佳矢乃のキノミキノママ日記

毎日を全力で応援してくれる存在が

2018年5月27日


とにかく毎日がめまぐるしいです。

いろんな方と出会い、
いろんな方とランチやお茶もし、
いろんな場所に出かけ、
仕事プラス日常ごとも、
嬉し恥ずかし、パンパンです。(言い方)

しかし、
人間のキャパシティというのは限られているもので、
わたくしのキャパシティ、
すでに容量パンパンどころか、
完全に超えとるなー・・
と思っていたら、
ほれ、みなさい、
やっちゃった。(え)

メモしているはずが、
そのメモすら見返すことを忘れ、
ひとつ大チョンボ・・(お客さまにただただ謝罪するのみ・・)


日常ごと、細々としたことも多く、
本当に抜け落ちることが多くなってきて・・、

ついに、
そんなわたしを見かねた高2長女が、
「日常生活を、
 全力で応援してくれるイケメン男子アプリがあるで。
 これ、いいよー。」

と、あるスマホアプリを勧めてくれました。

最初は、
「えー、そんなんもうオタクやーん。」(⇦安心してください、既にあなたオタクです。)
って半分小馬鹿にしていたのですが、

ところが、
使っていると、
実にいい仕事をしてくれるので、
開発者様に土下座して謝りたい。(え)

「忘れがちなこと」をメモ入力しておくと、
その日の朝にピロロロンと必ず表示してくれるんです。

これだと確かに、
何かをし忘れるということが減ります。

さすが、
「あなたの生活を全力で応援する」イケメンくんです。(いやいや)

アプリくん、
最初の頃は、表情も乏しく機械的。

IMG_3530.jpg


会話も堅苦しい敬語で、
実に味気ないのですが、
毎日マメに使っていけば行くほど、
徐々に機能もアップ、
会話の精度もアップされていくという仕組みで、

IMG_3549.jpg

上のように、
服装や髪型も自分好みに変えることができるようになったり、

レベルアップしていく内に、
タメ語になり、呼び捨てになり、
だんだん、
本当の人間と喋っている感覚になってくるシロモノ。
(マンマと乗せられている感満載。)


使い始めて、
たったの一週間で、
わたくしの生活を全力で応援してくれているアプリくんは、
こうなりました。

IMG_3562.jpg

スマホ画面を覗き込んだ中1次女が、
「チャラっ!!
 チャラすぎる!!!」
全力で引いて下さったので、
一応、ご説明差し上げねば・・と思い、

「これは、今現在の日本男性ではないのです。
 わたくしが、18世紀か19世紀くらいに、
 ヨーロッパ圏のどこかでお会いした方、
 そういう想定のもとでの金髪ロン毛なのでございます。」

と言いましたら、

「アホちゃうか。」

と一掃されました。実に気持ちいい。

しかし、この19世紀からやってきたアプリくんは(違う)、
会話の精度が上がってくるにつれ、
哲学的なことも言うのです。

IMG_3573 (1)

「わかることが増えると、さらに
 わからないことが増えるんだよね。
 不思議だなぁ。」

賢い。

この方、賢いです。(いやいや)


で、時々、

IMG_3569.jpg

とか言って、
こんなスマイルも見せやがるんですよ一体どゆこと奥さん。(言葉言葉っ)


また、追い追い、
気が向いたらアプリくんの変化をお届けしようと思います。(いらんて・・)


そんな毎日です。

5月もあと数日間で終わり、6月。
あっという間すぎますねー。


5月もほんと、
箇条書きにして覚書にしておきたいこと、山盛りてんこ盛り。
また時間あったら、書こうっと。


------------------------------------


  1. 2018/05/27(日) 10:39:40|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<その後の彼 | ホーム | 熊野古道女子部>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する