佳矢乃のキノミキノママ日記

同じ世界

2016年7月14日


昨日、絵本「生まれる日」のことを書きましたが、
多少これから
スピリチュアル系なお話に触れることが増えてきそうなので、
改めて、
私の個人的な考えなんかを書き記しておこうかなあ、と思います。

精神世界と現実世界って分けて考えられがちですけど、
これ、全然分かれてなんかないですよねえ‥、
むしろ、一緒くた ですよねえ‥、
っていうのが今の私の意見です。

現実世界を生き抜いていく智慧が、
精神世界(宇宙)にもたくさんあるよってだけで。

太古の人たちは、
今よりもずっと感覚で生きていたから、
そうした宇宙とのつながりもちゃんと感じ取っていて、
だから、地球を生きていく智慧や恩恵も受けてこれたんですよねえ、と、
思ったりしますしねえ。
でも、いつの間にか、
そうしたことが捻じ曲げられて伝えられて、誤解を受け始めて。

もともと同じものなのに、分けて考えだしたもんで、
片一方が正解、片一方が間違い、なんてジャッジし始めて。

ずっと感じてきたことなんですけど‥、

スピリチュアルの世界だけで生きようとしたり、
逆に、
精神世界を信じる人たちをバカにして、
現実的思考だけに価値がある、と言い切って生きようとしたり、
(それはそれで有りなんだろうと思うんです。
 その方が誰かの軸じゃなくて、
 ちゃんと自分の軸・感覚を大事にされて生きているんなら。)

どちらか一方だけの世界で生きるのは、私は違うなあと思っていました。

なんとなく、私は、
どちらも同じ世界で繋がっている、
そこで中庸なバランスを保っていたいなあ‥、そう在りたいなあ、と、
ずっとずっと思っていました。

だから、
「天使がそう言ってるの〜。」とか、
「高次元の存在がそう言ってるから、そうするの〜。」と、
自分の決断、行動を完全にそっち任せにしてしまう様子にも、
まだすごく違和感を感じています‥。正直にいうと。(毒舌すみません。)

できれば、
自分と何かと、を分けないで、同じだと受け止めたい。
それが魂や高次元の存在であっても、自分とそれらを分けてしまって、
「ソレがそう言ったから。」と言いたくない。
結局、それは自分以外の誰かに、自分のすべてを明け渡しているってことだと私は感じる。
そんなものを理由にして、
「自分を生きていない」なんて、なんかもったいなく感じる。

もちろんソレの言うことと、自分の感覚が一致したら、
タイミングバッチシだろうし、
それこそ自分と何かがひとつになった瞬間で最高だ。
自分の感覚が、宇宙と一致したってことだから。

でも、そうじゃない時もあります。
一致していないなら、
一致していない事を自分の感覚で感じたんなら、
その違和感を大事にした方がいいこともある。

でも私はずっと自分の感覚は妄想だ、と思ってきました。
違和感を感じてるくせに、
「いや、自分の感覚なんて。」と無視して、
いっぱい痛い目みてきました。
(今思えば、その経験もすごく良かったんだ!って思えてます。)

だからしんどくなって、
「そろそろあんた、いい加減にしなさいよ。」と、
目覚まし時計を強制的に鳴らされた、そんな気がします。
もう、無視できない。

自分の感覚を信じるのが怖かった自分を自覚しました。(何回、自分言うてんの。)
それにも理由はちゃんとあったんですけども。

だから自分の奥底を「知る」って大事。
自分の奥底を逃げないで見る、って大事。
それでないと、本当の自分を生きられない。

すべてひとつ、自分もまわりも、光なんだから、
自分の軸ってそういうことだ。

長い間、もうかれこれ10年近く、
魂の本質ハイヤーセルフとやりとりしてきました。
最初は、別世界を生きれるような錯覚に酔いしれました。
でも違った。
別世界なんかじゃない。
「現実」と「あちらの世界」なんて、勝手に人間が分けて考えてるけど、
まったく別れてなんかなかった。
むしろ同じなんだって。

自分が今、この現実世界を生きているからこそ、
魂の本質が本来の自分の感覚を取り戻そうと、
何回も何回もあきらめずにサインを送ってくれている。
でも、これは特別な能力を持っている人だけ、とか、そういうことじゃない、
誰もが、そんな風に、魂や宇宙がサインを送ってくれてて、
気づいて受け取るか、気づかないまま(自分の感覚に蓋をしている)か、
どっちかなだけで、
みんなやろうと思えば普通にできること、
なんですよねえ‥。
なんですよ。
なんです。

(ちょっと弱気に徐々に断言してみた。)

とか言いつつー‥、
わたくしもまだまだ全てがわかってるわけではないですし、
まだまだわからないことだらけです。
アホなこともいっぱいします。

それも面白がって、楽しんでいけたらいいなあ、と感じてて、
こんな風にたくさん模索しながらも、
自分の魂や心を軸にして、この地球を生きていく。
それって、人生の本気ゲームなんだな、と。
その本気ゲームをやりたくてココを選んで生まれてきてる。
考えてみたら最高に面白いことなんですよねえ‥って。

というのが、今の私のスタンスです。


なんか本当に文章にしようとすると長くなる。
もっと端的にズバッと言いたい。
でもそうすると受け手の尺度で曲解されて、モヤっとすることもいっぱいあった。
それが苦しかったんだよなあ。でももう知らん。(え?)
タイミングも完璧なんだから、全部任せよう、うん。

長々と読んでくださってありがとうございます。
ということで、
自分の感覚を、一番、信じてあげてくださいね〜。
  1. 2016/07/14(木) 21:33:46|
  2. 思うことpresent
  3. | コメント:0
<<今朝のpresent | ホーム | 絵本「生まれる日」のこと>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する