佳矢乃のキノミキノママ日記

2014年5月30日   地に足をつける



スピリチュアルな世界に興味もあるし、
見えない世界があることも信じてはいますが、
そちらばかりで実生活がふわふわしたものになるのは違いますよねえ。
地に足を付けながらも、
見えない世界にもきちんと敬意を払う方をやっぱり尊敬します。




--追記--

上の「見えない世界」というのは、
心の世界も含まれてるなあ、と思いました。
心の奥底に眠っている部分も含め、
表面的には見えてこないものすべて、という意味で。

そんなこんなの今日の夕方、とても素晴らしい文章を見つけました。
辺境ラジオの内田樹さんのブログ?かなあ‥。
このページに書かれています。
見えない世界を大事にできない「今」のいろんな事が見えてきます。
表面的なことだけで一喜一憂して、せかすような煽るような、
そんなもので成り立たせようとしている世界は長続きする気がしないのですが、
そもそもそういう世界を、子どもたちには残したくないよなあ‥、
何ができるんだろうなあ‥、
と更に強く感じた一文でした。
7世代先の子孫に残せるような世界を、
というのはネイティブインディアンの言葉だそうです。
私たちは7世代先のことを見据えられてるんでしょうか。
そこまで先じゃないとしても、
1世代先のことも見据えられてるんでしょうか‥。




  1. 2014/05/30(金) 11:46:53|
  2. 日常
次のページ