

そんな時に・・・

プリンターが壊れました。

わははははは!

もう笑うしかないです。

まだ出力しないといけないものあるのに、
なんで今なんだ!(笑)

ここは都会じゃないから、
近くにキンコーズとか出力センターがないので、
本当にどうしよう・・

と思ってたら、
地元の、ある一人の友達の顔がパッと浮かんで、
すぐさま電話。

友達、快く協力してくれて、
彼女ん家PCにデータ送信して、
出力してもらうことができて、
受け取りに行って・・・
ホッと・・・ことなきを得ました。
ああ、Hちゃん、ありがとう・・!(号泣)


なんかわからんけど・・
しっちゃかめっちゃか、すぎる。

加えて、
昨日、更にあろうことか(まだなんかあるのか)、

納期まで、元からもう日数がないのに、
なかなか次に進んでいいOK連絡がないなーと思って、
業を煮やして、
「確認のお返事はまだでしょうか?」
と、こちらから連絡したら、

「今、確認取れました!
 明後日までお願いします。」


着色製作に2日て!
あれだけのボリューム量なのに2日で仕上げろてっ!

無理やん!!
ありえへん!!
ありえへんでーーー!!
(怒り散らしていますが、一気に怒ってパッと軽くなるパティーン、笑)

ということも同時に発生し(え)

昨夜、わたくしは、
かなりの修羅場を迎えておったのであります。

そんなわたしに、
お世話になっているエージェントAさんが、
電話で優しく、わたしのボヤキに付き合ってくださったりして、
(Aさん、ありがとうございます!)

わたくし、
いろんな方に支えられて生きております。



ええ、ええ、
これだけいろいろあったらさ・・

そのうち、いいことあるよなあ・・・(白目)

と思いつつ、

ふっと、
電話しながら、描きながら(イヤホンだからね)、


「わたくし、奇跡を起こすぞ。」とこの地点で決めまして(おっと)、

昨夜遅くまでと、
また今朝早朝から、
まさに「無」になって、
ひたすら着色製作しましてね。

そして、

たった半日で!
たった半日で!!
このボリュームの着色製作&データ整理&納品データ完了まで
こぎつけたぞーーーー!!

という、奇跡を起こしました。

ついさっきポチッと送信ボタンを押してしばらく、
「・・・・・・」
完全燃焼しておりました・・。

ありがとうありがとう。


こんなこと、今までだって何回もあった。(え)

そして、今回も乗り切った。乗り切れた。

できるんだ、やっぱり。
なんだって、できるんだ・・。(燃え尽きる)

でも、
これは無理な頑張りという感覚ではなかった。

むしろ、ランナーズハイのような、
妙なテンションの中で、
気持ちは、エネルギーは軽かった・・。

ただ「無」になっていたら、
絵筆が淡々と、着々と動いていった。

すみません、
いつもより変なテンションで。


今から個展の最終準備。
この後、午後から、また長距離運転で大阪です。

ほんと、これだけ頑張ってるもん。
わたち、えらいよな。
よちよち、えらいえらい。(幼児語プレイ)

という風に、
幼児語プレイで自分を褒めてあげるワークもオススメです。
なでなで、よしよし。ふはは。


ということで、
最高な気分を味わっている清々しい朝です。(カオス)

今日も覗いてくださってありがとうございます。✨

----------------------------------------------

n-1814thkotenmap.jpg

  1. 2018/02/14(水) 11:29:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

救世主に助けてもらった話

2018年1月30日のはなし



個展の告知記事が続いていますが、
先日、
京都でやらかした、
うっかり八兵衛な一件について記録しとこうと思います。(なんで)


それは先週の火曜日の話。

京都烏丸にある山田保延堂さんに訪問して、
新しい御朱印帳製作のお願いにあがった時のこと。

大阪駅までの高速バス、
バスチケットは往復分、事前に購入済み。

大阪から京都までは、
今回は烏丸だから、阪急で行こうと、
これもSuicaで改札を抜ける。
その時、残高530円という表示を見る。
向こうに行ったらチャージしようと思いながら、
阪急京都線に乗る。

座れて、外の景色を見ながら、
少しうつらうつらする。
いろんなことを考えながら、うつらうつらする。

で、電車は桂すぎて地下に入る。
前に娘たちとこの駅で降りて新撰組の八木邸に行ったなあ、
とか思う。

で、烏丸駅に着く。

チャージ精算機に向かう。

カバンの中を見る。

あるべきものがない。

え?
あれ?
え?

