佳矢乃のキノミキノママ日記

内側と外側と地球という星

2017年9月26日


ちょっと、
とんちんかんに聞こえるかもしれないことを書きますよぉ。


信じられないなーと思われたら、
全然信じられなくていいんです。

ちょっとわかるなーと思ってもらえる方にだけわかってもらえれば、
それでいいです。

でも、わたしの中では、
「そういうことなんだよねえ・・。」

と腑に落ちていることでもありますです。

-----------------------------------


自分の内側で葛藤(戦い)が起こり続けているうちは、
自分の外側でも戦いが渦巻いていて、

ひと、一人に対して、
半径何m、何kmかはわからないけど、
葛藤のエネルギーの波紋は広がり続けていて、

そういう人がたくさんいるから、
この世界、
この地球上で起こっていることも葛藤まみれのことが続いている。



自分の内側に、
葛藤がなく、嘘もなく、建前もなく、

素のままでリラックスして、
本音のままで生きられるひとが増えたら、
(周りに本音という毒を投げつける行為では決してありませんよ。)

これも同様に、
ひと、一人に対して、
半径何m、何kmか、
穏やかで安心している状態のエネルギーの波紋が広がり続けるから、

そういうひとが増えれば増えるほど、

この世界には安心感が広がって、
この地球上も、
心温かる出来事が増えていくんじゃないかな。

・・と、理想でしかないと言われようとも、
わたしはかなり真剣にそう思っているし、
あと、気付いているひともかなり増えてきている気がする。


目にする情報がどんなものでも、
それに振り回されることなく、
同じ負のエネルギーに染まってしまうわけでもなく、

自分の内側を整えることを最優先にして過ごすひと。


もう、
何かと競い合っている場合でもないし、

何かと比べている場合でもないし、

何かから、誰かから奪ってやった!と喜んでいる場合でもなくて。

(相手をお安く利用できた!という感覚もコレです。
 循環のエネルギーがそこでストップするので、
 なんの事業をするにしても、
 相手を安く利用しようとすればするほど、
 いずれ頭打ちしますヨ。)



そんなの全部ひっくるめて、
自分に還ってくるんだから、
早くそのことに気づいて、

自分の内側にだけ集中したらいいんですよ、と、

言い切ってもいいと思います。


相手に何かをしてもらったら、
健全な対価(エネルギー)を相手にちゃんと支払い、

自分が誰かに何かをしてあげたら、
自分も健全な対価をきちんと受け取り、

余分に受け取ってしまったとしたら、放置しないで、
その分を他の何かに還元し、
健全なエネルギーを回していくこと。

「お礼」をちゃんとすること。

エネルギー的な観点から、
健全な状態でいること。

競い合って優越感を得たとしても、
そのエネルギーは「枯渇」が元で起こっていることだから、
いくら相手を負かしたところで、
一瞬は甘美な感覚を味わえたとしても、
本当の意味で満たされたわけではないし、
そんなことを繰り返し繰り返しやってみたところで、
いつまでたっても、
その「枯渇」は埋まらない。

だって、
「枯渇」はそもそも、「無い」から。

「ある」と錯覚しているだけ、だから。


自分の内側の状態を安心感で満たせるのは、自分だけ。

自分から満たすだけ。

外側の条件を満たすことと勘違いしがちだけど、違う。


自分の内側、
今すぐ、今この瞬間にすぐにでも。



そういうことらしいです。


------------------------------------

  1. 2017/09/26(火) 11:30:33|
  2. 思うことpresent
  3. | コメント:0
<<かなり前の話・パワースポットとか | ホーム | もっと「ふとしたこと」を大事に>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する