FC2ブログ

佳矢乃のキノミキノママ日記

2013年8月14日    ホ・オポノポノのこと



ご存知の方にはお馴染みだと思いますが、
ハワイ伝承のホ・オポノポノというものを、
ここ数年ほど続けています。

先日、このブログを読んでくださったMさんが、
「ホ・オポノポノいいですよ。」とメッセージをくださって、
「あ、私もやってます!」って思って(笑)、
自分が続けてみて、今、感じている事などを、
ちょっと書き残しておこうと思いました。

何か自分や周りにとって、これは問題だ、と思われる事が起こった場合、
ホ・オポノポノでは、
それはすべて、問題を見ている自分の記憶が再生されたもの、
という考え方をするそうです。
そしてその問題を見せてくれている記憶を、
クリーニング出来る自分が、クリーニングをしていく。

まず、この‥、
記憶という言葉、
これは単純にその人の「思い出」を差しているんじゃないんです。

自分一人のこの人生だけでの記憶ということではなくて、
自分も周りも、すべての世界の潜在意識は一つ、
という認識の上での「記憶」=「メモリー」ということらしいです。
(この理解がまずとても重要かと思われます。うむ。)

その「記憶(メモリー)」は、何万年と歴史が積み重なっていく間に、
人々の様々な感情、思い込み、思惑などなどで、
かなり曇った状態なんだそうです。
(なんだかすごい話になってきてますよぉ。)

そんな曇ったままの中では、スムーズに前へ進めない、思い通りにいかない。

思い通りにならないので、また新たな怒りや悲しみが生まれ、更にメモリーを曇らせる。

クリーニングしないままで、どんどん曇ってますます自由がきかない‥‥。


そこでクリーニングです。
方法は4つの言葉を心の中で唱えるだけ。

まず、
「ありがとう。」
で、感謝と同時に、
これから私はクリーニングしますよーと記憶(メモリー)にお知らせして、

今まで記憶(メモリー)をクリーニングしてこなくて
「ごめんなさい。」

むしろ記憶(メモリー)を増やすことばかりしてきて
「ゆるしてください。」

そして「愛しています。」
と、感謝して愛する事で、浄化されていく。

「ありがとう。ごめんなさい。ゆるしてください。愛しています。」の、
この4つの言葉で記憶(メモリー)を浄化、クリーニングしていく‥だけ、と。

(4つの言葉を言うときは、別にそれぞれ感情を込めなくてもいいそうです。
 メモリーは自動的にその意味を受け取って、自動的に浄化してくれるそうなので、
 「ごめんなさ〜い!!泣」「許してください〜!!嗚咽」
 って無理にしんどい感情を持とうとしなくて良いそうです。笑)

と、こう私は理解しているんですが、
調べたら詳しくはいろいろすぐに出てきますので、
ここでは私なりの解釈だけで書く事、どうかお許しください。

どんな感情についても、どんな出来事についても、
それはクリーニングできるチャンスで、
クリーニングを何度か繰り返すと、
曇りが取れて綺麗になってくる、と。
すると物事をより自由に、心のあり方をより自由に、
そして自分も含めた周囲の出来事を、より本来の流れ方に戻せるようになる。と。

曇ったガラスは光が通らないけど、
澄んだガラスには光がよく通るようになる、

‥‥そういうことらしいんですねえ。

でも、記憶=世界すべての潜在意識のメモリー、という理解ができないまま、
単純に「記憶をクリーニングする。」って説明だけだと、

「なんで自分が、ごめんなさいって謝らんとあかんねん。」とか、
「自分の記憶をクリーニングするって、自分の記憶をなくすなんて考えられない。」
「自分の記憶は大事に保持したい。」

って思う人もいるかも、で、
‥‥いえ、そんな事を言った方も実際にいてまして、
そのときの私も、
「そうじゃないんやけどなあ‥。」と思いながらも、
まだうまくホ・オポノポノを説明する事ができなくて、
残念だったなあ、ということもありました。とほほ。
(単語の理解度の違いによって、
 いかようにも取り方が変わってくる実例かも、です。)

でもその方に、そのタイミングでは響かなかった、
というのは、決して良い悪いではないんですよねえ。
ただ起こる事が起こっただけ、と。
お互いにホ・オポノポノ関連の本を読んではいたものの、
ここまで理解が違ってくるという事実。
これも、自分にとったらかなり考えさせられる出来事でもありまして、
同時に、これこそ何かをクリーニングするきっかけの一つかもしれないな、
と思って、
‥‥その時はそんな気がしたので、
それ以来、ずっと自分は続けてみていました。

実際に、続けていく中で、
なんかわかんないけど、
あれあれ?知らない間に解決してるー?ってことがあったりします。
一気に何かが激変する、ってほどじゃなくても、
「お。おおお。」という変化はありますし、
たとえまた何かあっても、自分ができることの一つとして、
ただクリーニングしていける、というのは大きいです。
(冷えとりもそうですねえ、ほんと。)

曇りを取っていけるのは自分だ、と。

(だからすべての責任は自分にある、という言葉も一見かなり厳しい言葉ですが、
 実際にはこういう意味で言ってるんだなあ、と思えます。)

そうなると三日坊主で終わらせるなんてもったいなくて‥‥はは。
そんな肩に力入れて、
「続けてやるぞ!」って力まなくても簡単にできるし‥。(←私にはここが一番重要。笑)

まさに「継続は力なり」だなあ、と思います。

気楽に楽しみながら続けられるっていうのはなんか良いです。
だからこのホ・オポノポノは、かなり好きな方法のひとつです。

Mさんからメッセージもらったことで、
普段なにげなくやっていたホ・オポノポノについて、
改めて再確認できるきっかけをもらいました。Mさん、ありがとうです。

お盆休みですねー、
お墓参り行ってきまーす。(唐突な展開で締めくくる、この強引さ。笑)


--追記---

何か問題があった時だけに唱えるって書きましたが、
プラスな出来事、ポジティブな感情が沸いた時もこのクリーニングをすると、
不思議な事に、さらに曇りが取れるらしいです。
悪い(と思う)事だけクリーニングするんじゃなく、
良い(と思う)事もクリーニングすると、
より一層、本来の流れをつかめる、らしいです。
(良かった、と思う結果にいつまでも縛られず、
 新たにまた本来の流れをつかめる、ということかもしれないです。)

目から鱗だったので書き足しました。

  1. 2013/08/14(水) 11:50:07|
  2. 続けている事