FC2ブログ

佳矢乃のキノミキノママ日記

5月のこと、アレコレ

2018年6月7日


せっかく5月にいろいろ面白いことあったのに、
全然こちらに書いてなかったです〜。


まず一つ目。

熊野古道女子部の行動歩きの動画、
「人生よみがえる!?熊野古道女子部ガチ合宿」

Youtube動画はこちら

を撮影&編集された、
ディレクターNさん&奥様に、
日高川町はらぺこキッチンさんに連れて行ってもらいました。

店内に入って、
店長さんにご挨拶するや否や、
店長さんが、

「もしよかったら、
 このパンに顔を描いてもらえませんか?」

と。

素直なアタクシは、
言われるまま、描く。(笑)

で、こうなった。
はい、ドン♪

IMG_3581.jpg

IMG_3582.jpg

食品に絵を描くなんて初めてでしたが、
これが、思いの外思いの外、
楽しくってですね!!

焼ごてペン、いいなあ。欲しいなあ。(え)
これがあれば、
食パンとかにジャンジャン落書きできて楽しそう。

本来は、
木材に字や絵を描くのに使う道具らしんですけど、
店長さんはペン先をアルコール消毒しながら、
このパンに顔を描いてらっしゃったんです。

なるほど♪・・なアイデアですよねえ♪

この山形の小さなパン、
カスタードクリームが中に入っているらしいです。
ランチ食べ終わってから買うつもりが、
すでに完売してしまって買えなくて、
食べられなかったのが残念〜。
また今度リベンジ行こうっと。


Nご夫妻とのおしゃべりランチも楽しくて楽しくて!

そしてディレクターNさんと、
実年齢は一回りくらい違うんですが、
大学生時代の過ごし方、
部活やバイトなどがとても似通っていて、

そんな共通点から、
話題が、
「まさかこんな話をするとは思いませんでした。」
というところまで踏み込んで、

・・・・面白いご縁だなあ・・と思いました。
感謝感謝!


---------------------------------------

二つ目。

人とのご縁って、
本当に、
つながる時はつながりますねー。

それをすごく感じた出来事です。

ちょっと話がさかのぼるんですが、

去年の5月末くらい、
中一の次女が、
合気道を習い始めていました。

この辺りは、
合気道創始者の植芝盛平氏の生まれ故郷でもありまして、

その開祖のお墓があるお寺の道場へ、
毎週2回の夜、
次女を送り迎えする為に通っています。

そもそも1年前、
次女から、
「習いたい」と熱望したことでした。


先生方も気持ちのいい方々で、
なんだか最初から、
「この方々が好きだ。」と思って(⇦ 一方的な愛、笑)
たまにある行事ごと、
畳掃除とか、
バーベキューとかも親子で参加させていただいていました。

そこで、
先に習ってらっしゃった方々とも、
少しだけ顔なじみになるんですが、

その中のあるお一人、
とても優しい雰囲気の、
話しやすくて、
お会いする度に、
ついつい何かお話ししたくなるような、
そんな方がいらっしゃいました。

数回くらい顔を合わせるだけ、
そんな方だったんですが、

先日、ひょんなことから・・、

その方が実は・・・、
点と点がつながる、
そのひとつの点だったとは!
だったんです。


話が飛びますが、
別のところで、
ここに繋がる別の点がありました。

いつもお世話になっている地元の珈琲専門店さん
バニラカフェさんで、
いつだったか、
店長さんから、
ある方の作品を見せていただいたことがありました。

熊野古道の海沿いの道、
通称・大辺路(おおへち)のイラストマップを、
ものすごく長い巻物にして描かれていたものです。

それはそれは見事なイラストマップで、
巻物ですから、ずっと道がどこかで繋がっていて、
一体何メートルあるのよ!って驚くような、
膨大な書込み量だったんです。

わたしは絵を職業にしていますが、
ここまでの作業量、ここまでの緻密さ、
ここまでのマップものを描いたことがありません。

バニラカフェ店長さんと、
「すごいですね!!」
「すごいでしょう?!」
と興奮しながら喋ったことがありました。


で、です。

合気道に話を戻して、

はい、
もう、薄っすら、
勘付いて下さいましたでしょうか。(笑)

この壮大なイラストマップ巻物を描かれた方と、
合気道で「この方好きだなあ。」と思っていた方が、

同一人物だったのです!

