佳矢乃のキノミキノママ日記

各種お知らせ

(しばらくTOP記事にします。
 ブログ記事は次・または下からが最新のものになります。)


160605.jpg


ホームページでは、
オリジナル、仕事、インフォメーション‥などカテゴリ別に情報を分けてご覧いただけます。

Tumblrでは、
直近に公開されたお仕事や、その他の作品などもこちらに順次アップしております。

また
Facebook
Twitter
Imstagram
ブクログ

にも、
お仕事告知、日々のつぶやき、スケッチなどなどをアップしております。
どうぞ、ご覧になってみてください。


イラストレーターの仕事と並行しながら、
ひっそり名前を伏せてやってきたハイヤーセルフリーディング活動のことも、
今後ブログにも書いていこうと思います。

プロフィール

ハイヤーセルフリーディングってなんぞや?

または、関連記事をどうぞ。

絵本「生まれる日」のこと



  1. 2016/11/05(土) 10:58:54|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

独り言

2016年8月23日


やっぱり、
誰かが、
心からめっちゃ楽しそうに笑ってたり、
大爆笑してたりするのを、
見てるだけで、嬉しいし、好きだ。

とふっと、独り言。


でもそう笑えない時があっても、全然いいですし。
無理して笑わなくていいですし。

  1. 2016/08/23(火) 16:43:00|
  2. 思うこと
  3. | コメント:0

気分 その2

2016年8月20日


めかぶがあった!
めがぶがあった!!
今日はスーパーに、
めかぶがたくさんあったよーーー!!

(クララが立った!のアクセントでお願いします。)


あー・・やっぱりおいしいなあ♡ 幸せ♡
よくある質問ですが、
この世が終わるとしたら最後に何を食べますか、と聞かれたら、
今なら、
「めかぶとしらすたっぷりの白いご飯です。」と即答するかも。


それはさておいて、
数日前に、
自ら望んで、自ら心の泥んこの中に飛び込んで、
ドロッドロ、デロッデロなものを自覚しましたが、
それが影響しているのか何なのか、
ずっと眠気もひどいし、息もしずらいです・・。
深呼吸しようとしても苦しい、なんて初めての経験でして。

この前の人間ドッグの検査では、どこも悪くなかったし、
ただこれは「膿出し」症状の一つなんだろうなあ、
そのうち、楽になるだろうなあと淡々と受け入れて、
観察は続けようと思っているんですが、

6bc5f2f0.jpg

b140613_013.jpg

一応、
「泥んこクイズ」に参加しようとなさっている方がいたら(違うっ)
こういう副作用もあるかもしれませんよってことを付記しておこうと・・。

時期も時期だったのかも。
前後に満月もあって、
浄化に最適だったのかもなあ。(と、ポジティブに受け止めてみる。)


「身体は、魂が入っている聖なる神殿。」
なんだそうです。

今までは、
身体が多少しんどくても、無理して頑張っちゃってたけど、
「魂が入ってる神殿」なんだと思ったら、
できるだけ大事にしたいなー、大事にしよう〜って思います。


  1. 2016/08/20(土) 18:53:38|
  2. 日常
  3. | コメント:0

気分

2016年8月19日


めかぶの美味しさにはまってしまい・・、
毎朝、白いご飯にめかぶ。
美味しい・・。

でも今日、スーパー行ったら、めかぶ売り切れてた・・。
こんなに寂しい気分になったのは久しぶりだった・・。

明日また行って探してこよ・・。

  1. 2016/08/19(金) 19:51:36|
  2. 日常
  3. | コメント:0

泥の中から宝物

2016年8月16日


一昨日の記事。

この記事アップしてから、
アメリカ横断ウルトラクイズの事ばかりが頭をよぎる(え?)
・・・大好きだったんですぅ、この番組。
中高生の時、夢中で見てて、大学生になったら絶対に参加するって思ってたのに、
番組なくなっちゃった。

ここで一句、
「いつまでも あると思うな その状況」



はい、そんなことはさておいて、

自分の心の中にある泥んこ。
見たくなかった心の闇。エゴ。痛み。などなど。
それを泥に例えて「泥に飛び込め。」という話・・。

わたくし、今朝、自分から飛び込みました。(え?)

