佳矢乃のキノミキノママ日記

時効なんだけど某鑑賞ノート

2016年4月28日


わたしは、お芝居を見るのが大好きで、
チケット取れたら、よく舞台鑑賞をするのですが、

もう、かなり前に見た某舞台‥。

出張先で、たまたまポッカリ空き時間ができて、
なんとなーく小劇場系が見たいなあと思って、
スマホで当日券の買えるお芝居調べて、
行ったことない駅だったけど、
小劇場系のハコと呼ばれる劇場も密集してたりするような場所で、
ひとつ見つけたそのお芝居のタイトルも、
なんか逆手に取ったようなものだし、逆に面白かったりしてー、と思って、
小劇場にしては、まあまあ良いお値段するけど、いっか買っちゃえ、って買って、

で、そんな風なもんだから、
劇場入れたの開演時間ギリギリ数分前で、
で、入ってみたら、一番前の隅っこ奥の席しか空いてなくて、
で、座って、

観た。


ら、
ですよ。

もうね、時効だから書いてもいいよね、と思って、
今、なんとなく思い立って書いてますが、

主役女性の、
あまりのあまりの悲劇のヒロインっぶりに、
完全に自分に酔っちゃってる感じに、
ごめんなさいだけど、見てて腹がたって腹がたって、
もう何回も鳥肌も立ったんですってばよ。
たぶん、わたし、めちゃくちゃイヤーーな顔して観てたと思う、最前列で。笑

というか、話の筋的にも、
幸せが、もうそこに目の前にあってだよ、
愛してくれようとする男性が、自分のそばにいてくれようとしているのにだ、よ、
なんで、そこ、そうなるのよ、バカじゃないの、的な展開で
(要は、自分には幸せになる資格なんてない、とか言って、自◯したのですよ。
 相手の人を好きになれなかった、だけでいいのに。)

非常に非常に不愉快になってしまってだよ、

カーテンコールも、その方だけ白装束で白ユリの花束抱いて、
自分に酔ったような表情で深々と礼してるし、だよ、(それは演技なんだってば)
むしろ、そういう演技させられちゃってる俳優さんたちが気の毒になるくらい、、
脚本家か監督か知らんが、おいこら、出てこい!
くらいな気持ちになっちゃったんですよ‥。(あなた何様なのよ)

み、み、観なきゃよかった‥、
タイトルそのままじゃないのよ、なんのひねりもなんもなくて、なんなのそれ、
このお芝居で一体何が言いたかったのよ、なにやりたかったのよ、
全く訳ワカメだわよ(言い方古すぎ)、
めっちゃはらたつ、はらがたってしょうがない‥‥。
ここまで後悔したお芝居は久しぶりだったなあ‥‥ということがありました。(遠い目)

何が書きたいかというと、
それに結局反応してる自分がいるってことなんですよ‥。

いざ、そういうことしてなかったか、ってことをね、
悲劇のヒロインなんてめちゃ嫌いなくせに、
なのに、
どこかで、
わたしには受け取る資格なんてない、とまでは言わんけども、
無意識に心のどこかで、
「そこまでしてもらっていいの?悪いよ、なんか。」と、
同じようなことしてなかったか、って。
求めてるくせに、
いざ、してもらったら、
相手の善意を無駄にするような「ごめんなさい。」を繰り返してなかったか、と。

素直に「ありがとう」でいいのに、だよ。

で、
目の前に来たら怖くなって怖気付いてるってことないかね?と。

と、
ちょっと振り返って思っちゃって、

うわお(byおかださん)

ってなって、
自分も含め、ある種の方々って遠慮しすぎなんじゃないかしら、そうだ、
遠慮しすぎなのさよ、

受け取ろう。
うん、受け取っていいのだよ。
受け取ろうじゃないか、
そうだ、受け取れば受け取るほど、受け取ればいいのさ!(なに活用よ)
‥と、


と思ったりした、
単なる独り言なんであります。
一部、お聞き苦しい言葉遣い失礼いたしました。。

なんで今頃ふっとこれを書こうと思ったのかな、わかりませんけど。

明日からはGWですねー。(唐突)


  1. 2016/04/28(木) 23:00:44|
  2. 映画、舞台など
  3. | コメント:0
次のページ