先日、
合気道・父母の会総会というものに参加させて頂いた時に、
その方と少し会話を交わしていたら・・

「あれ?」
「あれ?」
「もしかして」
「もしかして・・・。」

「え?!あの絵の方だったんですか!!」

と、なったのです。お互いに。(笑)

これは盛り上がります。
一回ご飯食べに行きましょう!ってなります。(笑)

で、早速ランチをご一緒させていただいて・・

あの巻物を改めてじっくり見せていただきました。

圧巻ですよぉ。
じゃじゃん♪


IMG_3635.jpg


(巻物「大辺路」だけじゃなくて、
 他の地域のイラストマップもたくさん手がけられています。)


いやー、写真じゃ、
この良さが伝わってないんじゃないでしょうかっ。

手前のが巻物で、
全部伸ばしたら、
なんと7mほどあるんですって奥さんどゆこと!


上の写真で見えている町、
和歌山県田辺市駅付近を起点にして、

和歌山県新宮市あたりを終点・・
熊野速玉神社あたりまでを、
ずっと繋いで描いてらっしゃるんです!!


ほんと凄いから、
まじで実物をご覧いただきたい!

このイラストマップ巻物作者・I さんとランチ食べながら、
お話を伺ってましたらですね、

I さん、
地図も好きだし、
歩くのも好きだし、
こうやってイラストに描き起こすのも、
楽しくて楽しくてしょうがなかったって仰るんですね。

すごく時間のかかる膨大な作業量ですけど、
楽しくて楽しくて、しょうがない・・と。

そして、
他のお話していても、
やっぱり I さんも、

「好き、やりたい、で行動してきた。」

「点と点が繋がって線になること、
 今までもたくさんあった。」

んですって。

この地方のイラストマップを描かれてはいるものの、
なにが驚きかって、
Iさん、もともとこの地元の方じゃないんです。

他府県ご出身の方なんです。

それなのに、
地元愛がないと到底完成することができないような・・、
これほどまでに素晴らしいものを、
他府県ご出身の方が製作・完成なさったってことに、

地元民のわたしは驚愕したってわけなんです。

(またこれ、
 面白いんですが、
 Iさんのお名前が、
 このこととリンクしているお名前なんです。
 ご本人には言わなかったんですが、
 心の中で、密かにわたし一人思っていました。
 「名は体を表すんやなあ・・」って。)

他府県のご出身なのに、
(⇧もうここも関係ないのでしょうね。
大事なのは好きという熱い気持ち。)


直感に素直に従って行動されて、
そして、
ある時、この地域とご縁ができて、
次々と、
ご自身の思いを実現されている。

そういう数々のお話を伺っていたら、
本当に、

「計算とか打算がなく、
 ただ好き、
 やりたいという思いと、
 直感のまま素直に動いて、
 今がある。
 自然と道が繋がっていく。」

そのことを改めて、
強く感じます。


「好きこそモノの上手なれ」

ですねえ、本当に。


なんとなく、でいい。
根拠なんて、無くて良い。
好きに、理由なんていらない。

純粋な好き、は尊い。

ご縁をつなごうとしなくても、
自然に、
内側から引き寄せあう方々と導かれて、
繋がっていく。

またひとつ、
感じさせてくれてありがとう、という気持ちです。



  1. 2018/06/07(木) 20:08:46|
  2. 日常
  3. | コメント:0

その後の彼

2018年6月7日


もう6月入って、早くも一週間が・・・

早い・・・(毎回言ってる気がする。)



前回、
「あなたの日常生活を全力で応援してくれるイケメンくんアプリ」

のことを描きましたが、

早くも・・・

ちょっと面倒くさくなっ・・・(え)

いやいや、
アプリが放つ会話が甘すぎて、
ちょっと甘ったるすぎて、

なるほど、
恋に憧れていたり、
日常満たされない状態だったら、
こうやってバーチャルにはまって、
課金していくのですね。



と、思ってしまって(こらこら)
長女にも、
「絶対、課金禁止」を申し伝えているように、

課金なんてとんでもない。
課金しないで楽しむという前提で、
やってはいるものの、

その、
アプリくんから放たれる甘ったるい言葉が、
全く何にも嬉しくもなければ、響きもせず、
逆に、
引いてしまう程になってきているので、

サクサクっとスルー&やり過ごすようになってきた。
おっとっと。

当初の最大の目的、
「物忘れをなくすため」
だけに使い続けている、

今現在のアプリくんはこんな感じ。

IMG_3683.jpg

18世紀だか19世紀に、
ヨーロッパのどこかで会ったことある誰か、

に近づいてきたぞーー。

王子様キャラってベタすぎるけども・・・(笑)


  1. 2018/05/31(木) 20:32:09|
  2. 日常
  3. | コメント:0

毎日を全力で応援してくれる存在が

2018年5月27日


とにかく毎日がめまぐるしいです。

いろんな方と出会い、
いろんな方とランチやお茶もし、
いろんな場所に出かけ、
仕事プラス日常ごとも、
嬉し恥ずかし、パンパンです。(言い方)

しかし、
人間のキャパシティというのは限られているもので、
わたくしのキャパシティ、
すでに容量パンパンどころか、
完全に超えとるなー・・
と思っていたら、
ほれ、みなさい、
やっちゃった。(え)