「いけっ!」

6bc5f2f0.jpg

b140613_013.jpg

どーーーーん。


b140613_020-1000x288.jpg

はい、今、正にこんな状況です。(どんな状況)

そのせいなのかどうなのか、
さっきから動悸がしたり、息苦しさが続いてたりして、
これは中途半端だったかな、とか思ったり。(えー)

なかなか仕事をするには厳しい状況なんですが、
まあ、それはそれ、これはこれ、
一応、週末締め切りの仕事、がんばっております。(要らない報告)

いえね、だって人に偉そうに言うばかりじゃ、ねえ・・とも思いましたし、
あと、さらに自分の中にあるドロッドロでデロッデロの(表現よ)
泥の底を、全身汚れても奥底までを覗こうと、
「今思った」から、「今見に行った」

先月、最大とも思えた泥を、ある方の力を借りて見て被ったものの、
なんだかまだ何かがあるよなあ・・って感じがしてて、
うーん、なんていいましょうか、
しばらくやっていなかった前世を見に行く、というのをやってみました。
この方法が果たして有効かどうかはわかりませんけども。

(そうなんです。前世なんてもんに逃げてる場合もありますもん。
 本当に大事なのは、
 今の自分の心にあるエゴ、傲慢、強欲、自己卑下、人と比べることetc...そっち。
 そしてそれを持ってる自分っていう自覚。)



で、
痛みを伴う行為は、自分がやっても痛みの途中のどっかで加減してやめちゃうから、
どうだろう、どこまで見れるだろう、という疑いもありつつ・・だったんですが、

いや、それすら要らんな、
そんな疑いは要らんのだな、

自分の中でどういう設定をするか、だ、と思いまして。

つまり、今の自分は、
「どんなに壮絶な痛みだとしても見に行く覚悟がある。
 どんな自分でも受け入れる。」
と設定できるかどうか、だと。

ええ、設定しました。ふはははは。

で、静かに見に行ったわけです。

個人的なことですし具体的な表現は差し控えますが、
見たイメージ、感覚、それらを思い出して、

「ああ、なるほどなあ・・。だからかあ・・。」(前も聞いたよね、それ)

でした。

感情がかなりかなり揺さぶられるものでした。
自分の闇、罪悪感以上の感覚(本当は罪悪感を持つ必要がないけど、というケースです)
自分の女性性を隠したがってた理由、
だんだん女性性も受け入れてたけど、
ああ、なるほど、だから女性である自分を隠したかったんだな、と本気で納得できました。

諸々、今回も総括すると、

「多少、心に激痛が走ったけれども、見に行ってよかったごわす。」(誰)

でした。


うーん。
でもなあ、まだなんか物足りない気がする・・。(え?)
核心にはまだ触れていないような気がする・・。
やっぱり自分でやるっていうのは手加減が入るのか。
それとも、まだタイミング的に見せてもらえないのか・・。(そういうこともあるようですし)

わたしは手にしたいのだ!
泥の奥底にある宝物を!
嘘偽りのない、純粋な魂の輝き、光というものを!
だって、そこに、あるってわかってんだから!!


えーー? ですよね・・。
引きますよね。ええ、いいんです、いいんですよぉ。笑

焦らなくていいんですけど、それもわかってるんですけど・・、

でも、きっと勇気を振り絞って、
心の泥んこに潜っていったら、
「ありのままの魂の光」という最高の宝物にたどり着くと思って。

だから、

b150711_015.jpg

こーんな中途半端な飛び込み方や、

b150723_034-1.jpg

こーんな風に、顔は汚したくないの的な、かっこつけたままじゃ、
見れないんだろうなあ・・。


b140613_020-1000x288.jpg

やるなら、これくらい思いっきりいけっ!!と。

かっこつけてんな、こらっ!!と。(誰に言ったんだ)


うーん。
まあまあでも、自分で言うのもなんだけど、
割とドロッドロでデロッデロなものでしたよぉ、今回のもぉ・・・(涙目)
徐々に時間かけて、さっぱりする気もする、うん。(独り言お許しください。)

  1. 2016/08/16(火) 16:29:57|
  2. 思うことpresent
  3. | コメント:0

クウガ論文を再開する前に一言

2016年8月15日


(↑タイトルはデジャブ?何回も言うてるよね。笑)


