佳矢乃のキノミキノママ日記

各種お知らせ

(固定されたTOP記事です。最新のブログ記事は1つ下からになります。)

佳矢乃Original
2016年後半以降の作品・仕事など情報は、こちらからになります

佳矢乃ホームページ
2015年以前の作品・仕事など


Tumblr
Facebook
直近に公開されたお仕事や、その他の作品などを順次アップ


Twitter
Imstagram
ブクログ
お仕事告知、日々のつぶやき、スケッチなどなどを

「もう一人の自分」作品群
あるテーマで、祈りと願いを込めて描き溜めています。
(あらゆる男女が本来の自分のままで出会って愛を築いて、どんなことも二人で乗り越える。
 そんなカップルが増えたら世界が平和になるなあ、と思って。)


「もう一人の自分」についてのブログ記事

-----------------------------------------------------------------------------

オリジナル紙モノ雑貨・お取り扱い店(順不同)

レトロ印刷JAM ONLINE OMISE
Selection Roca(和歌山)
京都岡崎のレトロなお店 eight
お弁当カフェ発芽家(和歌山)
ルイ・イカール美術館(京都)
瀞ホテル(奈良)

160919kamimon.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

SUZURI_佳矢乃
スマホケース・マグカップ・トートバッグetc.オリジナルグッズ販売中

160919suzuri.png

-----------------------------------------------------------------------------

今月今日
イラストを担当させていただいたグッズ(八咫烏・素戔嗚尊など)
160919kogetu.png

-----------------------------------------------------------------------------

自らブレンドできるコーヒー屋さん「My Coffee.Jp」
佳矢乃ブレンドコーヒー「Dance Dance Coffee」も販売中。
ラベルもオリジナルイラストです。

160919coffee.png

-----------------------------------------------------------------------------

珈琲専門店バニラカフェ×佳矢乃自作絵本「生まれる日」のギフトセット
『Cafe Time Book』
ご出産祝いや内祝いにも喜ばれています。

160919vanillaehon.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

珈琲専門店バニラカフェ
パッケージラベル・童話シリーズイラスト描いております。
「赤ずきん」「幸福の王子」など他にもたくさん!
オンラインショップで販売中。

160919vanillatop.png

-----------------------------------------------------------------------------

また、
イラストレーターの仕事と並行しながら、
魂の本質からメッセージを受け取るハイヤーセルフリーディング活動もしています。
(「みずたまひつじ」名義です。どこかで見つけてやってください。)

これまでの経緯をまとめたプロフィール

ハイヤーセルフリーディングってなんぞや?

また関連記事も是非どうぞ。

絵本「生まれる日」のこと



--------------------------------------------

全ての感情の中でも、
最高のエネルギー振動だと言われる「JOY」をお裾分け中♪
下バナーをクリック♪で、JOYが貴方にピューーーン♪


  1. 2017/12/31(日) 23:58:58|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

半日、大阪。

2017年2月22日のこと


アトリエとギャラリーMoiさん
「おきあがり小法師展覧会」を見てきました。

写真・・撮影忘れ・・。笑

総数450体だそうです。
たくさんの作家さんの、たくさんの小法師ちゃんが並ぶ様。

それはもう可愛さの極み。

本当に見ていただきたい・・・ああ、可愛いって幸せ。
可愛いって無敵。最強。(某ドラマ・みくりちゃんの名言)

個人的に、
「これは長女と次女そっくりだ。
 とにかく顔がそっくりだ・・。」と思った小法師ちゃんがいてまして。

すみません、みなさん、
わたくし参加者なのに買ってしまいました。
また展覧会終了後に作家さん名と共にお披露目させてください。
娘たちも喜んでくれて、私も幸せ♡

幸せ空間、アトリエとギャラリーMoiさんにぜひぜひ!

