FC2ブログ

佳矢乃のキノミキノママ日記

ここを放置しがち・・・

2018年7月27日


ここのブログ・・ちょっと放置しすぎです。

書きたいことがないわけじゃないのですが。


またこれ乱暴に、
ここ1ヶ月ほどであったこと、
感じたことを箇条書きに。


◯健康は大事。
 もう、無理は効かない(笑)
 女性で案外多いかもしれない低血圧。
 血圧数値、上が100も届かないのが普通でしたが、
 もうこんなもんか、と思って過ごしていました。
 ところが、ある日受けたプチ人間ドックでの血圧測定。
 まさかの上数値78。
 わたくし至上人生初の数値。
 測定員さんに「あかん、倒れるで。」と言われる始末。
 確かにフラフラしていたので(え)
 速攻、近くの薬局に言って漢方薬の相談をする。
 処方してくれたのがツムラの41番。
 早速試す。
 翌朝、かなり体が軽かった。
 この軽さが、普通らしい。
 ということは、普段どれだけ疲れやすかったのか、と思い知る。
 あれが普通だと思っていた。
 違ったんだなあ。(えー)

◯ということで、もう無理はいたしません。
 かばい、かばいやっていきます。(え)

◯とはいえ、元気は元気です。
 娘ごとが多くて、なかなか忙しい毎日ですが、
 なんだか気持ち的にはゆったりやっています。
 ありがたいことにお仕事も、
 みなさんに支えていただきながらお陰様でやっております。

◯御朱印帳が新しい展開になりそう。
 また本決定したら、こちらでも告知します。
 ネット販売分も、在庫分は全て完売しました。
 ありがとうございます。
 次回、販売は10月以降になりそうです。
 
IMG_2232.jpg


◯流れに身をまかせる、とはよく聞きますが、
 何もしないことじゃあないよなあ・・とも思います。

◯でも、心に反したことはもうできません。
 それがいくら「やっといたら得だよ。」と言われることでも。

◯とはいえ、
 心になかったこと、突拍子もないことでも、
 向こうからやってくるものを受け入れてみても面白いかもしれず。
 自分の意図とは違うものでも、
 乗っかってみたら面白かったこと。
 そういうこともわんさかあるので、人生わかりません。
 
◯こだわりは、
 時として蜜にも毒にもなるんだなあ、と。


◯「わかったつもり」が一番怖いです。
 基本「自分はわかってない状態だ。」と思っているくらいが、
 ちょうどいいような気がします。

◯だから、
 「相手はわかっていない」体(てい)で接するのは気をつけないと、
 とも思います。
 わかっていない人なんていない、と思います。

◯でも、わかっている、
 わかっていない。
 そんなことも大して重要でもなくて、
 「今、それにどれだけ込めているか。」かなあ・・。


◯どうにもならないこともあるし、
 自分がコントロールできないこともたくさんある。
 でも、
 どうにかしようとしなくていいかもしれない。
 どうにかしようと頑張れば頑張るほど、しんどい。
 自分のこだわりだけしか見えなくなる。
 縛る。
 縛られる。
 そんな繰り返しはもうやめていいよなあ、と思う。

◯「楽」って漢字の成り立ちは、
 確か、木の上で小鳥が楽しそうに歌っている象形文字だったかと思う。
 小学生の時の漢字辞典でイラスト付きで見たような気がする。
 小鳥が歌う。
 木の上で安心して歌う。
 楽しむ。
 思い出したので、
 なんとなく、意味なく書いてみる。

◯寝ていたら、
 顔にすごく力が入っていたことに気づいた。
 奥歯を噛み締めた状態で寝ていた。
 全然リラックスしていなかった。
 意識して、ゆるんでみる。
 緩むことにすら、意識が必要だった。
 それくらい、普段、力が入っていたんだと思う。

◯もう、力を抜いていいよねえ。
 ・・という気分になっている。
 手を抜くんじゃなくて、
 力を抜く。
 そのさじ加減は、わからないけど、
 奥歯を噛みしめるのはやめようと思う。

