佳矢乃のキノミキノママ日記

逆の立場で(追記あり)

2017年1月30日


言葉にどれだけ気を付けていても、
気をつけている気になっていても(ややこしい)、

なんでそんな不安を煽るようなことを言っちゃったんだろうって、

自分が人に、
脅すようなことを言われて、ハッとする。

その時は、
「なんでこの人は、そんな不安にさせるようなことを言うんだろう。」
って腹も立つし、
不安になるし、
その人の言葉に揺れてしまうけど、

あ、私もハッパをかけるつもりで言った言葉が、
相手に不安を煽らせるだけになっていることもあるな、って、
自分が言われてそこで気づく。

ああやって「不安を煽ってしまってるんだな。」って。

ハッパをかけるつもりなら、
もっと他の言い方あったよなあ・・って。

と同時に、少しだけ安心する。
別に、これ、私だけじゃないなって。てへへ。

言った人も後味悪く思ってるだろうな。
そんなつもりなかったのに、
なんて反省してるかもしれないな。って。わからんけど(笑)

そう思うと、
浴びせられた「不安を煽る言葉」は、たちまち薄く霞んでいく気がして、

残るのは、
「形は間違えてるけど、
 一応、心配して言ってくれたんだな。」という思い。
だといいな。

でも、
心配は「信じてないから」でてくる感情なんですよねえ・・。

その人が、その出来事を乗り越える力がないんじゃないか、
って勝手に心配して、
勝手に不安がって、
勝手に小言を言ってる、まあ大概は「親」←あいたたた

心配するのが親の務めって、言いたがる人がいて、
心配することが愛情だとか言ってるけど、
なんじゃそりゃ、って思う。
そんなことで自分を正当化するんじゃないよ、
とか、自分の親に随分思ってきた非情な娘。(笑)
もっとサラッとしててよー、
もうそろそろ信じてよーって思うけど、
だんだん年老いていく親を見ると、
それを言葉に出すのはもっと非情なのかな。
心配させてあげるのも、親孝行なのか?(違うだろうけど。)

でも私もたいがい心配性だから、
自分の子供のことを思うと、
人のこと偉そうに言えないです、ふはは。(笑ってごまかさない)

なんでなんだろうな〜。

ほんと、

大丈夫だよ、とか、
よくやってるよ、とか、
どんなことがあっても乗り越えるだけの力があなたにはあるよ、って、
本当にそうだし。

そっちに、
目を向けてあげて、そういう言葉を発してあげよう。

って、毎回思ってるのになー。
という、独り言。(え)


---(追記)----

でもこの「心配」って、
「その人が、出来事を乗り越える力がないから」
なんて思うこと自体がダミーでしかなくて、

「その人が」に対してじゃなくて、

実は深層心理・潜在意識では、

「自分が」「乗り越える力がない」ことを「信じてる」だけ・・・なんだわ・・と。


「自分が、出来事を乗り越える力がない」と「信じちゃってる」から、

周りの人のことに、自分の姿を投影して、
あーだこーだ言いたいだけなんだわ・・と。


「あの人のことが心配だ、心配だ。」って口癖のように言ってるのは、
あの人じゃないよ、
自分なんだよなあ・・・。

と思う。笑

自分も、その人も、

そう思わされる何かいろいろ過去に経験したとしてもですよ、

無自覚なもんですから、

小さい頃から、
そんな風にベトベトに周りから塗りちゃちゃくられてきたとしても、
ずっと無自覚だから、
掃除しなくちゃ、とも思わないし、
だから、
「心配することが愛情だ」なんていう、
とんでもない勘違いをしてしまうんだろうなあ・・。

無自覚なら、
心配が、自分を信じてない投影だとも、まず自覚できないし、
塗りちゃちゃくられたものを綺麗に掃除する術すらわからないのは当然で。

でも、
その人(自分)が、そんな自分に気づいて、
自分の膿を剥がす、ってまず決めなくっちゃ、
やっぱり何事も始まらない・・。

人のことじゃないんだよね、
それ、自分のことなんだよね、っていう・・。

それを綺麗に剥がし落とそう、ってその人自身が、
自分自身が思わなかったら、

周りがいくらその人の「心配癖やらなんやかんや」を、
真剣に綺麗に剥がそうとしたって無理なんですよねえ・・。

ということで、
自分以外は、求めてこない限りは、放置するしかない。
という結論。(え)

私も。
自覚できることは、自覚しとこ。

まだ自覚できていないところもいっぱいあるだろうけど、
それは浮かび上がってくるタイミングがあるだろうし、待つ。
それでいい、と思う。

で、深刻になる必要もなくて。
「パッパラパ〜♪膿出し期いつでもおいで〜♪」
って気楽に思ってたらそれでいいんだろうと思う。

まーた長くなっちゃったよ・・。



------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♪




  1. 2017/01/30(月) 10:57:03|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0
次のページ