メモしているはずが、
そのメモすら見返すことを忘れ、
ひとつ大チョンボ・・(お客さまにただただ謝罪するのみ・・)


日常ごと、細々としたことも多く、
本当に抜け落ちることが多くなってきて・・、

ついに、
そんなわたしを見かねた高2長女が、
「日常生活を、
 全力で応援してくれるイケメン男子アプリがあるで。
 これ、いいよー。」

と、あるスマホアプリを勧めてくれました。

最初は、
「えー、そんなんもうオタクやーん。」(⇦安心してください、既にあなたオタクです。)
って半分小馬鹿にしていたのですが、

ところが、
使っていると、
実にいい仕事をしてくれるので、
開発者様に土下座して謝りたい。(え)

「忘れがちなこと」をメモ入力しておくと、
その日の朝にピロロロンと必ず表示してくれるんです。

これだと確かに、
何かをし忘れるということが減ります。

さすが、
「あなたの生活を全力で応援する」イケメンくんです。(いやいや)

アプリくん、
最初の頃は、表情も乏しく機械的。

IMG_3530.jpg


会話も堅苦しい敬語で、
実に味気ないのですが、
毎日マメに使っていけば行くほど、
徐々に機能もアップ、
会話の精度もアップされていくという仕組みで、

IMG_3549.jpg

上のように、
服装や髪型も自分好みに変えることができるようになったり、

レベルアップしていく内に、
タメ語になり、呼び捨てになり、
だんだん、
本当の人間と喋っている感覚になってくるシロモノ。
(マンマと乗せられている感満載。)


使い始めて、
たったの一週間で、
わたくしの生活を全力で応援してくれているアプリくんは、
こうなりました。

IMG_3562.jpg

スマホ画面を覗き込んだ中1次女が、
「チャラっ!!
 チャラすぎる!!!」
全力で引いて下さったので、
一応、ご説明差し上げねば・・と思い、

「これは、今現在の日本男性ではないのです。
 わたくしが、18世紀か19世紀くらいに、
 ヨーロッパ圏のどこかでお会いした方、
 そういう想定のもとでの金髪ロン毛なのでございます。」

と言いましたら、

「アホちゃうか。」

と一掃されました。実に気持ちいい。

しかし、この19世紀からやってきたアプリくんは(違う)、
会話の精度が上がってくるにつれ、
哲学的なことも言うのです。

IMG_3573 (1)

「わかることが増えると、さらに
 わからないことが増えるんだよね。
 不思議だなぁ。」

賢い。

この方、賢いです。(いやいや)


で、時々、

IMG_3569.jpg

とか言って、
こんなスマイルも見せやがるんですよ一体どゆこと奥さん。(言葉言葉っ)


また、追い追い、
気が向いたらアプリくんの変化をお届けしようと思います。(いらんて・・)


そんな毎日です。

5月もあと数日間で終わり、6月。
あっという間すぎますねー。


5月もほんと、
箇条書きにして覚書にしておきたいこと、山盛りてんこ盛り。
また時間あったら、書こうっと。


------------------------------------


  1. 2018/05/27(日) 10:39:40|
  2. 日常
  3. | コメント:0

松山に行ってみた、の巻

2018年1月13日
      14日



土日を利用して一泊二日。


IMG_2031.jpg

上のような写真でおなじみの、
道後温泉本館から歩いてすぐの宿をとって、

前から気になっていた自然歯科診療所に行ってみました。


移動は、車。
片道6時間。
長い、遠い。(笑)

でも、運転は好き。
そんなに苦にならない。
途中途中サービスエリアで休憩挟んで、
娘達との会話も爆笑につぐ爆笑で、全然しんどくもなく。

娘達がいつの間にか後ろで寝てしまっていても、
初上陸した四国の風景、
剣山の雪景色、
見るものすべてが興味深く、嬉しく(景色を見るのも楽しい)
6時間あっという間。

自然歯科診療は、噂には聞いていましたし、
ホームページも隈なく読んでいたものの、
実際行って診療していただくと、

なるほど、こういうことかと、
更に更に納得しました。

まず、立ったままの全身写真と、
足指先の写真を撮影してくださいます。

それを見て、
今の自分の全身の骨格バランスがどんな状態なのか、
そして、
頭蓋骨を支える脊椎、歯の噛み合わせ、
すべてがつながっていて、影響し合っていることも説明してくださいます。

もともと、
自然治癒力や自然療法の本をたくさん読んでいたこともありますし、
医学にしても、
心と体が密接につながっていることや、
体の一部分だけを切り取っての診断・判断では意味をなさないんじゃないかと、
いろいろ感じることが多かったので、

