佳矢乃のキノミキノママ日記

2012年6月25日     目が合いました。




以前、うちの庭の木に、
鳩の夫婦が巣作りをしそうになっていたを書きました。

そしてすぐにその鳩達が、巣を引き払って出て行ったも書きました。

あれから3ヶ月が経ちました。
私は、てっきりもう「彼らは居ない。」と思い込んでいました。
だから何も考えずに毎日、その木のそばで洗濯物を干していましたし、
毎日子供達とぎゃーぎゃー過ごしていましたし、
毎日毎日、その木のそばを行ったり来たりしていました。

ところが一昨日、土曜日のお昼。
小学1年生の次女が嬉しそうに私に近づいてきて耳打ちしてくれました。

「お母さん、知ってる?
 まだ鳩さんたち、おるねんで。」

「え?どこに?」

「あの木に。」

「え?あの木って、あの木?」

「うん。」

「だってうちらがにぎやかやから居なくなったんとちがうん?」

「ううん。おるねん。
 ちょっと見てきて。」ニヤニヤ。


まさかー、と思いつつ、抜き足差し足(自然とこうなる。)で、
そーっとその木に近づいて、
そーっと枝の分け目の辺りを覗いてみたら‥‥‥、


鳩と、目が合いました。笑



まんじりともせず両者互いに譲らない視線。笑

う、動けない‥。
目をそらせられない‥‥。

しばらく固まって見てしまいましたが、
どうもあの鳩夫婦が、再びこの木に戻ってきて本気で巣ごもりをしていたようです。

いいのか。君たち。
こんな騒がしい場所でいいのかね。

私は目が合いながら、心の中で彼女に声をかけてみました。
当然返事など聞けるはずもありませんが、
なんとなく念を押してみたくなったのです。

いいのかね、ほんとにそこで。
と。笑


それからは必要以上に巣を覗く事こそしませんが、
やっぱり意識するようにはなったからか、
雄の鳩さんが何度かその木と外とを行き来している場面を目撃したり、
今朝も洗濯物を干しながらそーっと横目で覗いてみると、
やっぱり奥さん鳩がジッと座っていたりして、

‥‥‥なんでしょう、
心にポッと灯りが灯ったような気がしてます。ぽ。(アナタが照れてどうする。)

可愛いヒナが無事に生まれてくれたらいいなあ。


sketch120625.jpg
  1. 2012/06/25(月) 10:07:25|
  2. 絵日記
次のページ