佳矢乃のキノミキノママ日記

今年一年もありがとうございました。

2015年12月30日


まだイタチさんが、
この部屋のどこかにいるかもしれない状態で、
今年最後のご挨拶を。

(え?)

ずっと長年おつきあいして下さってる皆さん、
少し前からおつきあいして下さってる方々、
そして、今年新たにご縁がつながりました皆様、

いつもご一緒させていただく度に、
楽しい、嬉しい時間を共有させてもらえること、
本当に嬉しく感じています。
いつもありがとうございます。



敢えて書いてしまいますが、
心の発露に「相手をコントロールしようとする何か」や、
「相手から搾取しよう」「自分だけ得しよう」
「相手を見下してやろう」「相手を負かしてやろう」
というのが垣間見えると、
そっとそこから離れるだけ、です。

それが今年まったくなかったか、というと嘘になります。
もちろん、
わたし自身も偉そうに言える立場になくて、
相手に対して、相手の自由を奪うものを持っていないか、
相手をコントロールしようとしていないかどうか、
常に気をつけているつもりですが‥。
もし、わたしの発言などで気分を害されていることがあったら本当に申し訳なく思います。

でも、
これ、敢えて書いちゃいますが、

相手がどう感じる、相手がどう思う、という基準だけで、
自分の言動をコントロールしたり、
我慢したりすることを、もう本当にしなくていいですよね。って思います。

わたしだけの話じゃないです。
全体の流れが、そういうことになってるんですって、奥さん。(誰に言うてるの)

試しに実験のつもりでやってみてはいかがでしょうか。
自分がどう感じているか、だけに照準を合わせて、
「あなたはそう思うのね。
 (それはわたしはわかんなーい。)←ここは言葉にしなくていいの
 でも、わたしは、こうなの〜♪」

って感じのことを軽やかに、意識してやってみたら、
案外、あら?簡単に受け入れてくれたわ、ってことが数々あると思うんです。
今年は特に、わたし自身もそれをたくさん経験しましたし、
周りの方からもそうだった、って声を何度か聞きました。

それで離れていく人は離れていくし、続く人は続く。
装わなくても、虚勢を張らなくても、ガード張らなくても、自分の気持ちに嘘つかなくても、
素の自分のままで心地よくお付き合いできる方々がどんどん増えて行く。
そう、増えていくんですよねえ。うんうん。(勝手に一人うなづいている。笑)

相手がどう感じる、相手がどう思う、
というのは、相手自身の経験から起こる「ただの反応」なので、
その「ただの反応」に、こちら側が左右されることはないんです。
相手の「ただの反応」を予測して、気を揉んで、どうしようどうしよう‥って、
あれこれ態度や言動を変える必要ないんですよねぇ。

あ、そうそう、
そういう風にね、
自分の思うままで言動している人に対して、
「周りに対して愛がない!」って怒る人もいるんですが、

自分で自分を愛せていない人が、
自分は我慢しているのに、
あいつは思うまま言動していて勝手な奴だ!って、勝手に腹を立ててるだけで、
自分の思うまま言動できない自分自身に、実は腹を立てている。
それを巧みに相手に投影させて、相手が悪いと責め立てて、相手に甘えているだけ、ひゃー。
ってことが多いみたいですよ。

(100%そうだ、とか、白か黒かって話じゃないんですよ‥。)

自分を愛せている人は、
どんな自分でも、どんな感覚でも、そのままの自分を受け止めることができるし、
相手に対しても、相手の感覚もそのまま受け止めて、相手にも自由を与えることができるので、

「周りに対して愛がない!」って怒るのは、それ裏を返せば、
「わたしに気を遣ってない!!わたしに優しくしてくれない!」
ってプンプン怒ってるってだけですもんね‥。
ずっと誰にも愛されない!なんでよ!愛してよ!って怒ってる。

誰かに愛してもらうことを求める前に、
まず、自分が自分を愛してあげることが最優先事項ってことに気付いて、
そこを意識して実践し続けたら、
自然と「自分の感じるままにしていいんだ。」って思えるようになるし、
相手も「相手のままで、いいんだ。」ってね、なると思うんです。

それの方がよっぽど健全だなあって、わたしは感じます。



----------------------
---途中、ちょっと注意事項が入りました----

だからって変に意地になって、
「わたしはわたし(だけ)を愛することに決めたから、周りはどうでもいいわっ。」
っていう自分の愛し方をしちゃうと、途端にしっぺ返し喰らうそうです。
ゆるーりと、ゆるゆるーーーと、
どんな自分だとしても、ぜーーんぶ許してあげるところから始める感じが、
コツなんですって。

----------------------


優しい人は、
自分を愛せずプンプンしている相手から「あんた愛がないよ!」って責められるとつい、
「あ、わたしが悪いんだ。」ってまた自分の言動を我慢しちゃいそうになるかも‥ですが、
もういいのー。そんなことしなくていいのー。
もう、あなたを我慢しなくていいのよー、うん♡っていうね。(言い方が軽すぎる)

仮に相手がね、そういうプンプンしている人だとしましょうよ。
でも、その人に対して、
「自分を愛して!!」って無理に強要するのも違うんですって。
それもコントロールでしょ。
相手にも選択する自由があるので、
相手が「自身を愛さない」という選択をしたら、それすらそのまま受け止める。
無理矢理なんとかしようとしない。それがコツみたい。

きっと、ずっと、思う以上に実は「楽チン」だったりするのかも。
なーんにもしなくていいんですもん。
自分の感覚に正直にいる、それだけでいいんですもん。

身内とかパートナーとかだったら尚更、
「相手をなんとかしたい!」「相手をなんとかせねば!」って思いがちだけど、
相手にも相手の感覚・自由があって、
自分にも自分の感覚・自由がある、
そこをね、素直にそのまま受け入れるだけで、
パラドックスのように、逆説的に、
すごーーくすごーーーく流れが穏やかになるから、
ほんと試しにやってみて♪
って思います。

おっと最後にしつこいですが‥、

相手をそのまま受け入れる=自分の感覚に蓋をする、とは全然違いますよ。
喧嘩したっていいんです。
わたしは、こう感じている!そこに嘘をつかない。それだけ。
相手に伝えても伝えなくてもどちらでもいいみたいだけど、
「わたしは、こう感じている。」
そのことは堂々と持っていていい。


えへへ、説教くさくてごめんなさい。
でもたぶん、こういうこと今後も思いつくまま書いていきます。
オープンにやってった方がいいみたいなので、
地に足つけて、ですけど。

心も軽やかに、健やかに、楽しくやっていきたいです。
全体の流れに抵抗せずに、身を任せてみた方が、
案外スムーズに流れに乗るみたい。
どうだろう、わたし自身、まだなんか抵抗しているのかなあ。
わかんないし、どっちでもいいか‥なんですけど。笑
でも、ますますそれを実感していけたらいいなあ〜って思う2015年・年末です。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。






  1. 2015/12/30(水) 11:12:47|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0
次のページ