FC2ブログ

佳矢乃のキノミキノママ日記

「隊長!まみれてます!!」

2016年4月15日


昨夜の熊本の地震、
たまたま友人とツイートしてて、
流れてきた「震度7」という文字を見た瞬間、凍りつきました。

まだ大きな余震が続いているのでしょうか。
九州地方の皆さまが、少しでも早く、
安心して過ごせる日が来るよう、心から祈ります。

----------------------------------
ところで、
今日、身体のメンテナンスのつもりで整体に行ってみました。

わたしは女性にしては、かなり身長が高い方で、
中高生の時から、背を低く低く見せたくて、猫背になっていました。
もうこの年なんだから、
堂々と、背筋を伸ばしたらいいのに、
なかなかその癖は治りません。

でも、最近、意識して背筋を伸ばそうとしても、
本来どこまで背筋を伸ばしたらいいのか、すら、わからなくなってたんです。
極端な話、のけぞりすぎたりするんです。

普段の姿勢も気持ち悪いままなので、ここはひとつ、
本来の正しい姿勢というものがどういうものなのか体感したくて、
ちょっと遠出でしたけど、
良さそうだなと感じた整体に行ってみたんです。

Beforeの姿勢での写真撮影です。
それを見て、がっくりしました。
思った以上に身体が前かがみ、首が前に倒れてて、まるで亀さんです。(亀さんに失礼だよっ)
それだけ姿勢や骨盤がゆがんでいるんだ、と教えていただきました。

一回、やわらかな施術をしてもらっただけなんですが、
Afterの写真撮影。
立っているだけで、さっきと違う!とすでにわかります。
もちろん、写真に写った姿も、まっすぐな姿勢になっていて。。

本来の姿勢ってこういうことだったんだ!と思い知りました。

Beforeの姿勢が、ちょっとどんなだったか思い出せないくらい‥、
Afterの今は、
地面に着いた足の裏から、何かが背骨を通り抜け、
登り、
頭頂まで一直線に駆け上る。
そんなイメージを初めて持てた感じなんです。

心なしか呼吸もしやすくて。

とても心地いい、身体の中心部をスコーンと抜けて駆け上っていく、
そんな心地よさでした。

とはいえ、明日明後日‥だんだん元どおりになるんですって。
だからしばらくは数回通ってみます。
本来の姿勢を、自分の脳にインプットするために。

隊長、わたし、長年染み付いているものを手放して、
身体も心も、
本当に、そろそろ本来のものに戻りたいです。


隊「うむ!!良いと思う!!!
  めっちゃ良いと思う!!!」

私「あれ、本当に最近の隊長は、
  前みたいに、
  『うむ!!馬鹿者!!遅すぎるわ!!』とかキツい言い方をしないのですね!!」

隊「言って欲しいか!!!」

私「うーん、言って欲しいか欲しくないか、あんまりどっちでもいいような。」

隊「どっちでもいいのか!!!」

私「優しすぎるのも、ちょっと拍子抜けする、といいますか‥。」

隊「Mだな!!!」

私「いえ、最近、そうでもないんじゃないかな、と思ってます。」

隊「うむ!それはそうだな!!
  完全なMでは、ないな!!!」

私「‥‥(そのストレートな言い方なんとかならんのか、と思いつつ)
  わかりますか、隊長。
  私の、裏に潜む‥‥」

隊「裏に潜む刀、だな!!!
  いつ、サヤから抜いてもおかしくない刀を持っている!!!」

私「恐ろしい表現はやめてください!
  銃刀◯違反で逮捕されたら隊長の責任ですよ!!」

隊「だからこそ、ソフトに見せようとしていることもお見通しだ!!!」

私「そこまで暴露しなくても‥!!
  いろんな方々が読んで下さってるのかもしれないんですから‥!!」

隊「いろんな方々だって一緒だろ!?
  みーんな、猫かぶってんだろ!?」

私「またそんな暴言を!!!
  そんなことない人だっていますよ!!」

隊「でも、それで隠すのか!?
  いろんな人の目を気にして、猫かぶったままでいるのか!!!
  いたいのか!!??」

私「いえ、もう、猫かぶっていたくないです‥。
  隠すつもりもないです‥。」

隊「だろ?!!
  なら、いいじゃないか!!!」

私「そうなんですけどぉ‥、なんて言うのかな〜、
  一応、私も女性でありますから‥、
  あまり、この人怖いって思われても怖い‥、
  と言いますかぁ‥‥。」

隊「もう遅すぎるわ!!!!」

私「あ、出た!
  隊長の『もう遅すぎるわ!!』やっと出たーーーっ!!!」←大喜び

隊「(華麗にスルー)
  話を変えるが、
  今回の姿勢の話な、
  せっかく本来の心地いい状態になれたのに、また悪い姿勢に元どおりって話。
  あれ、潜在意識とエゴについての話、でもあるな。」

