佳矢乃のキノミキノママ日記

5月のこと、アレコレ

2018年6月7日


せっかく5月にいろいろ面白いことあったのに、
全然こちらに書いてなかったです〜。


まず一つ目。

熊野古道女子部の行動歩きの動画、
「人生よみがえる!?熊野古道女子部ガチ合宿」

Youtube動画はこちら

を撮影&編集された、
ディレクターNさん&奥様に、
日高川町はらぺこキッチンさんに連れて行ってもらいました。

店内に入って、
店長さんにご挨拶するや否や、
店長さんが、

「もしよかったら、
 このパンに顔を描いてもらえませんか?」

と。

素直なアタクシは、
言われるまま、描く。(笑)

で、こうなった。
はい、ドン♪

IMG_3581.jpg

IMG_3582.jpg

食品に絵を描くなんて初めてでしたが、
これが、思いの外思いの外、
楽しくってですね!!

焼ごてペン、いいなあ。欲しいなあ。(え)
これがあれば、
食パンとかにジャンジャン落書きできて楽しそう。

本来は、
木材に字や絵を描くのに使う道具らしんですけど、
店長さんはペン先をアルコール消毒しながら、
このパンに顔を描いてらっしゃったんです。

なるほど♪・・なアイデアですよねえ♪

この山形の小さなパン、
カスタードクリームが中に入っているらしいです。
ランチ食べ終わってから買うつもりが、
すでに完売してしまって買えなくて、
食べられなかったのが残念〜。
また今度リベンジ行こうっと。


Nご夫妻とのおしゃべりランチも楽しくて楽しくて!

そしてディレクターNさんと、
実年齢は一回りくらい違うんですが、
大学生時代の過ごし方、
部活やバイトなどがとても似通っていて、

そんな共通点から、
話題が、
「まさかこんな話をするとは思いませんでした。」
というところまで踏み込んで、

・・・・面白いご縁だなあ・・と思いました。
感謝感謝!


---------------------------------------

二つ目。

人とのご縁って、
本当に、
つながる時はつながりますねー。

それをすごく感じた出来事です。

ちょっと話がさかのぼるんですが、

去年の5月末くらい、
中一の次女が、
合気道を習い始めていました。

この辺りは、
合気道創始者の植芝盛平氏の生まれ故郷でもありまして、

その開祖のお墓があるお寺の道場へ、
毎週2回の夜、
次女を送り迎えする為に通っています。

そもそも1年前、
次女から、
「習いたい」と熱望したことでした。


先生方も気持ちのいい方々で、
なんだか最初から、
「この方々が好きだ。」と思って(⇦ 一方的な愛、笑)
たまにある行事ごと、
畳掃除とか、
バーベキューとかも親子で参加させていただいていました。

そこで、
先に習ってらっしゃった方々とも、
少しだけ顔なじみになるんですが、

その中のあるお一人、
とても優しい雰囲気の、
話しやすくて、
お会いする度に、
ついつい何かお話ししたくなるような、
そんな方がいらっしゃいました。

数回くらい顔を合わせるだけ、
そんな方だったんですが、

先日、ひょんなことから・・、

その方が実は・・・、
点と点がつながる、
そのひとつの点だったとは!
だったんです。


話が飛びますが、
別のところで、
ここに繋がる別の点がありました。

いつもお世話になっている地元の珈琲専門店さん
バニラカフェさんで、
いつだったか、
店長さんから、
ある方の作品を見せていただいたことがありました。

熊野古道の海沿いの道、
通称・大辺路(おおへち)のイラストマップを、
ものすごく長い巻物にして描かれていたものです。

それはそれは見事なイラストマップで、
巻物ですから、ずっと道がどこかで繋がっていて、
一体何メートルあるのよ!って驚くような、
膨大な書込み量だったんです。

わたしは絵を職業にしていますが、
ここまでの作業量、ここまでの緻密さ、
ここまでのマップものを描いたことがありません。

バニラカフェ店長さんと、
「すごいですね!!」
「すごいでしょう?!」
と興奮しながら喋ったことがありました。


で、です。

合気道に話を戻して、

はい、
もう、薄っすら、
勘付いて下さいましたでしょうか。(笑)

この壮大なイラストマップ巻物を描かれた方と、
合気道で「この方好きだなあ。」と思っていた方が、

同一人物だったのです!

先日、
合気道・父母の会総会というものに参加させて頂いた時に、
その方と少し会話を交わしていたら・・

「あれ?」
「あれ?」
「もしかして」
「もしかして・・・。」

「え?!あの絵の方だったんですか!!」

と、なったのです。お互いに。(笑)

これは盛り上がります。
一回ご飯食べに行きましょう!ってなります。(笑)

で、早速ランチをご一緒させていただいて・・

あの巻物を改めてじっくり見せていただきました。

圧巻ですよぉ。
じゃじゃん♪


IMG_3635.jpg


(巻物「大辺路」だけじゃなくて、
 他の地域のイラストマップもたくさん手がけられています。)


いやー、写真じゃ、
この良さが伝わってないんじゃないでしょうかっ。

手前のが巻物で、
全部伸ばしたら、
なんと7mほどあるんですって奥さんどゆこと!


上の写真で見えている町、
和歌山県田辺市駅付近を起点にして、

和歌山県新宮市あたりを終点・・
熊野速玉神社あたりまでを、
ずっと繋いで描いてらっしゃるんです!!


ほんと凄いから、
まじで実物をご覧いただきたい!

このイラストマップ巻物作者・I さんとランチ食べながら、
お話を伺ってましたらですね、

I さん、
地図も好きだし、
歩くのも好きだし、
こうやってイラストに描き起こすのも、
楽しくて楽しくてしょうがなかったって仰るんですね。

すごく時間のかかる膨大な作業量ですけど、
楽しくて楽しくて、しょうがない・・と。

そして、
他のお話していても、
やっぱり I さんも、

「好き、やりたい、で行動してきた。」

「点と点が繋がって線になること、
 今までもたくさんあった。」

んですって。

この地方のイラストマップを描かれてはいるものの、
なにが驚きかって、
Iさん、もともとこの地元の方じゃないんです。

他府県ご出身の方なんです。

それなのに、
地元愛がないと到底完成することができないような・・、
これほどまでに素晴らしいものを、
他府県ご出身の方が製作・完成なさったってことに、

地元民のわたしは驚愕したってわけなんです。

(またこれ、
 面白いんですが、
 Iさんのお名前が、
 このこととリンクしているお名前なんです。
 ご本人には言わなかったんですが、
 心の中で、密かにわたし一人思っていました。
 「名は体を表すんやなあ・・」って。)

他府県のご出身なのに、
(⇧もうここも関係ないのでしょうね。
大事なのは好きという熱い気持ち。)


直感に素直に従って行動されて、
そして、
ある時、この地域とご縁ができて、
次々と、
ご自身の思いを実現されている。

そういう数々のお話を伺っていたら、
本当に、

「計算とか打算がなく、
 ただ好き、
 やりたいという思いと、
 直感のまま素直に動いて、
 今がある。
 自然と道が繋がっていく。」

そのことを改めて、
強く感じます。


「好きこそモノの上手なれ」

ですねえ、本当に。


なんとなく、でいい。
根拠なんて、無くて良い。
好きに、理由なんていらない。

純粋な好き、は尊い。

ご縁をつなごうとしなくても、
自然に、
内側から引き寄せあう方々と導かれて、
繋がっていく。

またひとつ、
感じさせてくれてありがとう、という気持ちです。



  1. 2018/06/07(木) 20:08:46|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<各種お知らせ | ホーム | その後の彼>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する