n-17okiagarikobosi.jpg


その後、車を京セラドームまで走らせまして、
昨年秋からイラストを展示してくださってた
スノボブランド「JEWEL」販売ブースに行きました。

IMG_9250.jpg

京セラドーム9階の特別会場にあるんです。
会場入って探すの、ワクワク♪
見つけた!わーーー!です。(小学生以下の作文)

商品着用の女性イラスト描かせて頂いてたんです。
その特大タペストリー。
自分で言うのもなんですがかなり目立ってました!(喜&感謝!)
たくさんお店があるのに遠目からでもわかるくらい。
思わずワーッて声が出ました。(小学生なのか)

イラストと同じ商品とがそれぞれの前に並べて展示されてあったり。

京セラドームでの販売イベントは、今週末26日まで。
スノボ関連のツイート商品がかなりお得になってるようで、
平日の昨日でもお客様が割といらしていました。
スノボ商品がほしい方は今がチャンス♪

帰り・・、
京セラドーム駐車場の出口がなかなかややこしくて、
ドーム外周をグルッと回る道路、
その東西南北、何箇所かの出口があって、
わたくし、
自分の出る方向の出口を見事に見逃し(え)
京セラドーム外周を一体何周回るねん、
という危機に陥りました。(大げさ)
やっぱり大きいわ・・京セラドーム。

高速乗っても片道2時間、まあまあ遠いけど、
行ってよかった。

美味しい手土産もいくつかいただいて嬉しい&感謝!

IMG_9251.jpg
米粉のクロワッサンとドライフルーツ。美味しいって幸せ。


今回は、隙間時間を縫っての弾丸来阪でした。


------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♡
下バナー押していただけると励みになります♪
JOYを循環させるイメージで♪


  1. 2017/02/23(木) 15:27:01|
  2. 仕事のこと、絵のこと
  3. | コメント:0

めちゃくちゃ大きいスイッチ

2017年2月22日


神様、
わたくしに、1日あたり36時間程度いただけないでしょうか。

と、先々週あたり本気で思いました。

時間があれば解決するのか、という単純なものでもないですが・・。

自分の傲慢だった部分、
いまだ根深く持っていた恐れ、
1日1日、とにかく怒涛のように気持ちが揺れ動き、
心の奥底の泥沼を這いつくばり、
そこにある原石を見つける作業の繰り返し。

でも、この膿出しが済めば、
また軽くなれることがわかっているので、
潜在意識的には平気なんですよ。

なんですが、
弱った心だと冷静にそう俯瞰できなくなるマジックにもかかります。


先週、そんなマジックにかかった自分は、
あまりにいろいろ煮詰まりすぎて、
半日、全てを放棄するかのようにドライブに行きました。
仕事あるけど、もういいや、と。

最初に山に向かいました。
向かった先はまだ雪がかなり残ってて、
途中から車が動かなくなりました。
無謀すぎました。
なんとかギアを変えて、なんとかUターンし、
方向を変えました。
山や目的地にそっぽを向かれたような、
少し寂しい気分になりましたが、
それは自分の勝手な思い込みです。

(と今の私は言い切れます。)

今度は海に向かいました。
暖かな陽気でした。
前に見つけた素敵な海岸沿いの珈琲屋さんに入りました。
一杯が本当に美味しく、
海釣りをする人を見ながら、
手帳に思いついたことを書いていました。

窓際に座っていて、
手元だと日光が眩しいので、
やや壁に沿いながら書いていました。

ら。

あろうことか、わたくし、
目の前の綺麗な白い壁にシャッとシャープペンシルの芯で、
黒い線を書いてしまったのです。
・・・そう、シャッと・・・シャーペンで。(決してダジャレではない。)

青ざめました。
とても感じのいいお店だったのに、
汚してしまった!どうしよう!
と焦って、
すぐさまシャーペンのお尻についてる小さな消しゴムで消そうとしましたが、
ちょっとこすっただけで益々汚れが広がるのがわかります。
余計汚れが汚くなるだけ。

