FC2ブログ

佳矢乃のキノミキノママ日記

タイムマシンがあったら

2018年8月11日(さかのぼる)


先日、観てきたお芝居

ヨーロッパ企画

「サマータイムマシン・ブルース」

「サマータイムマシン・ワンスモア」

http://www.europe-kikaku.com/projects/e37-38/

IMG_4285.jpg


「ブルース」をお昼に、

その15年後の続編的なお芝居「ワンスモア」を夜に、

1日に2本続けて。


という贅沢な鑑賞をしてきました。


一言言わせてください。(言いなさいよ)

ヨーロッパ企画、
大好き、最高。。




「サマータイムマシン・ブルース」は再演です。

以前は2005年に公演。
しかも映画にもなっています。


新たな続編・ブルースの15年後という設定で、
同じ舞台構成で「ワンスモア」という、
1日で2本打つお芝居・・・

チケットはそれぞれ別々で買えるから、
ブルースだけでも良し、
ワンスモアだけでも良し、

わたしは前の2005年のブルースは観ていなかったので、
今回のように2本続けて観たんですが、

続けてみる、という面白さ、最高でした・・。
(最高最高言い過ぎてるけど、最高だから何度でも言う。)

面白すぎましたあ・・・幸せだあ。



---ここから、ややネタバレ。ご注意ください。------


ある大学のSF研究会、
わちゃわちゃしている部員仲間、
そこに突然、ふと置かれていたタイムマシン。(笑)

タイムマシンじゃん!
これ、本物のタイムマシンじゃん!!

そして、彼らはどこに行ったか。



笑う。

(内容に触れずに一人思い出し笑い、すみません。)


ロマンもひったくれもありません。(え)

タイムマシンを目の前にしても、
日常でしかないもの。
日常が全て、のようなこと。

それが好き。良い。


そして、
タイムラインは、
最初から決められているってこと?


という流れが、見事だし、

実際、そうなのかもなあ・・と思ってしまう。
現実も。


変えようとして動いたって、
実はそれも、
そう動かされているってこと?

という部員たちの戸惑いは、
自分のことのように思ってしまう。


伏線がいたるところ、
すごくたくさん張り巡らせているのに、

(え?!それも!?それも!?と回収される度に爆笑続き)

最後には、
ものの見事にタイムラインごと大回収されていく。

心地良いったらないんです。

毎回思います。
脚本家さん、天才すぎます。
そして、
演者さんたちの自然な笑えるような会話、

・・・混じりたい。(笑)

あの仲間になりたい、と毎回思ってしまう。


9/9までは東京公演中みたいです。
大阪はこれから。
大阪・・・当日券あれば、また観たい。
それくらい面白かったです。

IMG_4312.jpg


結成20周年かあ。
わたしも、この仕事20周年目。
同じだー♡とミーハー的に嬉しくなってしまいました。ふはは。


  1. 2018/08/21(火) 19:39:59|
  2. 映画、舞台など
  3. | コメント:0
<<レターセット新作です。 | ホーム | 最近のお仕事のひとつ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する