FC2ブログ

佳矢乃のキノミキノママ日記

表向きは「トラブル」に見えても

2018年3月5日


前回書いたアロマサロン・クラーベさんに行った日の、

その前後のこと・・・

よくまあ、
こんなにも次から次へと起こってくれるもんだってことを、
聞いていただけますか。(え)

かなり長いです、お時間のある時にでも。ふはは。

-----------------------------

まず、クラーベさんに出向く直前の朝のこと。

いつものように長女を車で、
高校まで送り届けて、
次、着替えるために自宅に一旦帰る途中でした。

車を走らせていたら、
パシッ!!とかなりの衝撃を受けまして・・。

「うわ、なんか当たった・・。」
と、見ると、
フロントガラス運転席側の隅っこに、
小さな丸いヒビが入っているではありませんか。

小石か何かが飛んできて当たったみたい。
これは、かなりショックでした・・。

わたしの愛車、
軽の中古で10年前の離婚と同時に、
当時それほど金銭的に余裕なかったけど、頑張って購入。
もともと気に入ってる車種なので、
これからもしばらくは乗り続けるつもりでいました。

だから、
突然起こったトラブル、
フロントガラスに入ってしまった小さなヒビ。
それだけでも、
運転しながら、意気消沈しかけていました。

「うええ・・・、
 これから宝塚まで長距離運転もせなあかんのにぃ・・。
 このまま長距離乗って大丈夫なのかー?」

という不安も重なって。

その後、ガソリンスタンドに立ち寄って、
ガソリン満タン、エンジンオイル&エレメント交換まで済ませ、
ワックス洗車まで済ませたら、

最初はただの小さな丸だったヒビの亀裂が、
はっきり筋になって、
どんどん亀裂が伸びているじゃありませんか・・。

「え、うそやん、ヒビ伸びてるやーん・・・(泣)」

これまた、がっくりがっくり。

あんまりがっくりして肩を落としているわたしを気の毒に思ったのか(笑)、
ガススタのおじさまが、
「宝塚まで行くんなら、
 せめてテープでも貼っとこか?」

と透明の補強テープを貼ってくれましたが、
ひび割れの上に貼り付けた補強テープの、
なんとみすぼらしく見えることよ・・(ありがたかったけど。笑)

待合室で、
すぐさま保険でお世話になっている車屋さんに電話し、
今後どうしたらいいかを聞いて、
まあ、ひとまず安心したものの、
あいにく車両保険には入っていなかったし、
突然の自費額を聞いて、またまたがっくり・・。

そんな気落ちした状態で、
宝塚に向けて、高速に乗りました。



でも・・・ですね。
こういう時のコツ。

気落ちするときは、しっかり気落ちする。

それを許す。

出てくる感情は、
無理に打ち消そうとしないことがコツ
だ、
って知っていますので、

出てくる感情は、
とにかくその時しっかり味わい切るんです。


今回もそれをしました。

運転しながら、
「くそーーー、いやだーーーー。
 うううー、くやしいーーー。」

と、声に出しながら(笑)
ジリジリ湧いてくるがっかり感をひたすら味わいました。

そしたら、

突然ふっと
一つの言葉が、ふっと湧いてきましてね。

「大難を小難に変えたよ。」と。

ハイヤーセルフ(隊長とわたしは呼んでいる)、
高次元の視点から見ている自分の魂から湧き出たものなのか、
どこからのものかはわかりませんが、
かなり力強くはっきり感じました。

おっと、そうだ。
きっと、そうだ。

最近、貧血でのめまいが起こりがちで、
運転中もちょっとクラっとしたことがあったので、
今日みたいな長距離運転中に、
クラっとして大事になってしまう可能性だって、
ゼロではなかったかもしれない。

それが起こる前に、小ちゃな難に変えてくれた。
そういうことって、ありますよね。

だから、
これは、
トラブルのように見えるけど、
捉え方によっちゃ、

「この程度で済んで良かったんだ!」と。

そうすると、人間 図太いもんで(笑)
本当にそうだと思えますから、
途端に気持ちは晴れ晴れ、
突然の出費くらい、あの額だって、

どうせ入ってくる。

と思えて(笑)、

そこからはもう、
何が起こっても、なんのその気分。ふはは。

各ジャンクションもスイスイのスーいとこなして、
宝塚までスムーズに行けたのでした。


で、アロマサロンでもフロントガラスの話をしたら、
クラーベさんは、
「ヒビを入れて、殻を破れってことだったんですかね。」
と、にこやかに仰って下さる。

えへへ、そうですよねえ。

殻を破れ。ってことも、
最近、何回も来るメッセージでしたから、
そういうサインでもあったんだろうなあ。

------------------------------------------

そうしてアロマの至福時間を終えてから、

今回のニューロは脳神経の回路を緩める作用があるので、
今かなり、ゆーるゆるだと思うので、
帰りの運転のために、
ピシッとするようなカレーとか食べますか。

と、
近くのインド料理屋さんでカレーを美味しくいただいて、
スパイスでピシッと「締めた」はずが・・・(え)

クラーベさんと別れて、
いざ、駐車場に戻って車に乗り込んだ時、

「あれ・・。
 駐車券、どこ締まったっけ・・・。」

入庫した時に駐車券を取って、
それをどこにしまったのか、
まったく、
まったく記憶になかったのです・・。(えーー)