慌てました。
もう申し訳なくて申し訳なくて、
ちょうど近くにお店の方がいらしたので、すぐに謝りました。
本当にすみません!と。

お店の方は、
きっと本当はすごく迷惑だったでしょうし、
腹が立ったかもしれないのに、
「大丈夫ですよ。
 お店は汚れるものですから。
 それに、また店長が白く塗りつぶします。
 そういう作業が好きなんです。」

とフォローしてくださるんですが、
私はもうそれが本音には聞こえず、
ただただ恐縮するばかりで、
なんとか消せないものだろうか、
と、そればかりで頭がいっぱいになりました。

お店の方があちらに行ってから、
手元にあったお手拭きで拭いてみました。
少し薄くなりました。
グラスの水をつけて拭きましたら更に薄くなりました。
少しずつ少しずつ・・・

完全に真っ白になったわけじゃなかったんですが、
なんとかこれで許してもらえるだろうか・・・と、
半分泣きそうになりながら(心が相当弱っていたんです。)、
レジに行ってもう一度謝りました。

かえって何度も謝るとうっとおしいかもしれないし、
ああ、嫌われたかもなあ・・なんて、
とにかく極端な思考になりかけていました。

お店の方は、いえいえ、本当に大丈夫ですよ。
と笑って済ませてくれましたが。

で、自宅に帰ろうと車に乗った瞬間に、

あ、そうか。

あ、そうか。

と、わたしの心の中にあるスイッチが、
今までにない程の大きなスイッチが突然パチンと切り替わった気がしました。

「いつも、
 失敗しないように、失敗しないように、
 失敗したら嫌われる、
 そう思って生きて来たんだなあ。」

「失敗しても、
 許してもらっていいんだなあ。」

と、本気で思いました。

お恥ずかしい話ですが、
車の中で号泣しました。(あけすけに書きすぎな件)

口では、
失敗してもいいよ、と娘たちに言っていました。
頭では、そんな失敗たいしたことないよ、と思ってきました。

でも、
まだ、口先だけでした。

娘たちが怒られないように、怒られないように、
そう、私の親から怒られないように、
と、私自身がビクビクしていました。

変なところでは度胸があるくせに、
変なところでは、ヘタレです。

今から書く自分の体験は、
別にお涙頂戴で書くわけじゃなく、
もしや誰かの、なにか糸口になるかもしれないなあ、
なったらいいなあ・・と思って書き留めるんですが、

長くなりそうなので、つまらなそうだったらスルーしてくださいね。

-------------------------------

失敗すると、自分という存在自体が丸ごと嫌われる。
と、
子どもの頃に思い込んだんだと思います。

そんなことない、って今の自分なら冷静に思えますが、

子どもは、親の態度から自分の存在価値を計ります。

親が、子どもにとっては全てです。
親から食べさせてもらっている。
親に服を与えられている。
親に住まわさせれ貰っている。
親にお金を出してもらっている。

親がいないと生きていけない。
親から嫌われたら、自分は生きていけない。

事実なので、子どもは必死に親に愛されようとします。

親が、
そのままの素の自分を愛してくれているかどうか、もすぐに見抜きます。

素のままでは愛してくれない、と悟ると、良い子を装います。

(反抗できて、自分の思いの丈を親にぶつけられる子はまだ骨があると思います。
 ぶれずに生きててほしいです。)

親も痛んでいたんです。
そのまた親の態度から、自分の価値を計ってた。
今ならわかります。
親なりの葛藤、そのまた親との確執、親から子へ、子から子へ。
痛んだままの親は、痛んだまま子に接して、
素直な子は、素直に親の態度からいろんなことを察します。