◯いろんな方との新しい出会い。
 嬉しい出会い。
 たくさんありました。
 ご縁ありがとうごあいます。
 

  1. 2018/07/27(金) 17:11:14|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

いろいろありすぎてカオス

2018年4月17日


タイトルのように書いてしまうと、
だいたいは、
「ネガティブ」な捉え方をされるんでしょうか。

しかし、
そうでもない。

そうとは限らない。

「いろいろありすぎてカオス」

この言葉に含まれる事柄・状況・感情もろもろ、
ポジティブだろうがネガティブだろうが、
確かに、
全部ひっくるめるとカオスなわけだけど、

決してそれが「悪い」という側面だけではないことくらい、

もう何十年か生きてきたら、
肌感覚でもその意味が感じられる程くらいにはなってるかな、
とは思う。

4月に入って2週間。
自分のための備忘録として箇条書きにしてみる。(え)


◯ちょっと距離が開いた(と思っていた)友人2人から、
 立て続けに連絡をもらったり、会えたりした。
 それがとても嬉しかった。
 「人付き合いは腹六分目」
 ・・とはよく言ったもので、
 あまりお互いの領域に踏み込み過ぎない方が、
 心地いい関係性が続けられる気がする。
 それを改めて感じつつも、
 だからといって、それは、
 「裏表作って付き合う。」という意味では決してなくて、
 こちらは正直に、本音のままに(なんでもかんでもぶち撒けるじゃなく)
 こんな風に付き合える関係に感謝した。

◯舞台鑑賞。
 他の観客のマナーがひどすぎて久しぶりに大憤慨した。
 観劇というエンターテイメントに慣れていないとしても、あれはない。
 観劇という場が、まだ一部の人だけの娯楽でしかないのは、
 ある程度仕方ないとしても、
 TPOというものは大事。
 もう少しTPOの意識できる人が増えてほしい。
 わたしも含め。

◯でもお芝居を見るのはやっぱり好きだ。
 大爆笑続きの良いお芝居だったなあ。

◯次女・中学入学式。
 大きめの制服が初々しい。

◯心がなんだかざわつき始める。
 理由も根拠もなく、ただ、なんだこれは?的な、
 ざわつきが先週半ばからあって、あまり眠れなかった。

◯とある週末の夜、
 ずっと憧れていた方に、やっとちゃんと会えた。
 バニラカフェさん主催のイベントで、
 喫茶ビートルさんのホットケーキを食べる会にて。(笑)
 甲斐みのりさん。
 田辺市観光の冊子も手掛けられている。

IMG_3052.jpg

IMG_3063.jpg


 
◯まさかのカウンター席隣同士に座らせていただいて、
 まさかの、同じお皿のホットケーキ、
 同じお皿の日清焼きそばをつつき合いながら食べるとは思わなかった。(喜)

◯ちなみに、
 KORYUという中部電力発行の冊子で、
 甲斐さんは巻頭特集紀行記事・わたしは表紙イラスト担当で、
 なにげに密かに3年間、共演(?)はさせていただいていたのです。

◯幸せな夜でした。
 が・・・

◯なにやら好きな人たちに変化が起きると、
 肩入れしている分、気持ちも持って行かれる。
 例えるなら、
 ハイキュー!!の烏野高校3年のあの3人のうち、
 誰かが違う道を目指すと言って、
 バレー部を退部するとわかった時の気持ち。(なにそれ)
 ただ寂しいだけじゃない、でも寂しい、
 ただ悲しいだけじゃない、でも悲しい、
 ただ応援はしたい、する。でも急すぎて戸惑う。
 そんな感情を味わう。

◯感情というのは、
 引きずろうと思えばいくらでもひきずることができる。
 でも、そればかりに飲み込まれていては、
 そのことだけに限らず、他のことも進まなくなりがちになる。
 そうとわかっているけど、飲み込まれる時もある。
 そんな時は、ただひたすら出てくる感情を味わったっていいじゃないか、
 とすら思う。

◯無理に押し込めてしまった感情は、後から腐って、
 対処するのが、ますますやっかいになるから。

◯生活・状況・環境いろいろあるけど、
 今置かれている場所で、
 今の自分になにができるんだろうと、
 一人一人が自問自答して、
 先を見据えて、
 今、今を生きてさえいたら。

◯でもやっぱり、
 ハイキュー!!もそうだけど、
 好きになる人たちには似たような共通点があるなあ・・と思う。

◯唐突だけど、
 映画「ライフイズビューティフル」のあのお父さんが好きだ。
 あんな生死がかかった戦場下でも、
 子供を安心させようと笑わせていたお父さん。

◯自分はその直後、殺されるのに。

◯あかん、泣く。(放置してください。)

◯好きになってよかったと思えること自体、最高やんね。(どうした)


