佳矢乃のキノミキノママ日記

好きなものを一つずつ

2017年7月9日


先日、
京都の古道具カフェeightさんで購入した
アンティークの引き出し。


IMG_0841.jpg


やっと置けました〜。(え)


本棚の位置を変えたり、
貯まっていた本や資料を処分したり、
配置換えなどを久しぶりに頑張りまして、

ようやく窓際のこの位置をゲット。

(周りの生活感溢れる品々は目をつぶってください・・笑)



やっぱり、いい・・・。
この2トーンの色目の組み合わせ、素敵・・。
買って良かった・・・うん。


一つ一つ、
自分の好きなものを集めて、

逆に、
これはもう今の自分には必要ない、
今の自分の気分が上がらない・・ものは処分していくと、

本当にすっきりしますね〜。


本なんかは、ついつい取っておくタイプなんですが、
「この本はもう二度と読まないな。」

というのも思い切って処分・・です。



本だけじゃなくて、

仕事で描いた絵・紙・・・も、どんどん貯まっていきます。
これはさすがに処分できず、
ちょこちょこ整理するんですけど、すぐ貯まっていってしまう。

特に、描いてすぐのものは、
あとから修正が入ったり、見返すことが多いので、
デスク脇にどんどん重ねて置いていっているんですが、
あっという間にかさばっていくんですよね・・。

ファイリングしたりしても、
結構な勢いで貯まっていくので、

このお仕事をされている方はどう整理されてるんだろう?

ファイリングしたものも場所とりますし、
紙も重いですからねえ・・・。

合間見つけて、ちょこちょこ整理していこうっと。


  1. 2017/07/09(日) 11:36:28|
  2. 好きなもの・オススメなもの
  3. | コメント:0

Thank youの嵐

2017年1月14日


ちょくちょく覗く服のネットショップがあります。

手作り服が基本で、
その服のパターンも販売されてて、
洋裁が得意な私の妹は、ここのパターンを買って、
自分で縫って服を作ってたりして「すごいなー」っていつも思う。
その姉の私はもっぱら「買う」専門で。笑

そんな好きなお店で、
つい先日もワイドパンツを買いました。

ただ、わたし、身長がかなり高いほうで、
大概のボトムスは寸足らずってことが多く。

今回、無理を承知でパンツ丈を3cm増やして製作していただけないか、
という問い合わせをさせていただいたんです。

いえ、言い訳をすると、
一応、このボトムスの注文欄に
「パンツ丈のご相談も承ります。」と書いてらっしゃったので、
ではお言葉に甘えて少しだけ・・と思って、
パンツ丈を長めにお願いしてみたんです。

ダメ元で。

そしたら、お店の方からすごく丁寧なOKメールを下さいまして、
しかも追加料金もかからないと、
なんとも温かなメールをいただきまして、

そういう・・・
人と人のやりとり、とでも言いましょうか。
機械的でないやりとり、
ネット間だけど、ちゃんと人の体温が感じられるようなやりとりに、
ほんのりと心が温かくなってたんですが、

しばらくして、商品が届き、
履いてみたら丈もぴったりで!
もうそれが嬉しくて嬉しくて、早速お礼のメールを差し上げたところ、
これまた丁寧なお返事までいただいて・・・

で、わたし、その時まだうっかり気づいてなかったことがありました。
商品が届いたのが嬉しくて、パンツだけ封を開けて、
もう一つなにかプチプチで包まれた小さなものがあったのをスルーしてしまってたんですが、

・・・どうも、これ、オマケとしてつけていただいてたみたいで。

「わーーーーーっ!!!!
 このお礼をし損じている!!!」

と、今また慌てて、
お礼メールをしてしまったところなんですが、
(お店もお忙しいだろうに、こんなに何回もメール送りつけてうっとおしいかもだけど;;)

おまけ・・・
なんだと思います?(これまたうっとおしいクイズ形式)

IMG_8848.jpg

写真左側のしずく型のサンキャッチャーなんです!