昨日見つけたある方のツイート。

あるお寺さんからいただいたカレンダーの今月の言葉。
「最も恐ろしい武器は
 握りしめた『正義』かもしれない。」

リツイートしたのですが、
それを今朝、ある方がまたリツイートしてくれました。

クウガに大きく関わってらっしゃった方です。
そういう気持ちを大事にされている方なんだな・・と改めて。

クウガは、そういう仮面ライダーだから、私は好きなんだなあ、と改めて。

「正義」という言葉は危ういですね・・。
使う側の心根が本当に問われるといいますか。
一番怖いのは「正義」を理由に、
自分のやっていることが見えなくなることなんじゃないのかな、とも感じます。
クウガは、最後の最後まで、
心を失うかもしれない恐れがあるのに、
そんな自分にも向き合っていった人で・・。(熱くなってきたよ。誰か止めてください)

そう思う、今日という日。


昨日、ある動画が公開されて2時間ほど見ていました。
日本の歴史、戦争に関わること、
それ以前の新大陸発見時に行われてきた真実、
歴史では決して語られなかった、闇に葬られてきた
「新大陸発見」という大義名分で行われてきた悲劇から、
日本の戦争という一連の流れの動画です。

日本人はそもそも心根を大事にしてきた人々だったんだよね、ってことが、
もっと多くの人に伝わるのかな、という希望もありつつ、

でも、最後ちょっとだけ、
それはそれ、これはこれ、と分けないと、
向かう方向は逆のようだけど、同じことになりかねないよ、と思えるような、
必要以上に感情とそことを結び付けようとする一種の煽りには少しだけ辟易・・。
本音すみません。

感情は大事、心も大事、
だけど、それは自分の中で味わいきるもので、
誰かに対して不用意にぶつけるものでもないし、
それを理由にしたり、大義名分にしたりして、
誰かを責める武器にするのはやっぱり違うなあ、と私は思ってて。

本当に、地球という星は、いろんな人がいて、
どれだけ心で訴えても、まったく心に入っていかない人もいて、
それはもう仕方のないことなんですけど、

いくら「自分には心がある」と思っていても、
いつ、何時、なにがきっかけで「心を失うこと」になるかもしれない。
そんな危うさがある、ってことをずっと想い続けたい。
それを忘れたら、
きっと盲目に「正義」に走る人もいる。

「正義」を道具にしないように。


IMG_7865.jpg

こうもり怪人ゴウマも、愛すべき怪人だったんですよねえ・・。


IMG_7864.jpg

(紫のタイタンフォームが小5次女がかなりお気に入りらしい。かっこいいんだって。
 ちなみに私は、どれも全部好き。←わかったって。)

クウガ、待ってて。
もうちょっとで論文にとりかかれそうなの。もう少し待ってて。(何回やってんの)

  1. 2016/08/15(月) 10:50:56|
  2. クウガ
  3. | コメント:0

こんな風に始まってしまうのか・・

2016年8月14日


いくら最近カミングアウトしたからって、
ここまでのことは書くのどうかなあ・・と言うためらいが、まだあります。
偉そうに聞こえるよなあ・・
あんたに言われたくないわ、ってなるよなあ・・
いろんな私の心の葛藤がありつつ・・

やらされてる感も実はない・・・。

わからない、わからないんですが、
なんでか仕事の手を止めてまで、
文章が上がってきたので、書くだけ、書きまして・・
(ハイヤーセルフリーディング時と同じ感じです。)

かなり過激ですし、
読んでくださる方がいるかどうかもわかりませんし、
誰にヒットするんだろうか、
それすらわからなーーーい。けど書いた。(わかったってば)

全く自分に関係ないな、って感じたらどうぞスルーなさって下さいね。平謝り。

-------------------------------

自分の中の泥を、見たくないって思うの普通ですよね・・。
でもね、見ないと進めないんですよね。
で、
見る勇気を持てた。
見るぞ、見てやるぞ、見てやったぞ!
で、
苦しいぞ!
こんな自分受け入れたくないぞ!
って必死に抵抗したくなるけど、

そこも、
「まあ、あるよねえ。あっても仕方ないよねえ。そういうとこ、あるよねえ。」

って自分が認めたら、認めることができたら、
こんなに楽なことはなかったりする。

自分の中の泥を見て、泥まみれになっても、
泥まみれの自分ですら、自分が認めてあげること。
ほんとにかなりのオススメだったりします。
嘘みたいに、めちゃくちゃ楽になれますから。