普段のわたしなら、お財布に入れるはずなのに、
いくらお財布の中を探してもありません・・。

えーー、まじかーーー、
どこに置いたんだーーーー。
(その日2回目のプチがっくり、笑)

かなり時間かけて車内や服のポケットも探したものの、
見当たりません。

とにかく一旦出口まで行って、
センサー機械の呼び出しボタンを押しました。
プルルルル、プルルルル。

したら常駐の係員のおじさまがすぐさま来てくれて、
取り立てて罰金もなければ、
名前を住所を書類に書くだけで済ませてくれて、
「あらー、◯◯◯から来られたの?
 遠いところをー、はいはい、1,000円、
 はい、これで通って結構ですよー。」

と、なんとも優しく、なんとも優しく(笑)
ああ、ありがとう・・おじさまありがとう・・・と、
夜の宝塚を出ようとしたら・・

(え?まだなんかあんの・・)

ちょうど宝塚大劇場の目の前の一方通行の道を走ることになって、
制服姿の宝塚音楽学校の生徒さん3人歩いているのを眺めながら、
この細道でほんと大丈夫なのか・・と、
スマホのナビに従って走っているものの、
なんか大通りに一向に出る気配がない・・。

まあでも、この道筋を通れって言ってくれてるから、
行こうか・・と、
おそるおそる走らせていたものの、

まっすぐ行かないといけなかった信号のところを、
うっかり前の車が右折するのに釣られて(え)、
わたしも右折してしまい(えー)、
まったく真逆に向かって走り出してしまう凡ミス。

走り慣れてない街を走ると、こういうことが起こりがち。

いかんいかん、Uターンしないと・・
と、
なんとかUターンできて・・、

はい、大通り乗れたー・・・
はい、高速乗れたー・・・とホッとしたのも束の間。

(え。また?)

本当は左車線側の松原ジャンクションを目指さないといけないのに、
なぜかスマホのナビはずっと右側車線を示していたものですから、
馬鹿正直にそのまま右側車線を走っていたら、
あら・・あらら・・・あらららら・・・
左側に見える松原行き表示をスルーする形で、
わたくしの車は、
真逆の京都行きの車線に入って行ってしまったのです。

ほんと、
どんだけ無駄な回り道を繰り返してるんだ・・。

と自分のミスを責めそうになるところですが、
以前のわたしとはもう違いますよー。(え)

こんな凡ミスしたって、
決して自分を責めないであげる。

いいの、いいの、ミスしたっていいのいいの。

それに、
もうこれだけいろんなことが起こっているから、
(起こしてんだよ)

「ふっ。京都に行く前に、
 手前のどこかで降りればいいのさぁ。」

と、意味なく余裕をぶっかまして運転し続けてみると、

これまたラッキーなことに、
走行距離たった2kmくらいで高槻・茨木出口を見つけ、
余裕のよっちゃんのまま高槻・茨木に一旦上陸し(言い方)、
すぐさま高槻・茨木インター入口から再び高速に乗り、
松原ジャンクション向かって、
無事軌道修正できたのでした。

ほれ、みなさい。(なぜドヤ顔なのか)


しかし、
一体この人は、なぜこんなにも凡ミスを繰り返すのか。
と思いますですよね。わはは。

本来の自分の本質がピヤーーッと溢れ出ちゃっただけ
いいのだ、それでいいのだ。ふははは。

さすがにこれで凡ミスは終わるだろう・・、
と思いながら運転を続けるも、
フロントガラスの亀裂は、
ガススタのおじさまが貼ってくれたテープをはみ出して、
さらにさらに亀裂が伸びていく始末。

やばい・・、
このままでは視界を遮るほどのヒビになってしまう・・。

そんな緊張感と危機感を味わいながら(笑)
なんとかかんとか、
深夜、自宅に帰りつけたのでありました。
なんてスリリング♡(え)

この1日で、一体どんだけ〜なのか。と。(笑)


やー、なんでしょうか。
でも、
この一連の凡ミス続き、うっかり八兵衛ミス、
突拍子もないトラブルが立て続けに起こっても、

「なんとかなるさ。」的な気持ちで、

実際、
「なんとかなった。」のです。

そう、
なにがあっても、

「なんとかなる。」もんなんですよねー。


本質の自分を隠そうとしなくってもいいんだし、
ミスしちゃった自分を責めなくてもいいんだし、
ミスしちゃったくらい、なんてことない、あるある♪


そんな自分だって愛おしいじゃないですか。


京都行きの車線に乗っちゃった時なんて、
思わず、一人爆笑しちゃいましたもんね。
呆れるの通り越して、面白くて面白くて。(笑)


という、
実験でも結果報告でもなんでもない、
ただの、
はちゃめちゃな1日を報告しているだけになってしまいましたが、

表向きは、
自分にとっては都合の悪いこと、トラブルのように見えても、
捉え方によっては、
「おもしろいネタ」にだってできる実証記録。(そうなの?)



【本日の実験?と結果・・なのか?笑】

笑い飛ばしていこう。
ネタにしていこう。

今は笑えなくても、
いつかは笑い飛ばしてやろう。

そんな心持ちが、
この地球で生きて行く、最強の術。


・・のように、わたしは感じます。
  1. 2018/03/05(月) 20:26:08|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0
<<啓蟄に思う地球歴・惑星の並び | ホーム | アロマオイルの魔法で一つの封を開ける>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する