財布がない。

え。
えーーー。(思考停止)


人間、本当にフリーズするんだ・・と思いました。

まさにフリーズ。
動けない。

しばらく動けず、立ち尽くしたものの、
残高530円ではこの改札を通れないと思い込んでいたわたしは、
まず、ふらふらと改札の職員さんのところに行って、
「あ、あのう・・・」

と、事の説明をして、なぜか警察の場所を聞く。

「梅田からここまでは400円なので、通れますよ。(にっこり)」

職員さんは優しく教えてくれて、
まずは改札はクリア。
残高130円。

そう、つまり所持金130円。

この後、
まだ大阪戻ってギャラリーにもいかないといけない。
大阪まで戻るお金がない。

ど、ど、ど、どうしようか・・・
あたりをふらふらしていたものの、
山田保延堂さん訪問約束までは、
まだ1時間ちょっと時間がある。

きょ、京都で誰か連絡のつく方・・・・
きょ、京都で、誰か・・
誰か・・・・

スマホの連絡先をグルグルグルグル・・

そして、ある方の番号を押してみる。

京都・古道具カフェeightのMさん。

一回目のコール、出ない。
そりゃそうだよ、お店やってはるもん・・。
お客さんいたら忙しいんだもん・・。
ご迷惑だよ・・。

と思って、
次、どうしよう、誰にかけようと思っていたら、
Mさんがすぐにかけなおしてくれた。

「どうしたーん?」

いつもめっちゃ優しい声で出てくれるMさん。

もう、わたしはそれだけで泣きそうになって(弱っておるのです)、

「今、京都におるんですけど、
 さ、財布を忘れてしまって・・・。」

Mさんは、
「えーーーー?!」
と叫んで、すぐに、

たまたま、
たまたまその場にいた
オーナーF氏と変わってくれ、
たまたまF氏はその後の仕事でこっち方向に車で向かうところだから?と、
「そこで待ってて!」
と言ってくれ、

ホントにすぐに、
わたしがいる烏丸に飛んでやってきてくださって、

路駐になっちゃうから、
わたしもF氏の車を見つけて、すぐ駆け寄って、
F氏、車の窓開けて、
わたしに茶封筒を渡して、
颯爽と次の仕事現場に走っていかれました・・。

その走り去る姿がヒーローに見えた・・。

Mさん&F氏、本当に救世主。

今までだって、
本当にたくさんお世話になっているのに、
またこんな風に助けていただいてしまいました・・。

その後、
無事、予定通り山田保延堂さんにも行けて、
その後、時間ができたので、
eightさんについ立ち寄ってしまい(お借りしたお金で、苦笑)
またMさんにさらに詳しい事情を説明したり、
他の話も聞いていただいたりして・・・、

ああ、
わたしはお尻がそわそわしながらも、
あの日、
何度も心の中で感謝の言葉を呟きながら、
電車賃を払うことができ、
お茶も買うことができ、
大阪にも戻ることができ、
無事、
自宅に帰ることができました・・。

ありがとうございますありがとうございますeightさん


IMG_20180130_155248.jpg


IMG_2174 (1)


