佳矢乃のキノミキノママ日記

神社のこと。

2017年5月7日


朝から熊野本宮大社に参拝してきました。
以前、宣言したことに対するお礼参りで。

いきなり話がそれますが、

神社によっては、
人々のお願い事ばかりが多すぎて、
空気?場のエネルギー?が枯渇している箇所もあるようです。

そして場合によっては、
人々の「念」も渦巻きやすい場所なんでしょうか、
もしかしたら、
そこに参拝した人々がどういう「想念」で訪れているか・・
にもよるのかもしれないなあと思ったりもします。

どうしてかと言うと、
名前は伏せますが、
過去に他県の某神社に行った時、
境内に入るや否や、
首から肩にかけてずっしり重くなったことがありました。
単なる肩こりとは明らかに違う感覚・・
そこまでの重さや嫌悪感は初めてだったので、
私もびっくりしたものの、
「まさかな。」と思いながらそのまま境内に入りました。
お参りするにも結構な行列になっていて、
その参拝している方々の所作を見ていたら、
またまた、
人々の重くて暗い怨念が渦巻いているような感覚を覚えたといいますか・・、
とにかく重いエネルギーに包まれていたので、
こりゃいかんっと思って、
早々にその場を離れたことがあります。

いくら神社でも、
近づかない方がいい場、
というのもあるんだなあ、とその時学びました。

常に清められている場だとしても、
場合によっては、
集まってくる人々の想念次第で左右されることもあるんだなあ、と。


神社は、お願い事をするよりも、
「こういうことをやっていきます。」
と宣言しに行く場所だと聞いたことがあります。

何かの執着めいたお願い事よりも、
どこか清々しくて気持ちのいい宣言や誓いを立てる場、
そういう思いで訪れる人が増えれば、
神社の場のエネルギーもさらに軽く循環する?のかなあ・・。
そう考えたら、なんとなく腑に落ちます。


話を戻して・・、

私は熊野本宮大社では、
大鳥居のある大斎原の磁場が大好きでして、
行ける時は、
お願い事や願掛けをするわけでなし、
ただただ歩くだけなんですが、
それでもいつ行っても、
エネルギーが循環しているなあ・・とハートがじわじわ温かくなったりします。
今回は時間の関係上行けずに残念。


ちなみに、本宮大社参道下にあるカフェアルマさんで、
イラストを描かせていただいたグッズ販売中です。
八咫烏Tシャツ、マグカップ、人気だそうです。
連休中もたくさん来訪があったようで、
外国人観光客さんには大きいサイズが出るそうです。


IMG_0299.jpg


  1. 2017/05/07(日) 19:09:26|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0
<<「赤い糸」付箋ペアセット | ホーム | 映画4つ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する