佳矢乃のキノミキノママ日記

怒りって

2017年6月1日


ハイヤーセルフリーディングをしていますとね、

お客様の中には、

「まだまだ怒りが出てくるんです。」
「まだ、こうしないといけないという思い込みが手放せません。」
「自分がそこまで受け取っていいのか遠慮してしまいます。」

とおっしゃる方もいらっしゃいます。

よーくわかるんです。
私もまだまだそんな感じですから・・ええ。

全然、怒りなんて湧いてくることしょっちゅうですし(え・・)

なんでこんなことわからんねんっ!とか。(え・・)
なんでそんな風にゴミ捨てたままやねん!とか。
外でゴミ捨てんな!とか。
(ゴミばっかり。)


なんか・・・
怒るって、
印象だけいうと、全然良くないことって教えられがちですし、
怒っちゃいけない、って思いがちになるんですよねえ。

でも、

「聖人君子にならないといけない。」
「エゴを手放さなくてはいけない。」
「ブロックを外さなくてはいけない。」

「悟らないといけない。」←これって感情をなくせってこと?って私は感じます。

「神様のようにならないといけない。」とまでは思ってなくても、

どうも、
「今のままじゃいけない。」と、
やっぱりどうしても思ってしまうのは、
もうこれ、仕方ないもんなんだろうなあ・・
と私は思うわけです・・。

そして、
それでいいじゃないですかー、とも本気で思うわけです。

怒りって、
あれなんですって。
これ、どこかで読んだばっかりで引用させてもらうんですけど、

怒りって、
単に腹いせや八つ当たりで周りに当たり散らす「怒り」と、
自分の尊厳を傷つけられそうになって出てきた「怒り」では、

質が全然違うんですって。


ヒステリックに当たり散らす、
相手をやり込めるくらい怒鳴り散らす・・「怒り」というのは、
その人自身、
無意識に「自分には力がない」「価値がない」と信じ込んでいるが故に、
「自分には力があるんだと相手に知らしめたい怒り」
「自分は君より大きい存在なんだと知らしめたい怒り」

という、
愛がない「怒り」なので、
それは毒・闇・・・になって、その人自身がまみれてしまうことになる。

結果、
どんどん「愛のない怒り」を発する出来事が、
その人を襲い続ける。(こわーこわー)

その人に気づいてもらいたくて、ですけど。(これが宇宙の愛)


なんですが、一方で、
妙に相手に馬鹿にされた時とか、
なぜかなめられたような態度を取られたりとかして、

そういう時にこみ上げられてくる「怒り」というのは、

宇宙の分身でもある自分の魂、
その尊厳を、低く見積もったな、おのれ・・・(え)、
という「怒り」は、

自分(魂=宇宙)を愛するが故の「怒り」なので、

愛が発露なんですって。

自分を愛しちゃいけない、って教えられるのって、
あれは単に「ナルシストになっちゃいけない。」
ってことがバックリひとくくりにされすぎてしまって、
自分自身を愛するのはダメなことだって勘違いされた考え方だと思うんです。

自分を愛するって基本でして・・、
魂の存在層では、
自分も周囲の存在すべても、みんなひとつなので、
「自分と他人」という分離した考えはないんです。

自分を愛する、ってことは、要は周りも同じくらい愛してる。
愛って、単に好きってことでもなく、情でもない。

その存在のそのまますべてを受け入れている様(さま)、

自分のこともそのまま。
相手のこともそのまま。
周りのこともそのまま。←この境地に至るのはまあなかなか;ですけど。ふはは。

・・だと、今のところ自分は感じているので、

自分を卑下するってことは、周りも見下すことに、宇宙も見下すことに・・、

だから、
自分が見下されたら、
それはもう「怒っていい。」と・・。

そういう怒りは、
一瞬バシッと表に出して、相手に怒りをバシッと示して、
それで終われる。

出していい、んだそうですよ。

あと、なにも残らない。
すっきりさっぱり。

もともとは「自愛」が元となっているんだから、
出していい「怒り」。

なるほど、ですよねえ。


その「なめてきた」相手自身も、
まだ自分のことを愛せていない方が多いでしょうから、
そういう誰かを自分より下に見積もって、
自尊心を保とうとしているだけなんですよねえ。

だから、そういう方々はそういう方々でご自身で気づいてもらって、
こちら側は、
自分の魂を守るだけ。

バシッとね(笑)。

一言だけ冷静に低い声でね、

「今、わたし、なめられましたかね?」

とかね、

自分はこう感じましたよ。
と、
相手に言うだけで割と効果ありますよぉ。ふははは。(なに指南してるのよ・・)


(でも、怒らないで、
 見下されたままでも、
 「ああ、あの人は自分の事そう思ってるんだなあ。」とそのまま受け入れて、
 「はい、そうですよ。あなたはそう思ってていいんですよ。」と、
 それをも、受け入れている人が実際いらっしゃる・・。
 わたしはその人を見ていて、いつも尊敬します。
 本気で、すごいなあ・・って。)



-----------------------------------------



  1. 2017/06/01(木) 14:19:10|
  2. 宇宙・魂・いろいろ
  3. | コメント:0
<<八咫烏ナイト | ホーム | 急に切り替わった!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する