◯そんなカオスの中、
 先週発表されるとともに張り切って予約しておいた
 iPhone8 Product Redが来たと連絡をもらったので、
 何年ぶりかの機種変更に行く。
 いろんなアプリ入っているから移行するのめんどくさ・・と、
 なかなか踏み切れなかったけど、
 これは買うしかないと思えるほどピピピ!と来て買った。
 機種変更してよかった。最高。

◯そう、そんな
 喜怒哀楽入り乱れる中でも、
 ふっと訪れる平穏な流れ。
 ふっと訪れる心静かになれる時間。
 
◯昨夜も楽しい夜でした。
 ヤタガラスNight 
 熊野古道女子部合宿後のパーティに参加させていただきました。
 熊野古道まだ歩いてないけど。
 今度は歩こう。


◯しずくふたつの絵も、嬉しいことに、
 次々とご縁をいただいて、
 お客様の元へ。
 またこれについては別記事でちゃんと書きます。


  1. 2018/04/17(火) 10:44:24|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

表向きは「トラブル」に見えても

2018年3月5日


前回書いたアロマサロン・クラーベさんに行った日の、

その前後のこと・・・

よくまあ、
こんなにも次から次へと起こってくれるもんだってことを、
聞いていただけますか。(え)

かなり長いです、お時間のある時にでも。ふはは。

-----------------------------

まず、クラーベさんに出向く直前の朝のこと。

いつものように長女を車で、
高校まで送り届けて、
次、着替えるために自宅に一旦帰る途中でした。

車を走らせていたら、
パシッ!!とかなりの衝撃を受けまして・・。

「うわ、なんか当たった・・。」
と、見ると、
フロントガラス運転席側の隅っこに、
小さな丸いヒビが入っているではありませんか。

小石か何かが飛んできて当たったみたい。
これは、かなりショックでした・・。

わたしの愛車、
軽の中古で10年前の離婚と同時に、
当時それほど金銭的に余裕なかったけど、頑張って購入。
もともと気に入ってる車種なので、
これからもしばらくは乗り続けるつもりでいました。

だから、
突然起こったトラブル、
フロントガラスに入ってしまった小さなヒビ。
それだけでも、
運転しながら、意気消沈しかけていました。

「うええ・・・、
 これから宝塚まで長距離運転もせなあかんのにぃ・・。
 このまま長距離乗って大丈夫なのかー?」

という不安も重なって。

その後、ガソリンスタンドに立ち寄って、
ガソリン満タン、エンジンオイル&エレメント交換まで済ませ、
ワックス洗車まで済ませたら、

最初はただの小さな丸だったヒビの亀裂が、
はっきり筋になって、
どんどん亀裂が伸びているじゃありませんか・・。

「え、うそやん、ヒビ伸びてるやーん・・・(泣)」

これまた、がっくりがっくり。

あんまりがっくりして肩を落としているわたしを気の毒に思ったのか(笑)、
ガススタのおじさまが、
「宝塚まで行くんなら、
 せめてテープでも貼っとこか?」

と透明の補強テープを貼ってくれましたが、
ひび割れの上に貼り付けた補強テープの、
なんとみすぼらしく見えることよ・・(ありがたかったけど。笑)

待合室で、
すぐさま保険でお世話になっている車屋さんに電話し、
今後どうしたらいいかを聞いて、
まあ、ひとまず安心したものの、
あいにく車両保険には入っていなかったし、
突然の自費額を聞いて、またまたがっくり・・。

そんな気落ちした状態で、
宝塚に向けて、高速に乗りました。



でも・・・ですね。
こういう時のコツ。

気落ちするときは、しっかり気落ちする。

それを許す。

出てくる感情は、
無理に打ち消そうとしないことがコツ
だ、
って知っていますので、

出てくる感情は、
とにかくその時しっかり味わい切るんです。


今回もそれをしました。

運転しながら、
「くそーーー、いやだーーーー。
 うううー、くやしいーーー。」

と、声に出しながら(笑)
ジリジリ湧いてくるがっかり感をひたすら味わいました。

そしたら、

突然ふっと
一つの言葉が、ふっと湧いてきましてね。

「大難を小難に変えたよ。」と。

ハイヤーセルフ(隊長とわたしは呼んでいる)、
高次元の視点から見ている自分の魂から湧き出たものなのか、
どこからのものかはわかりませんが、
かなり力強くはっきり感じました。