親も理想通りの親になれない自分を許せなくて、イライラして、
また子に当たります。
当たられた子は、親が幸せそうじゃないのは自分のせいだと自分を責めます。

親から子へ、子から子へ。
形を変え、表現方法を変え、受け継がれていく鎖。

「そのままの自分じゃ愛してもらえない。」という鎖。

延々と鎖は断ち切れないまま。

この鎖、呪縛、というか、
親子の負の連鎖に気付いてから、
とにかく私は、
自分の中の「鎖」を断ち切ろうとあらゆる方法を試しました。

少しずつ少しずつ鎖の正体が見え、
正体が見えたら、切る勇気を持って、切るだけ。
娘たちにはもう鎖を引き継ぎたくないから。

そのままで愛されてるんだよ、ということを知ってほしい。

でも、肝心の私がビクビクしたまま。
このビクビクした自分でもいい、
それでもいい、とまずそこも許して、

こんな鎖太くて切れない、と気が遠くなりそうになっても、
あきらめずに少しずつ少しずつ、ジリジリと切るのは辞めない。

そりゃ簡単なのは、
親に認めてもらった!
まるごと受け入れてもらった!
という体験をすれば、
こんな鎖を断ち切るなんて容易くて、すぐ・・なんでしょうが、

でも、それが叶わないんだったら、
望めないんだったら、
せめて、自分が自分を許してあげて、

自分の鎖を緩めるしかないんだよなあ・・・。と、本当にこの繰り返し。

だいぶマシになったなあ、
だいぶノビノビ親の前でも自分が出せるようになったなあ、
と思っていたのに、

ささいな失敗すら自分に許せていなかっただなんて、
ちょっと笑ってしまいます・・。

いいじゃないですか、もう。
許してもらっていいじゃないですか、自分から。


親も自分を許していなかったんだ。
親も劣等感の塊で、
その裏返しとして、
子どもに理想を押し付けて、
できないと気に入らない、を繰り返してただけ。

親も劣等感の塊だったんだ。つらかっただろうな。


私の親が反面教師として私に教えてくれたこと。

ここまで書いたら信じてもらえないかもしれませんが、
今現在の両親と私の会話は、
実に笑いに満ち溢れております。(フォローしても遅いよ)

なぜなら父にも母にも、ある時ふっと、
「つらかっただろうね。」
と、ふと言えたから。

「お父さんも大変だったね。」
「お母さん、つらかったのに耐えてきたんだね、強いね。」

それから彼らの態度が本当に一変しました。
素直に、笑いながら自分の思ったことを話せる家族になれました。

(まだそりゃ少しは喧嘩もしますけど、たはは。)

でもー、
親にそう言えた私って、めちゃくちゃ良い娘だと思いませんか。(え)
いやあ、良い娘だと思うなあ。(こらこら)
大事にしなさいよぉ、こんな良い娘。(調子にのる人)

って、きっと誰もが本当によく頑張ってるんだと思います。
親だろうが、子だろうが。
至らないなんて、ない。
十分すぎるくらいやってる。
なのに、まだこんな自分じゃダメだって駄目出ししてる。

もういいじゃないですか。十分です。
いつも、本当によくやっているんだから、許してあげてくださいな・・。

と真剣に思います。


こんな重苦しい記事、ここまで読んでくださってありがとうございます。

次は軽やかで楽しい記事にしたいです。(え)
だって今日は大阪に行ってきたんですー。
車でー。ドライブ大好きー♡(このテンションの違いよ)
そう、参加させて頂いている
おきあがり小法師展覧会を見てきました!
それ、また明日書けたら書きます。(そっちが先やろ・・)


------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♡
下バナー押していただけると励みになります♪
JOYを循環させるイメージで♪




