佳矢乃のキノミキノママ日記

2011年8月30日    秘すれば花



春に行なわれ参加させていただいた「きずな展」。
たくさんのイラストレーターさんのみならず、
文筆家さんや小説家さんの一筆作品などもありまして、
その出展作品の中に、
あの渡辺淳一氏直筆の書がありました。
その1枚に書かれていた言葉が、
「秘すれば花」でした。

ことあるごとにこの言葉の意味を噛み締めます。
黙して語らず、秘すれば花。

言い訳や泣き言はおおっぴらに一切言わず、
黙々と自分の信念、目指す事に向けて行動し、
周りと心地よく調和を測り協力し合う、
どんな事情があったとしても、誰になにを揶揄されても、
そのことで自身の立場が弱くなりそうになっても、
無駄に自分の感情を吐き出せるツールに頼らず、とにかくおおっぴらには吐き出さず、
マイナスのエネルギーを極力自分から発する事ないように心がけ、
そんなものを一切合切、全部をぐっと胸にしまい込んで、
ひらすらに、ひたむきに、ただ「今やることに」集中し取り組み続けるだけ。
そうやって、
淡々と事実を積み重ねていく人の目は、
本当に綺麗です。

そんな人を、私はずっと応援したいと思うのです。
(私もそうなりたいなあって憧れながら。
 ごちゃごちゃいつも大袈裟に言ってしまう自分なので‥苦笑。)



  1. 2011/08/30(火) 11:51:26|
  2. 日常
次のページ