素敵な救世主のいるお店eightさん。

古道具アンティーク、
行くたびに面白い品に出会えるeightさん。

温かな笑顔とコーヒーと空間のeightさんは、

京都地下鉄・東山駅から歩いて数分。
平安神宮や京都市美術館にも近いです。

ほっとできるお店ですよ。ぜひ♪


------------------------------

n-1814thkotenmap.jpg
  1. 2018/02/07(水) 11:57:16|
  2. 京都
  3. | コメント:0

しずくふたつの絵・狼について

2018年2月3日


2/15から始まる個展「しずく詰め合わせ」
大阪・天満橋(谷町2丁目あたり)
the14th.MOONギャラリーにて

この一連の作品群「しずくふたつ」は、
なーんにも考えずに書いていると前回の記事で書きましたが、

その最近の作品
「しずくふたつ 017 狼」について。

180203.jpg


事前に構図や色構成もまったく考えないまま、
ひたすら思いつくまま描いていく絵。

これも、そうなのですが、

この狼の絵が完成してInstagramにアップしたら、
友達aさんが興味深いコメントをくれました。

「狼は同じ狼のような感じがします。
 ふたりは別のところにいるけど、
 ついていてくれる、
 守ってくれている存在は同じもの、っていう感じ。」


ハッとしました。

わたし自身、
まったくそんな「意図」無しで描いていたので。

魂を共有する関係性があることは、感じていました。

自分でもここ3,4年ほどは、
それに関して追求する毎日でもありました。

自分の中で、ある程度一区切りついたタイミングで、
この絵が「来た。」


ほんとだ・・、
そうだ、これ、
魂(ハイヤーセルフ)を共有する二人の絵なんだ。

と軽く鳥肌が立ちました。

描いた自分が言うのはなんなんですけど、
この作品群に関しては、
「できるだけ宇宙と地上のパイプになって描く。ビシッと。」
・・とは意図しているので、

ある意味、

描かせてもらってる、のかもしれない、と、
そう思いました。

そんな絵を飾ります。
個展の案内記事はこちら。


そして、
先日お世話になった
愛媛・松山 自然歯科さまにご案内DMお送りさせていただいたところ、
なんと、
ブログにご紹介いただきました!
自然歯科さま、ありがとうございます〜♪

-----------------------
個展の告知が続きます。
ここらで一旦、
次の記事では閑話休題的な・・・

先日、京都出張の時に、
阪急・烏丸駅改札内に来て初めて、
財布を忘れたことに気づいた話でもいたしましょうか。(え)

高速バスチケットはあるから大阪までは来れる。
阪急梅田駅、SUICA残高530円で改札抜ける。
まあ、向こうの駅でチャージすればいいや、
と思って阪急電車・京都線に乗る。

着く。

はい。

カバンを見て、
フリーズしたわたしのその後の話でも、
次、いかがですか。

(いやいや・・)

  1. 2018/02/03(土) 10:14:09|
  2. もう一人の自分
  3. | コメント:0

パイプ(役)になる

2018年1月28日


仕事の合間に、
個展用の絵を絶賛製作中です。


この「もう一人の自分の絵」に関しては、
描く時に、
意識的にパイプ(役)に徹するといいますか、

できるだけ、
「なんにも考えずに描く」ようにしています。

というのも、
この一連の作品群の最初の絵「001 はじまり」が、
そんな感じで、
「なーんにも考えずに描いていたら、こうなった。」

・・という風にして生まれたもので、

IMG_1682.jpg
(「001 はじまり」)


そして、いくつかそうやって、
「なーんにも考えずに」描いていくうちに、

たまたま2作目で描いていたものを、
お友達に手渡しましたら、
その方が1週間後にすごく嬉しい出来事があったと教えてくれて、

その時の記事がこちら。

o-18soulmate002.jpg
(「002 鳥かご」)

ものすごく嬉しくて、

この絵に関しては、
なーんにも考えずに描いた方がいいんだろうなあ、とはっきり感じました。

それで描き貯めたものを、
昨年11月に東京で初めてお披露目させてもらえたのですが、

そこで、
10作品展示中、7点も!
それぞれご縁のあった方々のところへ貰われていったんですが、

先日、
その内のお一人から、
とても嬉しい感想をいただきました。

その方は、この絵を買って下さるまで、
実は何度も遠くから会場に足を運んでくださっていました。

「絵を大好きだけで即決してお迎えできなかった理由は、
 これは現実が動き出すわ、と感じちゃったから。」

「自分なりの覚悟、向き合う時間。」

「自分が受け取り拒否していたら、現実化しないだろうこと。」

をしっかり感じてはって、
その上で、ある一枚の絵をお買い上げくださって・・、

で、
その後、

「絵のお代金相当分が、別の形でほぼほぼ戻ってきたこと。」

「気になっている方と関わる機会が増えている気がする。」

など・・

「無い、から、在るんだ、になる感覚が面白かったです。」

ともお伝えくださいました。

この感想を頂いた時に、
わたし自身もぐっと嬉しく、体温が一気に上がった感覚になりました。
本当にありがたいです。

----------------------------------

もともと、
「自然なままで愛を育めるカップルさんたちが増えたら、
 世の中、平和になるのになあ。」

とは思っていたものの、
そんなわたし個人的な願いを込めようが、込めまいが、

この方ご自身のもともと持っているエネルギーといいますか、
そんなものがフワッと浮き立つようなお手伝いができたんなら、
それ自体すごく幸せなことで、

やっぱり、この絵は、
わたしのエゴや願いは置いておいて、

パイプになったつもりで、なーんも考えずに描こう。

と思いました。

自然になっていくままに任せておいたら、なっていた。

そんな絵にしようと思います。



  1. 2018/01/28(日) 16:32:59|
  2. もう一人の自分
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