  1. 2017/02/22(水) 21:39:09|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

基本的なことを

2017年2月17日


先週はわたしも娘たちも次々体調崩して、
微熱、咳、鼻水、悪寒、メバチコなどなど
まあいろいろ三者三様に症状が出ちゃったんですが、

風邪ひいて体内の大掃除してくれたんだなー、
と元気な時には思えるんですが、
自分も弱ってる時って、単純なもので、
どうも あたふたしてしまいました。たはは。

娘たちも就寝時だけ冷えとりしているので、
時々そういう毒出し的な症状が出たって、なんの不思議もないのに。

それに、
一番大事なことを忘れてしまっていました。

体の外に症状が出せるっていうのは、
元気だから出せる、
体に治癒力があるから出せる、ってことなんですよねえ・・。

元気じゃなかったら、出したいものも出せないんですもの。

出せる力が付いたから、出た。
バッと症状を出し切ったら、しばらくおさまる。
体もまた力を付け始める。
また出せる力が付いたから、出す。

その繰り返しなんだってことを、わたしは忘れていました。
基本的なことなのに。
もう忘れないぞぉ。(ほんとかー?笑)

ということは、
ちょこちょこ症状出せる娘たちは「元気」なんだ、と。

禅問答のような感じですが、ふっとそう思いました。

実際、回復してケロっとして元気になってますし、

ただですねー、やっぱり思ったんです。
信頼できる専門家の方、近くにいないかなーって。

病院はあらゆるところにかかりました。
長女は特に小学生の頃から、いくつも変えて。
検査も何回かしました。
でも、原因が一切わからない。
「痛みを止めるために、とにかく一旦、薬を飲め。」
とわたしの親なんかは言いますよ。
でも薬を飲んだら、副作用なのかなー、
また腹痛を起こすんですよ。
それわかってるから、極力飲みたくない、となる。
予防接種も、めまいを起こしたり、低体温になったりね。
薬という異物を体に入れることを嫌う体質なのかな、この子は、
と思ってしまうわけで。
手立てがないんですね。

でも、普段は元気なんです。笑

あ、でもあと思い当たるのはお菓子の食べ過ぎか・・笑。
漂白剤を使った白砂糖の弊害なんかは、
最近ちょこちょこ、やっと世に出始めましたね。

(これはほんと年頃だからついつい食べてしまってるからなー、
 少しずつ減らすか、質を変えてあげよう・・うん。)


こんな風に、
西洋医学的に原因が見当たらない、となるとですよ、
局部的な視点で原因がわからない、ということでしょうから、
全体的な視点でみれる東洋医学の専門家さんに診てもらいたいなーと思うわけです。

局部的に治しても、意味ないですからね・・。
土台、根本、
そこをね、
今までの生き方が間違えてるよって教えてくれようとして症状が出るわけで、
そこを見直しなさいよーっていう体のサインなわけですから。

(やっぱりお菓子だな。量だな、量。笑)


冷えとり的な考えでいうと、
長女の症状なんかも、
それこそ「毒出し期間なんですねー。」で済むんですけど、
やっぱりどこかで「確信が欲しい。」と思ってる自分がいて、

自分の考えだけじゃなくて、
やっぱり良い専門家の方いないかなー。近くにいるといいなー。

って、先週なんかは本当に強く強く思いましてね。(念じたと言ってもいい。)

すると、今週、ある方から情報を教えていただくことができました。

問いかけたら、ヒントや情報がササッと!(心の中ですごいーって思った。)
教えてもらえて本当に感謝!
早速、予約。
相性が合うといいな。

IMG_9239.jpg

今年はもう咲かないのかな、と思ってたクリスマスローズが、
今朝見たら、蕾んでました!
わー、咲いてくれるんだーー♡
嬉しい♡♡♡



---------------------------------

---展覧会のお知らせ-----

(前記事その1)
(前記事その2)

2/19日(日)〜3/8日(水)まで

大阪・阿倍野区 昭和町駅すぐにある
アトリエとギャラリーMoiさんにて、

「おきあがり小法師展覧会」
〜こぼしの知らないこぼしたち〜

福島県の民芸品である起き上がり小法師に、
参加作家さんたちが、
それぞれ思い思いに色付けして展示販売します。
わたしは童話をモチーフに、
アベック小法師として出展します。
ぜひ見にいらしてください。

