佳矢乃のキノミキノママ日記

ドラマを見ていて・・

2017年7月9日


6月末に、
大好きだったドラマが終わり、

(すみません、本音をいうと、
 J系タレントさんって一部を除き苦手だったんですが、←偏見を持っていました・・。
 このドラマに出ている彼らに対しては好意的に変わりました。←単純なわたし。笑
 いろんな偏見を乗り越えて、彼らも頑張っているんだなあ・・って。
 自分が偏見を持っていただけに・・。たはは。)



7月に入り、同じ枠で新しいドラマが始まり・・

娘たちと昨夜見ていて、
「う、うーーーん・・・、見るのがつらい・・。」
と皆んなで唸ってしまいました・・。



好きなタレントさんが出ているから見たけど、

「このモヤっと感。
 つらさ感はなんなんだろう。」

「ただ、
 かわいそうでしかない、
 このつらさって一体・・。」と・・・。


前の枠のドラマは、
登場人物それぞれの持ち味も、台詞回しも、関係性も、
なんかすべてが、
心地いい輪の中にあって、
心地よく回っていって、

とにかく「見ていて、心地いいドラマ」でした。


ところが、今回は、

「どうしてそんなに、
 嫌悪感を抱かせる役の人が、
 こんなに多いんだろう・・。」

と感じてしまったんです。

比べなくてもいいんですけどねえ〜。


地球の生活は、実際、
ここまであからさまに大人気なく、
嫌な態度を取る人・・・、
攻撃的な人・・、
人を蔑む人・・、
いるかなあ・・。


あ。いるか・・・・(遠い目)

いますね・・・(苦笑)


たまーに、いますけど・・・、

いつもそういう方々に接するたびに感じるのは、

「攻撃的になったり、
 上から目線になったり、
 あからさまに人に嫌な態度を出す人は、
 実は、
 心の中に、
 相当な怒りや悲しさを溜め込んでいて、
 吐き出す先を間違えているだけ。」

と思ってしまう・・。


でも、そこに同情するんじゃなくて、

できるだけわたし自身、自分の心も保ちたいから、

実際やりとりはしないといけない人でも、
心の距離は置くようにしていて・・、

その方々が、その方々なりの宇宙の宿題をしているだけ。

と思うようにしています・・。



自分たちの生活だって、
いわゆる
「自分たちで演じて、演出している」ものなんですよね。
そういう意味では、ドラマであって。

自分の感じたことを元に、
フィルムが回っている。

その映し出された現実を、また自分たちが見ている・・。

見て感じたことを元に、
また自分の行動を決めて、行動して、
毎秒ごとのフィルムを創り出している。

毎秒ごとのフィルムだから、

1秒先、2,3秒先の行動も、
実は自分の選択次第で、いかようにもできる・・。

そうなると、

どういう脚本にして、
どういう演出をして、
どう演じるか。

は、自分の心ひとつ、なんだなあと思います。

誰かの描いた脚本、
誰かの演出で監督されて、
「演じさせられたもの」ではなくて、

自分が「演じたもの。」

そして周囲でも、
たまに、いやーな役が登場しても、
自分のフィルムの中で、
どう変換させるか。

そこが腕の見せ所・・・(笑)


なーんて偉そうなこと言ってますけど、

もう、
「見ていて不快なもの」には、
敢えて触れなくてもいいのかもしれませんね。
素敵なドラマにしていきたいですもの。


でも7月始まりの、このドラマ。
しばらく見続けてみよう。
毎回、見ていて辛かったら見るの辞めるかもしれないけど、
まだ初回ですもんね、この先わかりません。

それに、
「嫌な役」を演じている人のことも、
偏見で見ないように気をつけないと。うん。(笑)

全ては「偏見から勘違いが起こり」、
勝手な解釈で、
自分の人生に直接関係ないことまで、
自分の感情に取り入れてしまいがちになるから、

それは、ちょっともうしんどいのがわかっているから、
できるだけフラットに、

「ただ、その人は、そうなだけ。」で終われるようにしたいです。


実生活でも。


----------------------------

  1. 2017/07/09(日) 12:56:49|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0
<<思考停止でジャッジがなくなる | ホーム | 好きなものを一つずつ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する