おっと、そうだ。
きっと、そうだ。

最近、貧血でのめまいが起こりがちで、
運転中もちょっとクラっとしたことがあったので、
今日みたいな長距離運転中に、
クラっとして大事になってしまう可能性だって、
ゼロではなかったかもしれない。

それが起こる前に、小ちゃな難に変えてくれた。
そういうことって、ありますよね。

だから、
これは、
トラブルのように見えるけど、
捉え方によっちゃ、

「この程度で済んで良かったんだ!」と。

そうすると、人間 図太いもんで(笑)
本当にそうだと思えますから、
途端に気持ちは晴れ晴れ、
突然の出費くらい、あの額だって、

どうせ入ってくる。

と思えて(笑)、

そこからはもう、
何が起こっても、なんのその気分。ふはは。

各ジャンクションもスイスイのスーいとこなして、
宝塚までスムーズに行けたのでした。


で、アロマサロンでもフロントガラスの話をしたら、
クラーベさんは、
「ヒビを入れて、殻を破れってことだったんですかね。」
と、にこやかに仰って下さる。

えへへ、そうですよねえ。

殻を破れ。ってことも、
最近、何回も来るメッセージでしたから、
そういうサインでもあったんだろうなあ。

------------------------------------------

そうしてアロマの至福時間を終えてから、

今回のニューロは脳神経の回路を緩める作用があるので、
今かなり、ゆーるゆるだと思うので、
帰りの運転のために、
ピシッとするようなカレーとか食べますか。

と、
近くのインド料理屋さんでカレーを美味しくいただいて、
スパイスでピシッと「締めた」はずが・・・(え)

クラーベさんと別れて、
いざ、駐車場に戻って車に乗り込んだ時、

「あれ・・。
 駐車券、どこ締まったっけ・・・。」

入庫した時に駐車券を取って、
それをどこにしまったのか、
まったく、
まったく記憶になかったのです・・。(えーー)

普段のわたしなら、お財布に入れるはずなのに、
いくらお財布の中を探してもありません・・。

えーー、まじかーーー、
どこに置いたんだーーーー。
(その日2回目のプチがっくり、笑)

かなり時間かけて車内や服のポケットも探したものの、
見当たりません。

とにかく一旦出口まで行って、
センサー機械の呼び出しボタンを押しました。
プルルルル、プルルルル。

したら常駐の係員のおじさまがすぐさま来てくれて、
取り立てて罰金もなければ、
名前を住所を書類に書くだけで済ませてくれて、
「あらー、◯◯◯から来られたの?
 遠いところをー、はいはい、1,000円、
 はい、これで通って結構ですよー。」

と、なんとも優しく、なんとも優しく(笑)
ああ、ありがとう・・おじさまありがとう・・・と、
夜の宝塚を出ようとしたら・・

(え?まだなんかあんの・・)

ちょうど宝塚大劇場の目の前の一方通行の道を走ることになって、
制服姿の宝塚音楽学校の生徒さん3人歩いているのを眺めながら、
この細道でほんと大丈夫なのか・・と、
スマホのナビに従って走っているものの、
なんか大通りに一向に出る気配がない・・。

まあでも、この道筋を通れって言ってくれてるから、
行こうか・・と、
おそるおそる走らせていたものの、

まっすぐ行かないといけなかった信号のところを、
うっかり前の車が右折するのに釣られて(え)、
わたしも右折してしまい(えー)、
まったく真逆に向かって走り出してしまう凡ミス。

走り慣れてない街を走ると、こういうことが起こりがち。

いかんいかん、Uターンしないと・・
と、
なんとかUターンできて・・、

はい、大通り乗れたー・・・
はい、高速乗れたー・・・とホッとしたのも束の間。

(え。また?)

本当は左車線側の松原ジャンクションを目指さないといけないのに、
なぜかスマホのナビはずっと右側車線を示していたものですから、
馬鹿正直にそのまま右側車線を走っていたら、
あら・・あらら・・・あらららら・・・
左側に見える松原行き表示をスルーする形で、
わたくしの車は、
真逆の京都行きの車線に入って行ってしまったのです。

ほんと、
どんだけ無駄な回り道を繰り返してるんだ・・。

と自分のミスを責めそうになるところですが、
以前のわたしとはもう違いますよー。(え)

こんな凡ミスしたって、
決して自分を責めないであげる。

いいの、いいの、ミスしたっていいのいいの。

それに、
もうこれだけいろんなことが起こっているから、
(起こしてんだよ)