IMG_9164.jpg


------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♡
下バナー押していただけると励みになります♪
JOYを循環させるイメージで♪


  1. 2017/02/17(金) 15:07:52|
  2. 冷えとり
  3. | コメント:0

おきあがり小法師展覧会

2017年2月12日


n-17okiagarikobosi.jpg

---展覧会のお知らせ-----

(前記事その1)
(前記事その2)

2/19日(日)〜3/8日(水)まで

大阪・阿倍野区 昭和町駅すぐにある
アトリエとギャラリーMoiさんにて、

「おきあがり小法師展覧会」
〜こぼしの知らないこぼしたち〜

福島県の民芸品である起き上がり小法師に、
参加作家さんたちが、
それぞれ思い思いに色付けして展示販売します。

こんな感じの作っています。

IMG_9164.jpg

1点1点、たぶんこれらは売り切れ御免になるのかなあ。
販売済みで展覧会中も展示されるってことはないと思いますが、
またはっきりしたらお知らせします。


3cmほどの小さい起き上がり小法師に、
絵筆で描く作業、
楽しくやれたけど、
これを職業にされてる絵付け師さんって本当にすごいなあ・・
と思いました。


あと、ちょっと話が変わりますが、
今朝日記を書いたあとで、
まだまだ自分も頑ななところがあるなあ・・、
自分が気づかないうちに持っている「must」があるんだなあ、
って気付いたり。
もちろん持っててもいいんだろうけど、
特に仕事に対しての自分の内面の見直し・・

そういえば、昨年頭くらいにある方にいただいたアドバイスでも、
思い当たるところがあって。
フッと思い出した・・。
だいぶ、頑なに握ってた部分なんだろうなあ。
握ってたものをフッと緩めるいい機会かもしれませんなあ・・
と遠い目になりながら、
ちょっとお昼寝します。(え)

起き上がり小法師たち、
明日までしっかり乾燥させて発送納品です♪


------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♡
下バナー押していただけると励みになります♪
JOYを循環させるイメージで♪


  1. 2017/02/12(日) 16:45:14|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

からだと心

2017年2月12日


一個前の記事、
自分で読み返してみて、
「体調悪い=弱気になってるなあ。」
と、
苦笑いしてしまいました。

体調不良って、途端に気持ちやられるもんだなあ、
と改めて実感したといいますか。
(家族も続けて体調を崩したもんで、それもあったかもですが。)

自分も家族も体調が戻ってきたら、不思議と気持ちも軽やかなんだもの。

「もうダメ、泣きそう。」なんて思ってたのが、
体調復活した途端、
「あれもこれもチャッチャとやろかー。」になってんだもの。

ほんと単純。(笑)


健康でなくちゃいけない、
という、
「・・ねば」「・・べき」「must」的に考えるとしんどいから、
できれば、
毎日、優しく自分のからだの声も聞いてあげたいなあ、と思いました。

------------------------------------------

再び私信、失礼します。
Tさん、お返事ありがとうございます。
はい、またいつでも遊びにいらしてくださいー^^♪


------------------------------------------

以下、
上のこととはまったく関係ないことで、
今朝、私個人で思ったことを箇条書きに。
なんとなくフッとくるメッセージでもありませんし、
いつも以上に、
聞き流してくださっていいですー。

(関西弁で失礼します。)

-------------------------------------------

◯精神世界はあるのはあるけど、
 大事なのは現実社会を生きることとちゃうんか。

◯スピリチュアルだけに逃げたら、まったく意味ないねん。

◯信じながらも、感じながらも、
 現実はちゃんとしっかり生きろ。

◯あの人のために生きるとか、
 アルジのために生きるとか、なんやねん・・。
 自分のためにも生きれんのか。

◯精神世界信じることで誰かに迷惑かけてしまうのはあかん・・。
 それって自分が信じてる精神世界への冒涜やで。

◯とにかく生活するのに必要な力をつけることが先ちゃうんか。

 
-------------------------------------------

口悪くてすみません・・。たはは。

精神世界を信じるなら、
それを現実生活に落とし込め。と。

自分にも改めて言っています。


お詫びと言ってはなんですが(遅いよ)