サンキャッチャー・・前から気になりつつも、
自分で買うまでは至らなかったんですよねえ・・。
それが・・・こんな形でいただけるとは・・・(感涙)

ちなみに写真右側のガラスのイチゴは、
昨年末に大阪のギャラリーさん
The 14th MOONさんで展示されてた作家・土井朋子さんのもの。
これ、一目惚れでした。
ガラスでイチゴて!!
惚れるしかないでしょ。うふ♡

サンキャッチャーを窓辺に吊るすと、
部屋中あちこちに虹が生まれるんですね。

IMG_8847.jpg

IMG_8850.jpg

IMG_8851.jpg

IMG_8852.jpg

ここまでとはー♡
なんかキラキラ、部屋で仕事するのがますます好きになりそう。

感謝感激 雨あられです。
(言い方ふざけてますが、本当にThankyouの嵐。)



------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♡
下バナー押していただけると励みになります♪
キラキラのJOYを♪




  1. 2017/01/14(土) 13:40:01|
  2. 好きなもの・オススメなもの
  3. | コメント:0

素晴らしいという言葉以外

2016年11月30日


(タイトルから続きます)
素晴らしいという言葉以外・・・見つからないっ。

(スバラシイって日本語で発音すると、
 なんか上から目線で偉そうに褒めてるニュアンスな感じがして、
 少し違うんだよなあ・・
 ただただブラボー、ただただ拍手喝采、そっちのニュアンスなんだよぉ、
 って毎回思う。)


っていう物や、出来事をちょっと箇条書きにします。
観た映画、聴いた音楽、曲・歌詞、
ある本の解説などなど、です。


◯「君の名は。」2回目観に行っちゃいましたー。えへ。
 前回は売り切れて買えなかったパンフレットも買えました。
 2回観たら、また良い感じで違うよ、という誰かの言葉通りでした。
 これは見れば見る程、気づけることが増えていく映画かも、です。
 大筋もそうですけど、見逃してしまいそうな小ネタも満載な気がします。
 象徴的な伏線を画角で見せるという小ネタ。
 なにより観ていて幸せな気持ちになれますし。これ最高。
 素晴らしい・としか言葉が出てこない。
 とにかく拍手を贈りたい。

◯そのサントラもつい買っちゃって、聴き込んじゃってますけど、
 普段音楽聴くのにメロディしか頭に入ってこない自分なのに、
 これらは珍しく歌詞もスルスル入ってくる・・。
 RADWIMPS、すごいです。
 「スパークル」の歌詞も、
 「なんでもないや」の歌詞も、いやもう、言葉が出てこない・・。
 とにかく拍手を贈りたい。


◯「星の王子さま」を最近また読み返してたので、
 つい先日の、
 しくじり先生のあっちゃんの「星の王子さま」解説の秀逸さに唸ってしまった。
 あっちゃんの、ヒトラー解説の回も面白かったもんなあ。
 これも長女と一緒に唸りながら観たもん。
 本当にいろんなものを噛み砕き、わかりやすく解説できる素晴らしい力を
 存分に発揮されている・・。もう素晴らしい、これまた拍手。
 そのあっちゃんが言った、
 「時を重ねて、運命の人にしていくんだよ。」と解説つながりで言うと・・、

◯ドラマ「逃げるは恥だが・・」も大好き、
 まさに昨日の回に、
 同じ台詞「運命の人にしていくの。」ってお母さんが言うあたり素晴らしい。
 毎回とにかく幸せな気持ちにしてくれて、実は毎回泣いている。(え)
 出てくる人みんな好き、・・だし、割とみんなに感情移入してて。笑
 久しぶりに好きなドラマです。素晴らしい。
 拍手を贈りたい。

◯そのヒラマサさん:星野源さんは倒れる前くらいから少しずつ曲だけ聴いてたけど、
 ここ最近のブレイクぶりに、なんかもう素晴らしいの言葉しか出てこない。
 彼のテレビで歌う前に毎回いつもする挨拶、
 「こんばんはー!ほーしのげんでーっす!!」っていう大きな声の挨拶がなんせ素晴らしい。
 そして歌い終わった後、必ず、
 「次は◯◯◯さんでーっす!!」って次の歌手やバンド名を紹介している彼。素晴らしい。
 なんせ星野さんは、
 この曲も?
 この歌詞も?ってくらい、精神世界と三次元世界をつなぐような歌詞を幾つも書いてる。
 無意識なのか意識的なのかわからないけど、
 「フィルム」なんて、まさしく、だし。
 「時よ」もそうだし、
 「ギャグ」や「夢の外へ」も「桜の森」も「地獄でなぜ悪い」も、
 「Crazy Crazy」なんてもうまさに!だし。