私「ああ、それ、私も思いました。」

隊「心地良い状態が、潜在意識に眠る本来の自分。
  悪い姿勢が、この世界、
  いや、社会で過ごすうちに身につけるエゴまみれの自分、だな。」

私「悪い姿勢(エゴ)の方が長すぎて、そっちが『本当だ』って勘違いしちゃう、
  ってことですよね。」

隊「細かく挙げてったらキリないが、
  下手な競争心、他人との比較。
  自分が上に立っていないと我慢ならん状態。
  不安や恐れを煽る言動、情報。
  片方だけを「正しい」と論じて、正義感を振りかざすこと。
  外側の世界ばかりを埋めようとすること。
  外側の世界が満たされたら幸せになれる、という大きな勘違い。
  不安しか持っていないから、心配ばかりする。
  それを愛だと思っている。
  違う。
  心配しすぎる、のは、一種の呪いだ。
  相手の力を信じてないから心配するんだ。
  心配すればするほど、相手の力を奪っている。
  相手から力を奪う呪いだ。そのことにまったく気づいていない。
  そしてひどくなれば、
  「心配してあげてる自分」をいい人に見立てようとして、
  相手に依存させる。
  相手に頼られている自分に価値がある、と。
  これ、ぜーんぶ、エゴ、な。
  もっと、あるぞ。言おうか。」

私「いえ、もう、その辺でいいんじゃないでしょうか‥!!」←大慌て

隊「でもエゴは、
  どんな人だって、誰だって持っているものだし、
  ただ悪者扱いしなくってもいいんだ。
  エゴは、
  その長年培った状態の方が安全だぞー、って、
  こっちの方が安心なんだぞーって、
  その本人らを守ろうとしているだけだから。
  エゴのない状態が、怖くて怖くて仕方ないだけなんだ。
  それで、
  エゴを手放そうとする意識を持たれたら、
  「離さないで〜、離さないで〜。」って、
  あらゆる手を使って、また元どおりのエゴまみれの状態に導こうとする、
  それだけ、だからな。」

私「だから、
  あ、わたし、今、エゴまみれ。
  ってただ、淡々と気づくだけでいいんでしたっけ。」

隊「そのとおりだ!!
  まずは、そこに気づくだけでいいんだ!!
  はい!!
  リピートアフタミーッ!!
  『あ、今、自分、エゴまみれ!!!』」

私「『あ、今、自分、エゴまみれ!!!』」←従順

隊「オーイヤーー!!
  ワンモワターイム!!!
  『あ、今、自分、エゴまみれ!!!』」

私「『あ、今、自分、エゴまっ!!』‥‥もういいでしょ!!」

隊「で、だ!!!
  そのあとに、
  『エゴちゃん、守ってくれようとしてありがとう!!!でももう、いらん!!!』
  はい!!
  リピートアフタミーッ!!」

私「もう、いらん!!!」←そこだけ

隊「なんか私のことが、いらん!!
  って言われたみたいで、
  ちょっと寂しくなったじゃないかぁ‥。」←涙目

私「エゴまみれの自分は、
  『本当の自分』じゃない、ってことさえ伝わればいいんだから!
  それに、長年培ったものの方が、安心してしまう、
  っていうのは、なんとなく、わかりますし‥。」

隊「それも、エゴの罠、なー。」

私「うん、そうですねー‥。

  ‥‥隊長、なんだかこのやりとり、まだ慣れません、わたし。
  もっとなんか、
  隊長!!
  なんだ!!
  観測写真が撮れました!
  どれ!見せてみよ!
  はい、どーーーーーん!!!
  ‥とか言って、隊長といつまでもいつまでも馬鹿をやってたかったです‥。」

隊「馬鹿をやってたいのか、君は、わたしと。」

私「はい、馬鹿をやってたいです。わたしは、あなたと。」←リピートしなくても

隊「それも、昔に元どおりの、エゴの罠、なーー。」

私「いや、それは違うと思う‥。」


はい、ちんぷんかんぷんかもしれないんですが、
強引にまたちょこちょこ茶番劇を続けまーす。ごめんなさいね。えへ。



  1. 2016/04/15(金) 23:13:08|
  2. 隊長との日々
  3. | コメント:0
<<「隊長!演じ続けるのは‥!」 | ホーム | 「隊長!早まらないでくださいっ!」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する