---展覧会のお知らせ-----

(前記事その1)
(前記事その2)

2/19日(日)〜3/8日(水)まで

大阪・阿倍野区 昭和町駅すぐにある
アトリエとギャラリーMoiさんにて、

「おきあがり小法師展覧会」
〜こぼしの知らないこぼしたち〜

福島県の民芸品である起き上がり小法師に、
参加作家さんたちが、
それぞれ思い思いに色付けして展示販売します。

IMG_9194.jpg
(出品作品、一部)

その名も「七転び八起きカップルアベック」

現実社会の荒波も
二人でなら
いつだって乗り越えてみせるのさ、アベック小法師。


です。(え)

もうすぐ納品。
娘たちをお嫁に出す母親の気分ー。


------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♡
下バナー押していただけると励みになります♪
JOYを循環させるイメージで♪


  1. 2017/02/12(日) 09:45:17|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

まだ遠慮がちだった

2017年2月9日


昨日、和歌山市内に出向きまして、
帰り、高速走ってたら、

IMG_9131.jpg

一筋の白い龍のような雲の上に、小さく虹ができていました。

これ、「彩雲」って言うそうで、
昔から良いことがある前兆だという言い伝えがあるそうです。

嬉しくて、思わず車を脇に止めてパチリ。

実は、しばらくずっと調子が悪くて、
自分のことはほったらかしで、娘たちの病院通いや、
複数重なってる仕事で手一杯で、
調子が悪くなる一方だったんです。

休めばいいんですが、休めないスケジュール。

尚且つ、
なんでしょうか・・、
こちらの状況御構い無しに、
自分の要求やお願いをしてくる方々が立て続き、
私も断れるものはやんわり断るものの、
相手の状況を考えたら断れなくて、
引き受けちゃうものもあって、
(長女気質が抜けきれないのか)
でも相手は、それを当然のように思ってて・・、

最近はだいぶ、自分でも断り上手になれたかなーと思ってたけど、
無意識に、まだ無理してやり続けてきたんだろうなあ、

と自覚してしまいまして、

ホロリ・・・と崩れそうになりました。正直言うと。

すみません、たまにこんなボヤキお許しください。


そんなホロリと崩れそうになってた時に、
白い龍と彩雲が現れたもんで。

なんだか嘘でも、励ましてもらってるようで、
弱った体と心にはホロリホロリでした。


相手の要求を飲むことばかりやってきた自分は、
自分が要求することには遠慮がちになって、
お願い事なんかは本当に気が引けて、苦手で、

(幼少期の影響大です。
 親にもお願い事ができないタイプはずっと引きずりますね。
 自分もココを解きほぐすのにしばらく重点的に時間をかけました。)


例えば、
神様にお願いことをする・・ような、
気楽な遊びのようなものでも、

多くを望まない、
このくらいだったら望んでもバチが当たらないかなあ、なんて、
誰からも言われてないのに、
自分で変な さじ加減をする。

確かに、叶う比率は高かった。です。
仕事なんて特に。
こんな仕事したいなーって思ったら、割と早くに実現したりして・・。
ある意味、
感覚のチャンネルを嘘なく本音で合わせてたから、
そこは叶ってきてたんだろうなって思います。

でも、もっと望んでもいいじゃない、とフッと思って。
別に具体的に誰かに迷惑かけてるわけじゃないしさーって思っちゃって。

なんだ、自分。
なんで自分で低く見積もってんだ、
って、
プチンと糸が切れましてねー。(えっ)


めちゃやってるやん、ワシ。(隊長が出てきた!)