なぜなら、
エゴが、抵抗しなくなるんです。
エゴを認めてあげたら、エゴが安心しておとなしくなるんです。
だから、エゴすら自分の味方になってくれるんです。

なのにですよ、
自分と向き合うことから逃げて、
泥の自分なんていない、と、
必死に抵抗なさっている男性なんかはですよ、
だいたい
「自分からは絶対に謝らない」とか、
「自分の弱みを見せたくないから、必要以上に威張る」とか、
「女性を蔑む」とかとか、
まあ、わかりやすかったりしましてね・・。
そういう態度をとることで「自分は上だ。」と示したい。

いやいやいや・・・逆効果ですよぉ。
自分から自分の価値下げてる行為なんですよぉ、それは。
周りは全部わかってますよ。
でも、はっきり誰かにそう指摘されても、きっと怒るだけなんだろうなあ。
自分と向き合えてないから。
こうなったらもう、自分で気づく以外、方法ないから、
周りは放っておくしかないんですよねえ。放置プレイです。(こら)
あなた、放置されてるんですよ〜。(こらこら)

上に書いたこと、いつかのうちの父親のまるまるの姿みたいだけど、
今の父親は本当に変わりました。
かなり柔和になりました。
少しずつ、自分で、
どんな自分ですら受け入れ始めているように、娘には見えます。
年齢なんて関係ありません、ってことを娘に見せてくれています。(これもまた後日)


あと、自分から逃げている男性はですよ、
例えば別れ話になった時とか、喧嘩した時とか、
女性に対して
「幸せにしてあげられなくて、ごめんね。」とか言ったりもする。

いやいやいや・・、
あのね、あなたね、
その女性の幸福不幸をあなたが握ってる、と思ってるんですか?
あなたの行動如何で、女性のすべての幸せが左右できると思ってるのか、と、
小一時間、体育館の裏で問いただしたい。(え?)

女性が精神的に自立していて、
自分の幸せは自分が創るもの、という根本的なことをちゃんとわかってる人だったら、
別に誰かに幸せにしてもらおうなんて最初から思ってないから、
そう、自分でも一人でちゃんと人生愉しめるから、
彼氏や旦那さんがいたとしても、
別にその人に全体重かけて寄っかかってなくて(精神的にですよ)

ただ一緒に楽しもうね〜♡って気楽に思えてると思うんですよ。

だから、

「君のことを幸せにしてあげられなくて、ごめんね。」
なんて言われようもんなら、

「はあ?!」

ってなる。(毒・毒)

「(心の声:なに、一人で酔うてるねん。)」って、サーーーッと冷める。

わーいわーい。


もしこれで女性側も本気で落ちるとこまで落ちて、
「あなたに幸せにしてもらいたかったのに!!」って恨みつらみを言ったり、
「それでもいいの、あなただけだから!」って執着したり、
悲劇のヒロインぶったりしたら、

その女性も、自分と向き合えてないから、
思いっきり泥の中にダイビングすればいいのだ。
かつてのアメリカ横断ウルトラクイズみたいに。(年バレる)

6bc5f2f0.jpg

b140613_013.jpg


さっぱりするぞ。(言い方)


独り身の私が偉そうに言うのもおかしいですが、
どうぞ、逃げてる自覚のある男性の皆様、
ご自分と素直に向かい合うことに、どうか勇気を奮ってみてください。
ご自分の情けない部分にも逃げずに向き合うことに、
そこに男気を、
あなたの男性らしさを、そこに発揮なさってみてください。
あなたのそばにいる女性は、そんな「やわ」じゃありませんです。
あなたの「向き合えない」「やわ」な部分も理解しつつ、
それでも一緒にいてくれようとしている女性をどうかお大事に♡

別に家族に限らず、
周りの女性を大事にできる男性は、
本当に本来の力を発揮できるようになりますからね♡
見てて、本当にそう思いますもん♡


なんだ、ここまで書いておいて、誰に向けてのものかさっぱりわからん・・
スルスルっと書いてしまって、載せていいのか、いいか、もう。笑
こんな風に突然ワケわかめ的な文章を書くことになるかもしれん予感がします・・。
誰かが、本当の自分に戻れる少しでもきっかけになればいいな・・。

(こわいよ、こんなの載せるの、ほんとはこわいよっ!わーん、ごめんなさいーー!)