◯そんなこといったら大橋トリオ氏の曲もそうなんですよねえ。あれもこれも。

◯そんなこといったらYUKIちゃんの曲もあれもこれもになるし、

◯それなら、あの人も、この人も、ってなる。
 挙げていったらキリがない。。

◯先日観たチェコアニメの作家さんも、絵本作家さんも、
 第二次世界大戦前後の、あの東ヨーロッバの激しい抑圧の中でも、
 あんな素晴らしい表現を諦めずに作ったんだもの、
 って思うと拍手以上に泣けてくる。


なんて言いますか、
素晴らしい物作りをされている方々、
素晴らしい表現を発信されている方々、
もっともっとたくさんいてて、
そうしたものに触れるたびに、幸せな気持ちになれるのって本当に素晴らしく・・、

別にそのフィクション、エンターテイメント、曲、映画、舞台もろもろ、
自分たちの実生活とかけ離れた世界のものだ、
って言ってしまえばそれまでだけど、

でも、
自分の生活、
地に足ついた生活の中へでも、落とし込める要素やヒントが満載だと思う。

自分の実生活を心地いいものにするのは、
その歌手や映画監督や作家さんたちではなくて、自分自身なんだよ、
そのヒントを落とし込んで実践する自分自身なんだよ、

ってことを教えてくれてる気もする。

(あの人たちはすごい、それに比べて自分は・・は無しです・・。
 比べない、そこ大きいです。
 敬意と崇拝は違う。
 作り手も、鑑賞する側も同じ一線上。喜びの波紋を広げ合う同士。
 どちらかが、ただ崇拝しろっていうニュアンスになると罠に陥ったのかな、と思う。
 そこもいろいろ見極めていくヒントの一つかと・・。)



実生活、自分の力、そのものを引き出してくれる、
背中を押してくれるツール。
そんなものたちを作り出してくれている方々って、
なんて素晴らしいんだろう、ありがとう、拍手!!って思う。


さっき、
期末試験中のはずの中3長女が、
試験中だからかなり早めのお昼に帰ってきて、
いきなり、
「お母さん!!
 お母さんにぜひ見て欲しい動画があるねん!!」とすごい剣幕で言ってきた。
聞くと、
「君の名は。」の監督さんが前に作った別の作品で、
「君の名は。」にも一瞬だけ出てくる高校の先生がいるんですが、
その方が主役の作品があるらしく、
長女はその作品の短い紹介動画を見ただけで号泣したらしい・・。
で、
「お母さんも見るべし!!!」と。

見るよ、見るとも、見ますけども・・、
それよりも、
娘よ、期末試験はどうした。



------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♡
自家発電できる力があるって信じられるように。
そして、自分から力を起こして、回す。それ最高。
一緒に回しあう。
一緒に循環させていく。
そっちのイメージでぜひぜひクリック♪*^^*



  1. 2016/11/30(水) 14:31:49|
  2. 好きなもの・オススメなもの
  3. | コメント:0

古代の神話

2016年6月27日


IMG_7592.jpg

子供の時に、
ギリシャ神話を夢中になって読んでいた時期がありました。
女性漫画家さんたちが美しい男性・女性を描いている神話本も持っていました。

美しいだけじゃなくて、
人間臭い神様たちのお話が、子供心ながらに大好きで、
それは今も変わらず、
ついつい、そういう本を買ってしまいます。

写真真ん中のムック本、最高でした。
「名画で読む 神話とおとぎ話の世界」

ギリシャ神話だけじゃなくて、
古代ローマ神話、北欧神話までも網羅されています。
ルネサンス期から現代に至るまでの画家さん作の神話絵と共に、
神様たちの物語、性格など簡単な解説も載っていて、
もう、もう‥‥

最高でした。(大事なことは2回言う)