割と他の人が困らないようにって自分がやりすぎるくらいやってるやん。

それを考えたら、見積もりが低すぎる。アホか、ワシ。(お金の話ばかりじゃないですよ。)

ワシ、もっと受け取ってええやん。(た、隊長・・)

よし、こうなったら、
わがままだと言われるほどのお願いことをしてやろうじゃねえか。(え)


と、ついね、思った次第なんですよ。

神様にするお願い事ですもの、誰にも迷惑かけません。ふはははは。

それはそれは盛大に、
めちゃくちゃ盛大なお願い事をしてやったぞ、ふははははは。(←怖いよー)

あつかましい、と言われようが、そんなものは知らん。

それに、叶う叶わないもどっちでもかまわん、そんなもん。
期待などハナからしておらん、
叶えばラッキー、叶わなくてもハッピー、そんなもんじゃ。(え)

あつかましいくらいで、ちょうどいいじゃないか。


と、
今の私なら言えそうです。ぷぷぷ。(ヤケクソじゃないか)


そう、もうね、
自分から「受け取り拒否」しなくていいと思ったんです。

自分から、低く見積もって、
自分が受け取れるのはこの程度で十分だ、なんて低く見積もって、
遠慮して、さ。

その遠慮、誰も喜ばないから。


ということで、
私も遠慮せず、お願い事どんどんしてこうと思います。
神様以外にも。ねー。


先日からの、
「自分が我慢すれば大切な人が・・・」の流れが、
こういう大きな気づきを自分にくれましたです。

流れって、やっぱりすごいですね。
何一つ、無駄なことないし、
大きな視点で見ると、すべてがうまく回ってる。



------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます。
下バナー押していただけると励みになります♪





  1. 2017/02/09(木) 22:07:14|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

我慢のこと

2017年2月7日


「自分が我慢すれば大切な人たちが幸せになれる。」

と、
そんな風におっしゃられる方、
ハイヤーセルフリーディングをご依頼下さる中でも、
時々いらっしゃいます。

本当に優しい方なんだろうなあ・、と思います。

その上で、
「自分の幸せを最優先に考えてもいいんですよ。」とお伝えしても、

割と頑なに、
自分が幸せになることを受け入れちゃいけないんだ、と言う方もいらっしゃいます。

ここでいう「幸せ」って、
どういう生活をしているか、なんていう外側の要因のことじゃなくて、

「いい気分になっていい。」
という心の感じ方の方、
内側のテイストだと思って下されば・・なんですが。


でも、その「いい気分になっていい。」ですら、

自分がそれを感じることすら、
罪悪感を持っているような方がいらっしゃって・・。

(この話は解析していったら、うっとおしいくらい長くなるので割愛します・・)

GIFTって受け取ってもらわないと、
贈ろうとした側が、困るんですよねえ・・。

幸せに感じてくれた方が、
受け取ってくれた方が嬉しいのになあ・・って宇宙さんは思ってるかも。

自分が我慢したら、大切な人が幸せになれる。
も・・、

いろんなケースがあるので一概に言い切れないですけど・・、


大切な人が、幸せかどうかは、
その本人が感じることで、
その本人が決めることなんじゃないのかなあ・・

と私なんかは思いますです、はい・・。


-----------------------------------------

我慢を我慢と思わないくらい、
周りが笑ってくれるなら、幸せを感じてくれてるなら、
自分の、このくらいの我慢は我慢じゃないなー、

そのくらいに思えてたら、

全然、その生き方も有りだと、と思います。

自分の選択に、
自分が後悔しないと言い切れるなら、
何を選んでも良いんですもんね。


-----------------------------------------


梅の花がどんどん咲いていってます。
地元の梅林も開幕。
梅畑の脇を歩くと、ほのかに あまーい梅の香りがしますー。

IMG_9115.jpg


------------------------------------------------------

いつも読んでくださってありがとうございます♪




  1. 2017/02/07(火) 13:23:56|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0
次のページ