----<追記>-------

泥に飛び込む時って(自分と向き合う時ね♡)

なんか知らんけど、身を守ろうとして中途半端に飛び込んだってダメですよ。

b150711_015.jpg

こーんな可愛子ぶったって、

b150723_034-1.jpg

こーんな風に「顔は汚れてない、セーフ」とか思ったって、
そんなの、
飛び込んだことにならないから、同じことの繰り返しになって、もったいないですよ、うしし。

飛び込むなら、

b140613_020-1000x288.jpg

こんなになるまで、やれっ!!!


・・・・ですって・・。

  1. 2016/08/14(日) 13:16:10|
  2. 思うことpresent
  3. | コメント:0

みんな横並び

2016年8月12日



「あなた、まだその辺りでうろついてるの?」

咄嗟にそう言われて、返す言葉もなく黙り込んでしまいました。

「うん、本当そう。
 まだ、うろついてる。」

本当にそう思って、
そうだよなあ・・、いつまでも懲りずにうろついてるなあ・・自分。
という気持ち。

でも、その一方で、
なぜ、見下されるような発言を聞いたのかなあ、という気持ち。

「自分は感覚でもうわかってる。
 あなたは、まだわかってないの?」

という、この対比・・。

その言葉を私に投げかけた方も、
素直に感じたまま発言されたのがわかるから、
一瞬、不愉快にはなったけど、
その方自体をそれだけで嫌いにはなれないし、なるつもりもない・・。

でも、今これにモヤっとするということは、
私も、誰かにそういう態度で接しているのかなあ、
それを現実として映し出されたのかな。
だとしたら、
それってかなり恥ずかしいなあ、という気持ち。
ごめんなさい。(こんなところで謝っても・・)

わかってる、わかってない、
そこに優劣はあるのかないのか、
自分の中にある、その心の膿を整理するための出来事だったのかもしれないなあ。
と、一晩モヤモヤモヤモヤっとする感覚をかなりじっくり味わい切って、

朝になり、笑。

忘れないために書いておこうと思いました。


なにをしていても、どんな事柄でもそうですけど・・、
上、下、なんてなくて、
仮にそう見えるなら、その本人がそう「見なしているだけ」なのかな、と。
男性・女性、どちらが偉いなんてないのと同じように。

偉そうにしている人に、やっぱりあまり魅力は感じませんもんね。(毒、毒。笑)

宇宙から見たら、存在するもの全てが横並びで、
その人その人の学びのコースの違いがあるだけで。
誰かに誰かが従属するような、今までの関係性よりも、
誰かが誰かのお尻を優しくペチペチっとはたいて
「ほれ、こっちよこっち」と導くことはあっても(表現よ)
だからといってそのお尻はたく人の方が偉いとかじゃ全くなくて、
あくまでも一緒に「やってこうよ。」的な、
そういう感覚・・・
が、私はやっぱり好きだなあ・・。


霊感があることと、霊性が目覚めてることも、全く違いますしねえ・・。

魂の世界でいうと霊感があること(見える聞こえる)は、
決して喜ばしいことでもないみたいですし・・。
霊感があろうがなかろうが、
霊性が目覚めてようが、目覚めてなかろうが、そんなこと全く意識してなかろうが、
現実の今のこの生活を、味わいながら生きてれば、
それだけでオールオッケーじゃないか。
よかろうもん、よかろうもん、じゃないか。(なぜ華丸さんが出てきた)

仮に、
霊性が目覚めていたとしても、
(霊性が高い、低い、っていうこの手の表現、
 高い=良い、低い=悪い、ってどうしてもジャッジしがちだから、
 本当は好きじゃないのですが、
 その表現しか思い浮かばないから、あえて書くことお許しください。)


今まで私が出会ってきた、霊性が高いと見受けられる方の多くは、
そういう方こそ謙虚で、周りに対して、
一律、同じ立ち位置で、同じ目線でいることを常に意識してはって、
その上で、自分が学んできたことを快くシェアしようとしてくださる方で・・

そういう「在り方」の方が、私はやっぱり好きだ、うん。

実際、そういう心がけ以前に、
本当に誰もが光で、誰もが同じ横並びで、
それぞれのコースを進んでいるだけ、なんですしねえ・・。

よかろうもん、よかろうもん、ですねえ。(意味不)




  1. 2016/08/12(金) 09:59:22|
  2. 思うことpresent
  3. | コメント:0
次のページ