「ふっ。京都に行く前に、
 手前のどこかで降りればいいのさぁ。」

と、意味なく余裕をぶっかまして運転し続けてみると、

これまたラッキーなことに、
走行距離たった2kmくらいで高槻・茨木出口を見つけ、
余裕のよっちゃんのまま高槻・茨木に一旦上陸し(言い方)、
すぐさま高槻・茨木インター入口から再び高速に乗り、
松原ジャンクション向かって、
無事軌道修正できたのでした。

ほれ、みなさい。(なぜドヤ顔なのか)


しかし、
一体この人は、なぜこんなにも凡ミスを繰り返すのか。
と思いますですよね。わはは。

本来の自分の本質がピヤーーッと溢れ出ちゃっただけ
いいのだ、それでいいのだ。ふははは。

さすがにこれで凡ミスは終わるだろう・・、
と思いながら運転を続けるも、
フロントガラスの亀裂は、
ガススタのおじさまが貼ってくれたテープをはみ出して、
さらにさらに亀裂が伸びていく始末。

やばい・・、
このままでは視界を遮るほどのヒビになってしまう・・。

そんな緊張感と危機感を味わいながら(笑)
なんとかかんとか、
深夜、自宅に帰りつけたのでありました。
なんてスリリング♡(え)

この1日で、一体どんだけ〜なのか。と。(笑)


やー、なんでしょうか。
でも、
この一連の凡ミス続き、うっかり八兵衛ミス、
突拍子もないトラブルが立て続けに起こっても、

「なんとかなるさ。」的な気持ちで、

実際、
「なんとかなった。」のです。

そう、
なにがあっても、

「なんとかなる。」もんなんですよねー。


本質の自分を隠そうとしなくってもいいんだし、
ミスしちゃった自分を責めなくてもいいんだし、
ミスしちゃったくらい、なんてことない、あるある♪


そんな自分だって愛おしいじゃないですか。


京都行きの車線に乗っちゃった時なんて、
思わず、一人爆笑しちゃいましたもんね。
呆れるの通り越して、面白くて面白くて。(笑)


という、
実験でも結果報告でもなんでもない、
ただの、
はちゃめちゃな1日を報告しているだけになってしまいましたが、

表向きは、
自分にとっては都合の悪いこと、トラブルのように見えても、
捉え方によっては、
「おもしろいネタ」にだってできる実証記録。(そうなの?)



【本日の実験?と結果・・なのか?笑】

笑い飛ばしていこう。
ネタにしていこう。

今は笑えなくても、
いつかは笑い飛ばしてやろう。

そんな心持ちが、
この地球で生きて行く、最強の術。


・・のように、わたしは感じます。
  1. 2018/03/05(月) 20:26:08|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

望んでいることが

2017年12月25日


クリスマスですねー。
大勢のサンタさんが昨夜は眠い目をこすりながら、
子供部屋に足音立てないように忍び込んだでしょうか(笑)


自分が今 望んでいる形が最良だとは限らないのに、
ついつい、
今 望んでいる形が現実になったら最高だと信じて、
そればかり願ってしまいがちですが、

もっと他の形で、
自分に最良かもしれないものも、たくさんたくさんありまして。

外側の形ばかりを求めるし、
外側の形ばかりの実現を願うけど、

全然、想像していない形の方が、
実は自分の心が最高に満たされる場合だってある。


どんな感情を味わったら満たされるのか、
・・がキモなんだろうなと思います。

形じゃなくて。
誰とどうなるか、じゃなくて。

自分の心がどう反応するか、なんだよなあ・・。
形じゃなくて、
感情・心・そっちなんだよなあ・・、
って、自分で自分にいつもツッコミます。


そっちの感情や心を味わえる「何か」なら、
きっと、
どんな形がやってきても、現実になっても、
満たされるのは確実。


難しいことはさっぱりわかりませんが、
どうも、
エネルギー量子学的にも、
そっちがそうみたいです。(そっちがそうってなんだ)


思い当たること、結構たくさんありませんか。
わたしは、あります。むふ。



  1. 2017/12/25(月) 08:31:19|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

怒涛の11月、変化の12月

2017年12月13日


ひさしぶりに思ったこと、
感じたことをつらつらと残していこうと思います。

タイトル通り、
「怒涛の11月、変化の12月」・・を感じています。

11月は御朱印帳グループ展、
青山一丁目での個展と続けざまということもありましたが、
それに加えて、
個人的な私用でも、
かなりバタバタ、心も落ち着かない日々でした。

