佳矢乃のキノミキノママ日記

一目惚れ、というものは‥

2015年6月26日


家庭用プリンタのインクがなくなって立ち寄った近所のホームセンター。
目的のインクジェットだけ買えば、すぐさま帰るはずでした。

なのに、わたくし‥‥、
一目惚れをしてしまいました。

そう、本当に一目見ただけで、
身体中に稲妻が落ちたかのように衝撃を受け、
その子を抱えてレジに向かっていたのであります。

かつてこれほどまでに、
瞬時にして恋に落ちたことがありましたでしょうか、いや、ない。(反語)

隊長!!
こんなに可愛い子がいたなんて、
わたくし、わたくし、本当に知りませんでした!!

 解説しよう。
 久しぶりですが、
 いきなり呼んだ隊長というのは、
 植物や動物など、何か観測したいものができたときに突然現れ、
 しばらく私の定点観測を仕切ろうとする熱苦しく、かつ、やや毒舌なお方のことである。



隊「なんだ!
  久しぶりに呼んだと思えば、のっけから、のろけか!!!
  ワシはのろけだけ聞かされに来たのか!!」

私「はっ!隊長!!
  久しぶりに呼んでおいて申し訳ありません!!
  ですが、隊長にもぜひ紹介したいのです!!
  隊長はご存知でしたか!?
  この可愛い子ちゃんを!!!」

隊「どれ!早く紹介しろ!!!」

私「はっ!!隊長!!
  白いぼんぼりが愛くるしい、可愛い可愛い『谷渡りの木』ちゃんです!!」

IMG_5196.jpg

  
隊「おおおおーーーーー、この子か!!
  この子が、貴様が一目惚れしたという可愛い子ちゃん、
  谷‥谷‥、ん?」

私「谷渡りの木ちゃんです!!!」

隊「谷なんちゃら子ちゃん!!!」

私「谷渡りの木ちゃん、です!!」

隊「谷子ちゃんでいいじゃないか!!!」

私「たにこ‥。
  いえ、ちょっとそれは‥。」

隊「谷子ちゃん!!すまない!!
  ワシも全く存じ上げなかった!!!」

私「そうですよね、そうですよね、隊長!!
  ところが、この谷子、じゃなかった、谷渡りの木ちゃんは、
  どうも人工衛星の木とも呼ばれているくらい、
  盆栽界ではちょっとした人気者らしいです!!」

隊「そうなのか!!!
  さすがだな!!谷子ちゃんは!!!」

私「隊長‥、なんかその名前やめませんか。
  柔道界の誰かになってしまいそうで‥。」

隊「で!だ!
  貴様は谷子ちゃんの定点観測を始めたというわけなのか!?」

私「いえ、それが‥。」

隊「なんだ、その奥歯になにかが挟まったような物言いは!!
  貴様、谷子に惚れたんじゃなかったのか!!」

私「はい、たしかに一目惚れはしたんですが、
  その、あの‥。」

隊「なんだ、うっとおしい!!早く言わんか!!」

私「その‥、
  思ってたんと違う‥、だったんです‥。」

隊「なに?!!
  思ってたんと違う!?だと!!」

私「はい、思ってたんと、違う‥‥でした。」

隊「身勝手な男が別れ際に口にする、情けない言い訳そのものだな!!」

私「はい、自分でも情けないです‥。」

隊「どう思ってたんと違ったのか、見せてみろ!!」

私「はい。今日1日の変化をご覧ください。」

隊「え?
  きょ、今日1日の?」


では、ご覧ください。
わかるかな?わからないかな?
今日1日の、谷子の変化です。

IMG_5180.jpg

これが、朝。

IMG_5199.jpg

これ、午後3時。

わかります?
右下の子に注目してみてください。

朝は、

IMG_5196.jpg

こう。
私が一目惚れした、可愛らしいぼんぼりだったんです。

でも午後を過ぎたおやつ時の頃には‥、

IMG_5199 2

隊「ん?!
  なんか伸びてきてるのか?!」

私「はい、なんか伸びてきてるんです‥。」

隊「たった数時間で?!」

私「はい、たった数時間で‥。」

IMG_5196.jpg

これが、

IMG_5197.jpg

こうですよ。


IMG_5196.jpg

これが‥‥、

IMG_5197.jpg

こう‥‥。(しつこいよ)

私「朝、ちゃんとお髭を剃ったのに、
  夕方には青ーくなっちゃってる、そんな感じですよ。」(どんな例えよ)

隊「貴様の恋は、その程度か!!!」

私「はっ!!隊長!!」

隊「貴様の恋は、
  夕方うっすら青くなっちゃってる、のを見たら嫌になっちゃった!!
  そんな程度か!!!」

私「いえ!!!そんなことはありません!!」

隊「嘘つけ!!
  貴様はたった数時間のこの程度の変化で、
  まるっきり心変わりをしたかのような態度だったじゃないか!!」

私「違います!!そうじゃありません!
  むしろうっすら青くなっちゃったのなんて、
  逆に萌えるくらいです!(なんのカミングアウトなのか)
  ただ‥‥!!」

隊「ただ、なんだ!!」

私「だって隊長、写真の上の方の、
  すでにお髭ボーボーの子たちなんて、
  私が買ってきた日はまだ全然白くて可愛いぼんぼりちゃんだったんですよ!
  それがたった1日、2日で‥、
  次から次へと、あっという間にお髭を生やす程に成長するなんて、
  そんなの想像できたでしょうか!?
  いや、できませんでした!!」

隊「何が言いたい!!」

私「私は、もう少しのんびりと愛でていたかっただけなのです!!
  あの可愛らしいぼんぼり姿の、あの姿を、
  もう少し、のんびりとした時間の中で、
  ただ愛でていたかっただけなのです!!
  それなのに!それなのに!!」

隊「どれだけ訴えたところで、
  ワシはフォローできんぞ!!
  なぜなら、ワシも夕方には真っ青の部類だからだ!!」

私「お髭のことを言っているんじゃありませんってば!!!!」


ああ、一目惚れしたものの、
こんなにもスピードの速い恋は息切れがする‥(違うでしょ)

緑の小さい蕾のようなものも、
明日の朝には、それなりに大きい白いぼんぼりになって、
その夕方にはお髭(じゃない)が長く伸びてきて、
そしてまた次の日には、

IMG_5196_2.jpg

写真奥の、赤丸の子のように茶色くなっちゃうんですよ‥。

成長速度が速すぎますよ!!!
もっと愛でさせておくれ、
もっと私にのんびりと愛でさせておくれー!
なんですよ‥。

だから隊長と一緒に、
またしばらくの間、定点観測したかったですけども、
どうもこの谷子の様子だと、
隊長との日々もあっという間に終了しそうです‥。
一目惚れってやっぱりそんな感じなのかな。(そんなことないって)

  1. 2015/06/26(金) 21:56:15|
  2. 隊長との日々
  3. | コメント:0
次のページ