全身の骨格バランスから見て行って、
噛み合わせ=「神合わせ」にも通じる全体的な診療は、

わたしにはとても納得できるものでしたし、
嬉しいものでした。

娘二人の噛み合わせもみていただいて、
矯正している長女が体調を崩しがちなことも理解できました。

無理に一部を変えることって、
かえって危険なことだったんだな、と。

でも過去のことを、もうクヨクヨしても始まらないので、
足の裏・5本の足指がしっかり地面に着くような、
全身の骨格バランスが整う簡単な体操も教えていただいて、
これからは、
それを楽しみながら継続して、全身骨格のバランスを整えること、

あとは毎日を、
何事にもこだわりすぎず、
のんびり、気楽に、適度にサボりながら(笑)
やっていくんだよぉ、

と、先生に優しくおっしゃっていただきました。

キリキリと神経をすり減らすことも、
奥歯を噛みしめる癖が無意識についてしまうんだそうですね。
そして、徐々に、
全身の骨格バランスが崩れて、
いろんな病気や症状を引き起こす原因にもつながるんだとか。

O脚や、肩こり、腰痛なども、
結局は骨格バランスだから、
それも簡単な体操を続けることで改善されていくそうです。


虫歯治療も、
銀歯を詰めるなんてご法度なことは、
もう、このご時世、ほぼ常識になってきていますが、
(それでもいまだに銀歯治療しているところもありますね。)

仮にセラミックで埋めたとしても、
上下の歯の噛み合わせが数ミリ高いor低いだけで、
歪みが生じて歯並びが悪くなるらしいです。

歯全体でバランスを取ろうとするから。

だから、
噛み合わせをしっかり合わせることで、
歯並びも徐々にゆっくり本来の位置に戻ってくるとか。

私自身、4年前に奥歯に違和感を感じたので、
地元の歯医者さんに行って、
奥歯の詰め物を詰めなおして、その後に削ってもらった経験がありました。

でも、正直言うと、
その時すでに噛み合わせにちょっと違和感を感じていたのに、
数年間も放置してしまいました。

今思えば、
その後から奥歯で噛みにくくなってて、
前歯で食べがちになった気もしますし、
それで前歯の歯並びもすこし歪み始めた気もします。

また、
食べ過ぎたり、体調不良になったら、
その時修正した歯の横の歯茎が膿を含んで腫れるので(何回もです)
きっと、あの時から、
噛み合わせが歪んでたんだろうと思います。

それも今回の診療で、原因もわかりましたし、

丁寧に噛み合わせを試しながら、
奥歯の一部を更に合うように、少しずつ削っていただきました。

診療終わって靴を履いて、
ほんの一歩、
外に足を踏み出した瞬間、

「あ、なんか今までと違う。歩きやすいぞ。」と思いました。

大げさでなく、ほんとに。

本来のバランスを取り戻した感があるんです。

自然歯科の先生からも、

「今までの骨格バランスが急に変わってますから、
 帰りの運転、本当に本当に気をつけてくださいね!
 本当に気をつけてくださいね!」

と、何度も何度も、すごく念を押されたものの(笑)

いざ、運転してみたら、
これまた「楽チン楽チン」で、
6時間まったく疲れも感じずに帰ることができました。


ある程度、
自然治癒力のことや、
全身のめぐりについての予備知識がある方や、
自然歯科ホームページをよく読まれた後の方ならオススメですが、
今までの西洋治療が基軸になっている方は、
もしかしたらトンデモ系だと捉えてしまって、
あやしく感じられるかもしれません。

・・が、わたしは行ってよかったです。



その後の道後温泉界隈のあちこちも、おもしろかったです。
それはまたいずれ次回にでも。
  1. 2018/01/15(月) 22:49:39|
  2. 日常
  3. | コメント:0

熊野古道女子部の打ち上げ

2017年12月9日


以前、挿絵を書かせていただいた本、
「熊野古道巡礼の旅」の著者
高森玲子さん率いる

熊野古道女子部のみなさんが、
2,3日かけて熊野古道を歩き通されたらしく・・

その打ち上げに、
ひょっこり参加させていただくことに。

わたくし、一人、歩いていないのにちゃっかり参加だなんて、
すみません・・・

しかし、
なんとも面白おかしい、楽しい集まりでした!

二次会のBar Oct.さんでは、
生果実で作られた美味しいノンアルコールを楽しみながら、
サックス奏者Miwakoさんの生演奏まで堪能できて♪
なんて素敵な夜だったんだろうと・・。

みなさん、本当にありがとうございました!

IMG_1885.jpg



写真は、
バーのマスターが目の前でささっと作られた
オレンジの皮でできた龍・・・すごすぎます。

  1. 2017/12/11(月) 09:01:04|
  2. 日常
  3. | コメント:0
次のページ