正直に告白すると、
ひさしぶりに「心が折れそうな」状態になりまして(え)、

私自身のことでなく、家族のこと、
いろんなこと、

表面的には、私以外の人の出来事だとしても、
でも、逃げずに辿っていけば、
それは私自身の過去の記憶からくる様々な思い込みが、
「ただ、そう見せているだけ」だ。

・・ということにも気づいていたので、
なんとかかんとか、
周りの方々にも助けていただきながら、
11月を乗り越えられた・・・そんな一ヶ月間でした。

自分一人ではどうしようもないことってたくさんありますね。

自分一人でなんとかしようとしても限界があります。

そんな時、
「ヘルプ」が言える自分にもなれました。

「ヘルプ」を快く受け入れて、
手を貸してくれる方も何人もいてくださいました。

その度に、
本当に感謝の気持ちでいっぱいになりながら、
まだ経過の途中ですけど、
その後のやりとり、お礼、などなど・・・
しばらく続きそうです。

ここをご覧くださっているかどうかわかりませんが、
改めて、
心から、ありがとうございます。
・・とお伝えしたい次第です。

おかげさまで、
12月に入って、状況も少しずつ改善に向かっていまして、
波はありますが、
自分の気持ちが落ち着いているのも感じます。

笑っていれば、なんとかなるなー、という気分です。

本当にありがたいです。


こんな風に書くと、
湿っぽく暗くなりますが(苦笑)、
実際はそこまで暗くもなく(その説明は要るのか)、

心弾むこともありますし、
楽しい時間もありますし、
嬉しすぎて泣きそうなこともあったり(どんだけ)

それもあって気持ちの浮き沈み・アップダウンが激しすぎて、
疲れただけなんだろうなあと思います。(笑)

そう、気持ちのアップダウンが激しい故の疲れなんだと・・、

自分ではそう分析しています。

ここ最近は、その波も穏やかになりつつあります。

そして、
一日に爆笑を何度もしている。
そんな感じです。

唐突ですが、
私の尊敬する方が、
「一日一回、大爆笑」をモットーとされていました。

普段は、
落ち着いてらっしゃって、
理路整然とお話しもされて、
どっしり地に足ついた女性でして、
とりたてて自分から笑いを取りに行くような、
アグレッシブな方でもないのですが、

その方の口から、
「一日一回、大爆笑です。うふふ。」

と聞いたあの日のことを度々思い出しては、つられ笑いをするのです。

笑えない日があっても、そんな自分のことも許してあげながら。


そう、
もう、

「こんな自分ではダメだ。」は要らないな、と思います。

どんな自分であってもオッケー、でいい。
・・と本気で思っています。

誰かがあなたにダメ出ししても、
確かに受け入れた方がいいこともあるかもしれないですけど、
その人の言葉は、
実はご本人の観点から、ご本人に向けられたものが多い気がします。
自分で自分に言っているんです。
その人が気づいていないだけで。

「こうした方がいいよ。」という感じの、
改善したらいいよ的な表現だといいんですが、

「それではダメだよ。」という否定的なダメ出しは、
その口癖を持つ人の「生き方の表れ」だな、
と感じることも多いです。

誰かの否定的な言葉を採用するかしないかは、自分が決めていいと思います。

もう、
ダメな点を改善しようとするよりは、
もともとの持ち味、素敵な部分にもっと目を向けてあげてほしいです。
せめて、自分だけでも。

基本的に、
心が優しい人は、自分に厳しい人も多いです。
周りを責める前に、自分を責めがちです。

それが積もり積もって、疲弊していく。

もし、
「こんな自分ではダメだ。」が、
口癖のようになっている方がいたとしたら、

「自分へのダメ出しは、
 もう、しないであげてくださいね。
 十分、やってはるんだから。」
と、
そっと隣に行って耳打ちしたい。

そんな気分な師走も、
早くも中盤に差し掛かっていますね。(え)

-----------------------

そうそう、
遅ればせながら、
11月の青山一丁目の個展時に、
ご芳名帳にご住所を書いてくださった方へは、
本日、お礼状ハガキを郵送できたんですが、

まれに、
宛先の記載がなくて、
お礼がお送りできない方がいらっしゃいまして・・・

そんな方に届け!

メリークリスマス!!

twin14_omote_illust.jpg


  1. 2017/12/13(水) 16:08:51|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0
次のページ