人間臭いんですよねえ‥、
全知全能の神ゼウスにしたって恐妻ヘラさんの目を盗んで、
綺麗なお嬢さんを見つける度に、
彼女たちに近づくために、ですよ、
自分の姿を、

白鳥に変えたり、
牝牛になったり、
雲になったり(え?)
黄金の雨になったり(ええ?)
して警戒心をなくして近づいてますしねえ‥。

そこまでしてでも、なのか、ゼウスさんよ。

そして、結果、
めっちゃ怖い奥さんヘラにこっぴどく叱られ(自業自得)、
ヘラさんはそれでも嫉妬の嵐がおさまらず、
たいがいの女性たちにものすごーく怖い、時には命まで奪っちゃうようなほど、
仕返ししちゃってますしねえ‥。
(女性たちは完全な被害者で不憫すぎる)

コ、コワすぎるよ、ヘラさん‥。
二人とも極端すぎだよ‥。

という、ちょっと複雑な気持ちにさせてくれますが、
その他の神様の物語もなかなかロマンチックだったり、勇敢さだったり、
バラエティに富んでて、
とにかくギリシャ神話は面白い。笑


神話ではないですが、古代ローマに関して言うと、

この前、東京の美術館で、
西暦79年、ヴェスヴィオ火山の大噴火の火砕流で、
一晩で無くなってしまった街・ポンペイの壁画展というのをやっているのを、
たまたま見つけて、
発作的に観てきたことがありました。

火砕流で全てが焼き尽くされた街の、
火山灰の中に埋もれていた壁画を最新技術で再現して、日本まで持ってくるなんて、
なんてすごい時代なんでしょうか。

これ見ながら、なんか泣けてきちゃいまして‥。
失われ方を想像するだけで胸がつぶれそうですけど、
なんとか残ってた、
その壁画にもギリシャ神話がちゃんと描かれてたりして、
なんていうか、いろんなものがよぎってウルっとしちゃって‥。

当時のローマの人たちにとっては、
ギリシャ神話というのは憧れの対象だったようで、
自分の家の壁に、憧れのギリシャの神々を絵師に描かせたんですって。
ダントツ人気で描かれてるのが多いなーって印象だったのが、
太陽の神様アポロンだったように思います。


で、なんか今また、古代ギリシャの特別展とかを東京でやってるそうで‥。

み、見たい。
見たすぎる‥。
9月までやってるから、まだ先だなーって思ってたらあっという間に来て、
焦るんだろうなあ、また‥。



  1. 2016/06/27(月) 13:16:18|
  2. 好きなもの・オススメなもの
  3. | コメント:0

それを愛と言わずして何と言う

2016年6月5日


本当にこの方の作るものには愛がこもってる、

としか言いようがないものを、
また一つ手に入れてしまいました。

愛がこもってる。

と言っても、
別に男女間の恋愛感情のように、
はたまた親子間でもありがちな状態のように、
「あなたの為にしてあげてるのよ」的な、
こっちは頼んでないのに、一方的に愛だと思い込んでるものを押し売ってくるような、
そんなものではなくて(言い方に毒があるじゃないか‥ええ?)、


「これで貴方が心地よくなってもらえるかどうかわからないんだけど」
と、むしろ控えめなのに、
ただただ、相手のことを考えて、
心から想像されて作ってくださったもの。

そんなものって、
やっぱり手に取って「わかる!」「伝わる!」んだろうなあ‥、
ってつくづく今回も感じました。

それを作られた方のハートがフワーッと伝わってくる。
だから尚更、愛おしくなるわけで。。

ちょっとした端々の処理も丁寧に施されて、
1mmの違いにもこだわっていて、

そうだ。
そういうものも私はここに書き記していけばいいのだ。
今後もそうやって一つ一つ、
「愛のこもったもの」
をご紹介していこう、うん。

と思ったので、早速、お披露目します。

和歌山県田辺市中辺路町ちかつゆ にある、
革バッグとセレクトショップ

Selection ROCAさん作バッグ
「Oban-Coban」

image2-3.jpg

そう、大判小判なんですー。

裏がこう。
お財布とスマホだけで身軽にお出かけしたい時なんか最高です。

image2-1.jpg

全身でのバランス、こんな感じ。

kayanosan-5.jpg

どうですどうです? 可愛くないですか?

大判小判ってだけで面白素敵すぎる‥。最高です。
身につけたらますます可愛いし。ぽぽぽ。

ずっと一生大事にしていけるんだろうなあって思うと、本当に嬉しい。
ROCAさん、ありがとうございました!


  1. 2016/06/05(日) 11:11:11|
  2. 好きなもの・オススメなもの
  3. | コメント:0
次のページ