佳矢乃のキノミキノママ日記

パイプ(役)になる

2018年1月28日


仕事の合間に、
個展用の絵を絶賛製作中です。


この「もう一人の自分の絵」に関しては、
描く時に、
意識的にパイプ(役)に徹するといいますか、

できるだけ、
「なんにも考えずに描く」ようにしています。

というのも、
この一連の作品群の最初の絵「001 はじまり」が、
そんな感じで、
「なーんにも考えずに描いていたら、こうなった。」

・・という風にして生まれたもので、

IMG_1682.jpg
(「001 はじまり」)


そして、いくつかそうやって、
「なーんにも考えずに」描いていくうちに、

たまたま2作目で描いていたものを、
お友達に手渡しましたら、
その方が1週間後にすごく嬉しい出来事があったと教えてくれて、

その時の記事がこちら。

o-18soulmate002.jpg
(「002 鳥かご」)

ものすごく嬉しくて、

この絵に関しては、
なーんにも考えずに描いた方がいいんだろうなあ、とはっきり感じました。

それで描き貯めたものを、
昨年11月に東京で初めてお披露目させてもらえたのですが、

そこで、
10作品展示中、7点も!
それぞれご縁のあった方々のところへ貰われていったんですが、

先日、
その内のお一人から、
とても嬉しい感想をいただきました。

その方は、この絵を買って下さるまで、
実は何度も遠くから会場に足を運んでくださっていました。

「絵を大好きだけで即決してお迎えできなかった理由は、
 これは現実が動き出すわ、と感じちゃったから。」

「自分なりの覚悟、向き合う時間。」

「自分が受け取り拒否していたら、現実化しないだろうこと。」

をしっかり感じてはって、
その上で、ある一枚の絵をお買い上げくださって・・、

で、
その後、

「絵のお代金相当分が、別の形でほぼほぼ戻ってきたこと。」

「気になっている方と関わる機会が増えている気がする。」

など・・

「無い、から、在るんだ、になる感覚が面白かったです。」

ともお伝えくださいました。

この感想を頂いた時に、
わたし自身もぐっと嬉しく、体温が一気に上がった感覚になりました。
本当にありがたいです。

----------------------------------

もともと、
「自然なままで愛を育めるカップルさんたちが増えたら、
 世の中、平和になるのになあ。」

とは思っていたものの、
そんなわたし個人的な願いを込めようが、込めまいが、

この方ご自身のもともと持っているエネルギーといいますか、
そんなものがフワッと浮き立つようなお手伝いができたんなら、
それ自体すごく幸せなことで、

やっぱり、この絵は、
わたしのエゴや願いは置いておいて、

パイプになったつもりで、なーんも考えずに描こう。

と思いました。

自然になっていくままに任せておいたら、なっていた。

そんな絵にしようと思います。



  1. 2018/01/28(日) 16:32:59|
  2. もう一人の自分
  3. | コメント:0
<<しずくふたつの絵・狼について | ホーム | 個展「しずく詰め合わせ」のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する